旅行サイト「じゃらん」を運営するリクルートライフスタイルが、旅行業界のトレンド予測を発表しました。

2018年の旅行トレンドは「旅先で健康になること」、「へるしい旅」。

 

リクルートのアンケート調査でも、「以前より興味関心が高まっていること」で、「健康・リラックス」(62.8%)は1位となっています。

日ごろから健康のための意識をしている人は85.7%、「健康になる旅行」への興味関心がある人は70.9%にのぼっています。

社会的にも政府の成長戦略で「世界最先端の健康立国」が掲げられ、スーパーフードやクロスフィットが流行するなど、健康志向が高まっており、こうした意識が旅行のスタイルにも変化を及ぼすとされています。

 

では「へるしい旅」とはどういうものなのでしょうか。

健康志向のツアーでは「湯治ができる旅行」(47.7%)に次いで、「スローフードやマクロビが提供される旅行」(34.4%)、「ヨガができる旅行」(24.4%)が続きます。

健康と言えばシニア層のイメージが強いですが、若年層も食やヨガを中心に関心が高まっております。

宿泊施設でもフィットネスやヨガのスタジオを展開するベンチャーバンクによる「ヘルスリゾート天空の庭 天馬夢」や、料亭宿からヴィーガン料理を提供する宿に転換した「湯河原リトリート ご縁の杜」など、健康をテーマにした新タイプの施設が増えており、人気を博している模様です。

 

旅の目的が多様化する中で、今後の旅行会社の商品戦略にも注目していきたいです。

 

▼こちらもチェック

2018年旅行業界の8大トレンド

2018年注目の海外旅行先ランキング

2018年クチコミで選んだ世界の観光地ランキング

旅行アプリおすすめ人気ランキング スマホで旅をより快適に

 

[cc id="174" title="バナー(にほんブログ村、ブログランキング)"]
おすすめの記事