2018年度の「全国の主要レジャー・集客施設 入場者数ランキング」をとりまとめてみました。

ランキングは綜合ユニコム株式会社が全国の主要なレジャー・集客施設を対象に、最新の運営実績と集客動向に関する独自調査したものになります。

昨年のデータと比べると、分野別トップ10で2017年度の総入場者数が最も伸びたのは動物園(7.8%増)。

ジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」が大きな話題となり、入場者数に影響を与えました。

2017年 全国の主要レジャー・集客施設 入場者数ランキング

5分野の上位5施設は以下となります。

 

テーマパーク

テーマパークの入場者数1位は「東京ディズニーランド・東京ディズニーシー(TDR)」が前年度比0.3%増の3010万人で3年ぶりにプラス成長となりました。

2位は「ハウステンボス」が同0.4%減の288万1000人、3位は「サンリオピューロランド」が9.6%増の198万人。

施設名 所在地 入場者数 前年度比
東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 千葉県 3010万人 100.3%
ハウステンボス 長崎県 288万1000人 99.6%
サンリオピューロランド 東京都 198万人 109.6%
志摩スペイン村 パルケエスパーニャ 三重県 119万7000人 97.6%
東京ドイツ村 千葉県 103万4272人 91.3%

 

遊園地

施設名 所在地 入場者数 前年度比
鈴鹿サーキット 三重県 204万3714人 101.6%
よみうりランド 東京都 183万7464人 95.3%
ひらかたパーク 大阪府 120万757人 99.3%
としまえん 東京都 93万3719人 97.7%
ツインリンクもてぎ 栃木県 80万1545人 112.6%

 

動物園

分野別トップ10で2017年度の総入場者数が最も伸びた分野です。

ジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」人気の「東京都恩賜上野動物園」が前年度比17.1%増となり、6年ぶりに400万人を突破しました。

アニメとのコラボで話題になった東武動物公園(8.4%増)や周辺地域との相乗効果でインバウンド客が増加した「天王寺動物園」(3.8%増)などは新たな客層獲得につながりました。

施設名 所在地 入場者数 前年度比
東京都恩賜上野動物園 東京都 450万412人 117.1%
名古屋市東山動植物園 愛知県 260万684人 108.0%
天王寺動物園 大阪府 173万6686人 103.8%
旭川市旭山動物園 北海道 142万9618人 99.9%
東武動物公園 埼玉県 127万11人 108.4%

 

水族館

水族館では、「サンシャイン水族館」「沖縄美ら海水族館」で過去最高を更新。

名古屋港水族館は開館25周年と新施設開業で前年度から2ケタの伸びを示しました。

施設名 所在地 入場者数 前年度比
沖縄美ら海水族館 沖縄県 378万人 105.0%
海遊館 大阪府 263万人 110.5%
名古屋港水族館 愛知県 222万1822人 112.9%
サンシャイン水族館 東京都 197万人 157.6%
アクアパーク品川 東京都 174万4682人 100.5%

 

ミュージアム

施設名 所在地 入場者数 前年度比
国立科学博物館 東京都 288万4518人 116.6%
国立新美術館 東京都 282万8823人 99.2%
東京国立博物館 東京都 256万9585人 134.7%
金沢 21 世紀美術館 石川県 237万3048人 92.9%
広島平和記念資料館 広島県 168万923人 96.6%

 

おすすめの記事