夏の風物詩花火大会。

大きなイベントだけに多くの人が集まり会場はどこも大混雑します。

混雑するところだけに毎年トラブルも多発しています。

混雑は嫌だけど花火は見たいという方も多いと思います。

家族連れや恋人同士のデートであれば楽しい思い出にしたいものですよね。

そこで、なるべくスムーズに花火大会を楽しむために気を付けなければならい注意点ご紹介します。

 

▼こちらもチェック

花火大会に準備する持ち物リストと役立つ便利グッズ

 

花火大会に参加する時の注意点

浴衣を着る際に気を付けること

浴衣を着ていると、着くずれしてしまうこともあります。

そんな時に便利なのが安全ピンです。

ずれてしまったところを安全ピンで抑えることで応急処置ができます。

下駄を履く際に気を付けること

浴衣であれば履物は下駄になります。

履きなれない下駄で鼻緒ずれする人も多いです。

鼻緒を揉んで柔らかくすると鼻緒ずれしにくくなりますが、それでも鼻緒ずれしてしまった場合に備えて絆創膏を準備しておきましょう。

迷子に注意する

子供連れの親御さんは特に注意しなければなりません。

大きな花火大会だと100万近く集まりますので、少し目を離した隙に子供がいなくなって迷子になることも多いのです。

子供がいなくならないようにしっかりと手を繋ぎましょう。

 

花火大会の帰りの注意点

行はまばらに来るので混雑も分散されますが、帰りは花火が終わってから帰る人が多いので、大混雑となります。

帰りのピーク時間は花火大会終了してから1時間後と言われております。

そこで、花火大会の帰りの注意点をご紹介します。

歩きやすい靴を履く

普段履き慣れていない下駄で長時間の歩行に歩き疲れてしまいます。

また、混雑したなかで歩くと人とぶつかったり、足を踏まれてしまうこともあります。

もし、浴衣で花火に行く場合でも、帰りの混雑を考えて履きなれた靴を履いていくことも検討してみましょう。

トイレ

トイレはどこも混雑しますので、トイレが空いているとに済ませておきましょう。

特に子供連れの場合、混雑しているときに限って「トイレ行きたい」と言われてしまうものです。

子供に言われる前に、「トイレ行かなくて大丈夫?」と早めに聞いておきましょう。

帰り道を確認しておく

人が多すぎるので、間違えてしまった場合、元の道を戻るのにも時間がかかってしまいます。

また、携帯電話・スマートフォンで地図を開こうにも混雑で繋がらないこともあります

地図を事前にプリントアウトするなど出発前に帰り道も確認しておきましょう。

帰りの電車切符の購入・チャージ

帰りの切符売り場やSuica,PASMOのチャージ機は長蛇の列です。

複数で行動される場合は、1人でもチャージ不足の人がいると、同行者を長時間待たせてしまうことにもなります。

帰りの切符の購入やチャージは到着時に済ませておきましょう。

ホテルを予約する際は早めに

帰りは混雑して電車に乗るまで何時間もかかることもあります。

家路に着くころには深夜にということもいらっしゃるでしょう。

そんな状況に備えて会場近くのホテルを事前に予約しておく方法もあります。

混雑だけでなく、体調面を考えてもおすすめです。

但し、当日の予約は大変混み合いますので、予約を考えている方は早めに予約をしておきましょう。

花火大会で利用するビジネスホテルの予約はじゃらんnetがおすすめです。

全国26,000以上の宿・ホテルが24時間予約可能です。

【じゃらん】 東京/神奈川/千葉/埼玉のホテル・宿の予約

【じゃらん】 栃木/群馬/茨城のホテル・宿の予約

【じゃらん】 山梨/長野/新潟のホテル・宿の予約

 

まとめ

夏の素敵な思い出を作るためにもしっかりとした事前準備は不可欠です。

特に暑い夏、多くの観客の熱気でさらに暑くなりますので、体調面に充分気をつけましょう。

 

▼こちらもチェック

花火大会を快適に楽しむために準備する持ち物リストと役立つ便利グッズ

シティホテル・ビジネスホテル 顧客満足度ランキング2017

体験型謎解き脱出ゲーム(リアル脱出ゲーム、リアル捜査ゲーム、リアル潜入ゲーム)が流行

2017年 全国の主要レジャー・集客施設 入場者数ランキング

 

[cc id="174" title="バナー(にほんブログ村、ブログランキング)"]
おすすめの記事