LINEのチャット機能を使い、国内旅行の相談と宿泊施設の予約ができるサービス『ズボラ旅 by こころから』を提供する、第3種旅行業者のHotspring代表取締役CEOの有川鴻哉氏は、4年で『ズボラ旅』を日本トップクラスの旅行サービスへ目指していくと発表しました。

現在『ズボラ旅 by こころから』で旅行者の相談が1日あたり平均100名超となっているとのことです。

▼『ズボラ旅 by こころから』とは
気軽にLINEで旅行の相談から予約まで 新サービス『ズボラ旅 by こころから』

 

Hotspring代表取締役CEOの有川鴻哉氏の経歴

有川氏は2013年、大学在学中にwebデザイナーとして知人と株式会社ペロリを立ち上げ、女性向けキュレーションメディア「MERY」を開始。

17年4月に同社を退社し、5月にHotspringを設立した。

MERYは16年12月に画像の無断流用などの指摘を受け、ペロリを14年に買収していたディー・エヌ・エー(DeNA)がサービスを停止。

17年8月にDeNAが小学館と合弁会社として立ち上げた新会社が11月からサービスを再開しました。

有川氏はこうした経緯を受け、ズボラ旅を立ち上げる際には弁護士と協議を進め、法令遵守に改めて気を配ったといいます。

Hotspringは昨年11月、ベンチャーキャピタルや個人投資家を引受先とした第三者割当増資を実施し、5000万円超の資金調達を実施。

『ズボラ旅』は昨年末からテストサービスを開始しており、当初はLINEに加えてFacebookのMessenger機能も使っていたが、やがて利用者が圧倒的に多かったというLINEに窓口を一本化しました。

そして、今年の5月に同サービスを正式に開始し、日本旅行業協会(JATA)の正会員に入会しております。

現在は国内旅行の相談を無料で受け付け、受注型企画旅行としてOTAなどとの提携により宿泊施設の予約・手配を実施しており、決済はクレジットカードで対応し、旅行者には宿泊料金に加えて同社の利用手数料を請求しています。

有川氏は旅行業参入の理由として、「旅行が好きで、旅行に関わるビジネスをしたかった」と説明。

旅行会社の店舗を見学した際、若者を始めとしたインターネットの利用者々が旅先の相談のために訪れているケースが想定以上に多かったことに触れ、「仕事帰りや休みの日にわざわざ店舗を訪問している人を見ると、オンラインの窓口にもニーズがあるのではと考えた」といいます。

 

「言葉にならない旅のニーズ」をLINEの相談で旅行化

有川氏は加えて、海外OTAの伸長、旅行者のモバイル化の推進などで旅行業界の環境が変化するなか、「サービスに追いついていない旅行会社も多く、我々は素早く時代にあった形でサービスを提供できると感じた」ことも、サービスを開始した要因の1つとして挙げました。

また、OTA(※)は旅行の目的地から宿泊施設などを検索するケースが多く、漠然とした旅行のニーズに対応しにくいことを指摘。

※OTA(Online Travel Agent):インターネット上だけで取引を行う旅行会社

「言葉にならない旅行のニーズを旅行という形にするため、(気軽に相談できる)LINEを利用した」といいます。

『ズボラ旅』は正式にサービスを開始して約5時間で、数千件と想定外の規模の相談があったことからサービスが一時滞りました。

有川氏によれば面白半分の相談が多かったためで、1日に100名にサービスを限定したところ成約率は高まり、「ビジネスとして成立する件数になってきた」といいます。

旅行相談の傾向としては、1ヶ月半から2ヶ月先の旅行がほとんどでした。

1人旅のケースが多いが、家族旅行や小規模の社員旅行の相談などもあるといいます。

 

お支払いは後払い対応も可能

旅行代金の後払いについては、バンク社が先ごろ発表した旅行アプリ『TRAVEL Now』で開始しており、『ズボラ旅』も追随した格好になります。

旅行代金は後払い 旅行代理店アプリ『TRAVEL Now(トラベルナウ)』 審査・手続き不要

『ズボラ旅』では、後払い対象を10万円までの旅行に限定し、旅行申込みの翌月末までの支払いとすることができます。

後払いは、フィンテック企業・ガルディア社との提携で実現しました。

後払いの希望者にはガルディア社が支払い用のはがきを送付する。

受け取った人は、記載方法に従ってコンビニで支払いを行ないます。

 

『ズボラ旅』今後の展開

現在は対応人数については限定しておらず、約10名のスタッフが相談を受け付けています。

スタッフは、利用者のニーズを聞き出す担当と、実際に旅行を提案する、旅行業務取扱管理者の資格を有するスタッフに大別しています。

テスト版で収集した利用者のデータなどを活用し、提案する旅行先を選定するとともに、順次情報をアップデートしていく予定です。

現在は旅行先のおすすめの観光スポットなども案内しており、有川氏は今後は資金調達をおこなうとともに、「将来的には、アクティビティや航空券などの交通機関も他社と提携して提供していきたい」との考えを述べました。

上場については「旅行業界は市場が大きいので、上場をしないとスタート地点に立てないと感じている」といいます。

「今は『ズボラ旅』という名称から話題性があり、『面白ニュース』のような扱いのところもあるが、認知度を高めて、旅行サービスのなかで皆が知っているサービスになりたい」と意欲を示しました。

1年以内には海外旅行の相談と宿泊施設の予約の開始をめざすとともに、将来的にはアクティビティや航空券などの予約に対応し、株式上場を目指します。

 

ズボラ旅 by こころから」 公式ページ

 

▼こちらもチェック

『タウンライフ旅さがし』海外旅行プラン・旅行会社を無料で一括見積もり 複数の旅行プランで比較検討

格安航空券検索比較サイトのスカイスキャナーがLINEチャットを利用した航空券検索と航空券を最も安く予約できる時期を検索できる『ベスト・タイム・トゥ・ブック』を発表

海外旅行を予約する時の3つの手配方法

海外旅行のホテル選び・予約で失敗しない必ずおさえておきたい8つのポイント

2017年 人気宿泊施設 サービス最優秀旅館は「あえの風」サービス最優秀ホテルは「帝国ホテル東京」

旅行アプリおすすめ人気ランキング スマホで旅をより快適に

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク