夏本番の花火シーズンが到来しました。

江戸時代から続く「両国の川開き」を起源とする国内最古の花火大会。

1733年、飢餓や疫病で亡くなった人々の慰霊を目的とした「水神祭」にて花火を打ち上げたことから始まり、1978年より名称を「隅田川花火大会」に改めたといいます。

今年で第41回目となる「隅田川花火大会」をご紹介します。

注目プログラムや特別出演、ゆったり眺められる有料席や穴場スポット情報も要チェックです。

 

隅田川花火大会

7月28日(土) 19:00~20:30

風情緒溢れる下町の夜空を彩る日本最古の花火大会

打ち上げ会場は隅田公園近くの第一会場と浅草駅近くの第二会場に分かれ、合計2万発もの花火が東京の夜空に花を咲かせます。

第一会場では両国ゆかりの花火業者と全国の花火大会にて優秀な成績を収めた花火業者によるコンクールを実施。

熟練の技と最新技術を駆使した花火は芸術作品そのもの。

また、第二会場では第一会場よりも約1000発多く花火を打ち上げ、スターマインを中心とした迫力満点の演出を行います。

大会プログラム

19:00
第一会場から花火が上がり、大会がスタート。
スターマインをはじめ1000発以上の花火が夜空に咲き乱れる。

19:30
第二会場でも打ち上げスタート。
第一会場同様5分間で1000発以上の花火が打ち上げられ、会場は大盛り上がり。

19:40
「花火コンクール」が第一会場にて開催。
趣向が凝らされた花火師たちの作品からは一瞬たりとも目が離せない。

20:25
両会場ともに1000発以上のの花火が打ち上げられ、大会はクライマックスに突入。
賑やかな雰囲気で閉幕となる。

第一会場鑑賞ポイント
言問橋【人気】

迫力のある花火が見られる第一会場屈指の人気エリア

コンクール作品正面からバッチリ見られる毎年人気の場所。

当日、橋の上は墨田区→台東区への一方通行なので花火は歩きながらの鑑賞になります。

首都高高架下【人気】

座って花火が見られる鑑賞スポットの激戦区

首都高向島線の高架下は定番の人気鑑賞スポット。

例年17時前にはシートを広げる場所がなくなるため、早めの場所取りがおすすめ。
向島入口は特に混雑するので注意。

汐入公園【穴場】

混雑度が低いのでゆったり花火鑑賞が可能

南千住駅から徒歩約15分と第一会場から少し離れた場所にある公園。

見える花火は小さいが、ほかのスポットに比べて混雑度が低いので、ゆったりと花火鑑賞ができる。

第二会場鑑賞ポイント
駒形橋【人気】

間近で花火が見られる駅チカの鑑賞エリア

浅草駅すぐの駒形橋は花火の打ち上げ場所から近いため、迫力のある花火が眺められることで人気を集めている。

東京スカイツリーと花火の競演は感動すること間違いなし。

清澄通り【人気】

タイミングを見計らってベストポジションを確保

周りに高い建物が少なく、花火が見やすいことで人気。

例年18時頃になると交通規制が始まり、大混雑状態となる。

時間を見計らって場所取りをするのがおすすめ。

厩橋【人気】

第二会場の花火が真正面で眺められる

真正面で打ち上がる花火と東京スカイツリーが同時に鑑賞できる人気鑑賞エリア。

こちらも当日は台東区→墨田区への一方通行となるので歩きながらの鑑賞となります。

大横川親水公園【穴場】

涼しげな川辺に腰をおろしのんびり花火を満喫

業平橋の北側から錦糸町まで約2kmに渡り続く親水公園。

打ち上げ場所から少し離れているので見える花火は小さめだがゆったりと鑑賞できる。

駒形どぜう前【人気】

老舗料理店が目印の人気鑑賞スポット

江戸時代創業の有名料理店「駒形どぜう」前の江戸通り鑑賞スポットとして毎年人気を集めている。

夕方以降は場所取りOKだが、ここより川沿いは立ち入り禁止なので注意。

吾妻橋【人気】

ロケーション抜群!混雑必死の絶景スポット

第一会場と第ニ会場の中間地点に位置する場所。

浅草駅からすぐの場所にあり、ロケーション抜群なので毎年混雑は必至。

夜空に打ちあがる花火と川面に映り込む様は必見。

蔵前橋【人気】

東京スカイツリーと2会場の花火が競演

第一会場・第二会場の花火と東京スカイツリーが同時に鑑賞できる絶好のスポット。

川面には屋形船がたくさん浮かび、船上でゆったり花火を楽しむ人も見られる

その他鑑賞ポイント
浅草花やしき【穴場】

当日15時から園内多目的ホール「花やしき座」にて屋上観覧席の抽選会を実施。

14時30分までに入園すると抽選用紙がもらえるので参加希望者は15時までに抽選番号を受け取ろう。

データ

開催日:7月28日(土)

時間:19:00~20:30

場所:
第一会場/桜橋下流~言問橋上流
第ニ会場/駒形橋下流~厩橋上流 (台東区墨田区)

昨年の人出:約95万人

予定打ち上げ回数:
第一会場/約9,350発
第二会場/10,650発

最大打ち上げ:未定

露店:なし

駐車場:なし

問い合わせ:隅田川花火大会実行委員会事務局本部

電話:03-5246-1111

備考:隅田川を中心に18:00~21:30頃まで交通規制あり

※荒天の場合は翌日、翌日も荒天の場合は中止

アクセス:
第一会場/東京メトロ銀座線ほか浅草駅より徒歩約15分
第二会場/都営浅草線浅草駅、都営大江戸線蔵前駅より徒歩約5分

ホームページ

 

●ホテルの予約

帰りの混雑状況に備えて会場近くのホテルを予約する方も多いです。

当日の予約は大変混み合いますので、予約する場合は早めに予約をしておきましょう。

【じゃらん】 東京/神奈川/千葉/埼玉のホテル・宿の予約

 

●その他エリアの花火大会

2018年 東京エリア(都内)花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 神奈川エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 千葉エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 埼玉エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 茨城エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 栃木エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 群馬エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 山梨エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 静岡エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 長野エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 新潟エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

 

▼こちらもチェック

花火大会を快適に楽しむために準備する持ち物リストと役立つ便利グッズ

花火大会を楽しむために気を付けなければならい注意点

2018年 第39回神宮外苑前花火大会 大会プログラム・観賞ポイント・特等席

体験型謎解き脱出ゲーム(リアル脱出ゲーム、リアル捜査ゲーム、リアル潜入ゲーム)が流行

2017年 全国の主要レジャー・集客施設 入場者数ランキング

 

[cc id="174" title="バナー(にほんブログ村、ブログランキング)"]
おすすめの記事