ブッキング・ドットコムは、旅行業界で起こる8つのトレンド予測を発表しました。

1億2800万件以上のクチコミと26か国1万9000人以上を対象にしたアンケート調査をもとに8大トレンドをまとめたものになります。

 

1.最先端テクノロジーを活用し、事前に旅を「体験」

2.バケットリスト(死ぬまでに一度は行きたい・やりたい)を叶える旅

3.思い出を巡る旅

4.SNSやポップ・カルチャー巡礼旅

5.美と健康の旅

6.コスパ重視旅

7.友達と思い出作り旅

8.バケーションレンタル旅

 

「最先端テクノロジーを活用した事前の旅体験」については、回答者の29%が「AI(人工知能)に旅行計画を立ててもらうことに不安はない」と回答し、日本人も29%が肯定してます。

「支払いの決断をする前に、VR等による疑似体験をしたい」との回答は世界が64%、日本人も45%が肯定しています。

このほか、「質問や疑問が解消してくれさえすれば、対応は人でも機械でも構わない」に50%が拘置するなど、旅行の手間や悩みが軽減されるテクノロジーの活用は、利用者の歓迎をもって浸透していきそうです。

また、「バケットリストを叶える旅」「思い出を巡る旅」「思い出を作る旅」の3つからは、2018年も旅行において「体験」が重視されていることが見られます。

バケットリストがある人は回答者の45%で、そのうち82%が「2018年にはそのリストにある場所へ行きたい」と回答。

「思い出を巡る旅」では、特にミレニアル世代の44%が「家族旅行で行った場所へもう一度行きたい」となっております。

先日の2018年度注目のトレンドキーワードであげた「健康」についてもあがっております。

 

消費者が旅に目的や思いをいかに汲み取り、ベストな旅行スタイルの提案が業界に求められていきます。

今後、旅行代理店での相談相手がAIロボットになる時代も遠くないかもしれません。

 

▼こちらもチェック

「ブッキング・ドットコム カフェ」表参道でオープン ブッキング・ドットコムが飲食業界に参入?

アウディジャパンがレンタカーサービスを開始 チョイ乗りで満タン返却不要

インスタ映えが重要視される旅行先

2018年注目の海外旅行先ランキング

2018年注目の宿泊先ランキング

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク