日本旅行業協会(JATA)が2018年ゴールデンウィーク(4月28日~5月6日)の人気旅行先ランキングを発表しました。

 

【GW 海外旅行先人気ランキング】
順位 国・地域 昨年の順位
1位 台湾 1位
2位 ハワイ 2位
3位 タイ 4位
4位 シンガポール 3位
5位 香港 8位
6位 ベトナム 7位
7位 韓国 5位
8位 イタリア 12位
9位 グアム 6位
10位 フランス 13位
10位 アメリカ(本土) 9位

 

JATAによれば、台湾は「安全で近く、手頃感がある」ことから女性や家族を中心に人気となっています。

ハワイは世代を問わずあらゆる層に人気が高く、タイは近場の旅行先として安定しております。

5位の香港は女性の少人数グループなどに人気で上昇してきました。

そのほか、8位にはイタリア、10位にはフランスが選ばれるなど、欧州諸国が復調傾向にあります。

大手ホールセラー7社(※)を対象に調査した、海外パッケージツアーの販売動向によれば、海外旅行者数は前年比0.6%減と微減。

出発はゴールデンウィーク初日の4月28日に集中しており、近隣のアジア諸国の人気でした。

このほか、欧州は6.8%増と回復基調にあり、添乗員同行ツアーが好調で、シニアの夫婦から人気を博しています。

ゴールデンウィーク後半の5月3日出発からは4連休となっており、この日はアジアのツアーが人気で、香港・マカオが19%増、タイも46%増となりました。

※調査は会員旅行会社588社の営業、企画、カウンターなどの担当者にアンケートで実施ております。

※大手ホールセラー7社(JTB、HIS、阪急交通社、近畿日本ツーリスト、日本旅行、ジャルパック、ANAセールス)

 

【GW 国内旅行先人気ランキング】
順位 地域 昨年の順位
1位 沖縄 1位
2位 東京(ディズニーリゾート含む) 2位
3位 北海道 4位
4位 大阪 4位
5位 九州 6位

 

国内は、1位の沖縄が離島を含めて好調で、2位の東京は東京ディズニーランドの開業35周年で人気が高まっています。

3位は北海道で家族客から人気を集めております。

4位は昨年と同じ大阪で、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを中心に家族や3世代から人気です。

 

5位は九州で、大河ドラマ「西郷どん」効果で好調に推移しています。

大河ドラマの舞台となった「竹田城」など「城ブーム」も影響があるようです。

大手ホールセラー6社を対象とした国内パッケージツアーの販売動向調査を見ると、国内旅行者数は2.3%減となりました。

出発のピークは分散していますが、なかでも後半の4連休の初日である5月3日は人気が高くなっています。

東北は桜をテーマにしたツアーが人気で17.3%増。

このほか、東京ディズニーランドを含む東京は2.3%増、九州は24%増などとなりました。

※大手ホールセラー6社(JTB、阪急交通社、近畿日本ツーリスト、日本旅行、ジャルパック、ANAセールス)

 

まとめ

今年のゴールデンウィークは4月28日からの3連休と5月3日からの4連休の2つに分かれていますが、日本観光振興協会によると後半の方が宿泊者数(予測)は多い傾向のようです。

期間中の宿泊者数は5月3日と5月4日が最多の予想となっており、混雑率は全国平均で30%を超えます。

お出かけされる方は、旅先でも安全で楽しくお過ごしください。

 

▼こちらもチェック

2018年クチコミで選んだ「世界の人気観光スポット ランドマーク編」ランキング

2018年注目の海外旅行先ランキング

旅行関連アプリでダウンロード数の多いアプリ(ゴールデンウィーク期間)

大谷翔平選手の活躍を見に行きたい!エンゼルス観戦方法

羽生結弦ファンの聖地「弓弦羽神社」

海外旅行を予約する時の3つの手配方法

海外旅行で必ず準備すること11項目

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク