飛行機には子供料金がありますが、「幼児」と「小児」によって区分されます。

また、国内線と国際線で料金体系が異なりますし、大手航空会社とLCC(格安航空会社)でも異なります。

飛行機の子供料金は意外と分かりにくいので、幼児と小児の区分、子供料金をまとめました。

 

こちらもチェック

子どもの飛行機1人旅の搭乗サポート アナカン(アナカンパニード・マイナー・サービス)

 

子供料金は幼児と小児によって区分

子ども料金は、幼児と小児によって区分されます。

JALやANAといった一般航空会社、ジェットスターやピーチ・アビエーションなどLCC(格安航空会社)では、国内線と国際線で区分が異なります。

また、子どもの年齡を確認するために、パスポートや健康保険証などの身分証明書の提示を求められる場合があります。

幼児・小児の区分は次の表の通りです。

 

飛行機の幼児・小児の区分表
国内線 一般航空会社 国内線 LCC 国際線 一般航空会社 国際線 LCC
幼児の区分 生後8日~2歳 生後8日~1歳 生後8日~1歳 生後8日~1歳
小児の区分 3歳~11歳 2歳~11歳 1歳~11歳 無し

 

国内線での区分

一般航空会社の区分は、幼児は「生後8日~2歳」まで、小児は「3歳~11歳」までです。

LCC各社の場合、幼児は「0歳~1歳」まで、小児は「2歳~11歳」です。

 

国際線での区分

一般航空会社、LCCともに、幼児の区分は「生後8日~2歳未満」までです。

一般航空会社の小児の区分は「1歳~11歳」です。LCCに小児の区分はありません。

 

国内線と国際線で条件は異なる

幼児と小児の区分と同様に、子ども料金も国内線と国際線で異なります。

子ども料金は座席を使用するかどうかで料金が変動します。

子ども料金の詳細は次の表の通りです。

各航空会社の子ども料金の詳細

 

各航空会社の子ども料金の詳細
国内線 一般航空会社 国内線 LCC 国際線 一般航空会社 国際線 LCC
幼児 座席を使用しない場合 無料 無料 普通運賃の10% 無料
幼児 座席を使用する場合 普通運賃の50% 大人と同料金 普通運賃の75% 大人と同料金
小児 普通運賃の50% 大人と同料金 普通運賃の75% 大人と同料金

 

国内線での料金

国内線では、一般航空会社、LCC各社では座席を使用する場合で料金が変わってきます。

幼児の場合

幼児の場合、座席を追加するときは有料となります。

幼児が1人の場合

幼児の場合、座席を使用せず、同伴者に膝の上に乗せれば無料です。

新たに座席を追加して搭乗させた場合は有料です。

ただし、LCCの春秋航空日本とバニラエアでは航空券の料金はかかりませんが、幼児1人あたり1,500円の料金が発生します。

幼児が2人以上の場合

一般航空会社の場合、同伴者が1人のときは、幼児1人は膝の上に乗せ、もう1人は座席を予約する必要があります。

座席を予約する場合は普通運賃の50%の料金を支払う必要があります。

予約のタイミングが早いほど割引率が高くなる早期購入割引などの割引運賃を利用する場合は、安価な運賃が適用されます。

LCC各社の場合、大人と同様の料金を支払う必要があります。

小児の場合

一般航空会社の子ども料金は、普通運賃の50%の料金です。

割引運賃は幼児と同様に安価な運賃が適用されます。

LCC各社は小児の区分がなく、大人と同様の料金を支払う必要があります。

 

国際線での料金

国際線での子ども料金も国内線と同様に、一般航空会社とLCCで異なります。

幼児の場合

国際線も国内線と同様に座席を利用しない場合と利用する場合では子ども料金が異なります。

幼児が1人の場合

一般航空会社の幼児が1人の場合、国内線と同様に同伴者1人につき幼児1人を膝に乗せることができます。

ただし、普通運賃の「10%」の料金を支払う必要があります。

LCC各社の場合は、膝に乗せれば無料になることが多いです。

ただし、航空会社や路線によっては幼児料金を支払わなければなりません。

例えば、ジェットスターの場合はトランス・タスマン線以外の路線は幼児料金を支払う必要があります。

幼児が2人以上の場合

国内線と同様に同伴者1人の場合は、幼児1人は膝に乗せ、もう1人の幼児は座席を用意する必要があります。

その場合、チャイルドシートの利用が必須です。

一般航空会社の子ども料金は、普通運賃の「75%」です。LCC各社は大人と同様の料金を支払う必要があります。

もう1人同伴者がいる場合、一般航空会社は普通運賃の10%を支払う必要があり、LCC各社は無料です。

小児の場合

小児は一般航空会社とLCC各社で異なり、一般航空会社は小児の料金は、幼児と同様の普通運賃の料金の「75%」です。

LCC各社は小児の区分がないので、大人と同様の料金を支払う必要があります。

 

まとめ

旅行も家族全員となりますと飛行機代だけでもバカになりません。

家族の旅行の計画に是非、ご活用頂ければと思います。

また、幼児に座席を用意する場合はチャイルドシートの利用が必須です。

空港ではベビーカーもレンタルできることもあります。

 

▼こちらもチェック

海外旅行でベビーカーは持参するべきか?レンタルするべきか?機内でのオムツの交換は?

 

旅行の準備をしっかりと確認して、思い出に残る家族旅行にしてみてください。

 

 

▼こちらもチェック

海外航空券の予約手配で気を付ける5つのポイント

格付け航空会社ランキング2017

パスポートの取得と更新方法

海外旅行保険3つの加入方法

子供向けのチャイルドミール(機内特別食)は事前に手配を

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク