毎年各地方でたくさん開催される花火大会。

花火大会を楽しく、快適に過ごすためにも準備は欠かせません。

今回は、花火大会に役立つ持ち物と便利グッズをご紹介します。

 

持ち物リスト・便利グッズ

小銭入れ・ウォレットチェーン

小銭入れがあれば屋台などで買い物する時に便利です。

また、暗闇で混雑するところでは財布を盗られる恐れがあります。

ウォレットチェーンがあればスリ防止の対策になります。

印刷した地図

携帯やスマホで調べられますが、人が混雑する花火大会では使えなくなることもあります。

また、画像を保存していても電池切れで見られなくなるかもしれません。

また複数で見に行くときは、はぐれた場合の待ち合わせ場所も確認しておきましょう。

飲み物

会場によってはコンビや自動販売機の場所まで遠かったり、混雑して売り切れだったりすることもあります。

会場入りする前に購入しておくことをおすすめします。

タオル・ハンカチ

汗拭きや急な雨が降ってきたちきにも持っておきたいです。

浴衣には和柄の手ぬぐいタオルがおすすめです。

ポケットティッシュ

大勢の人が集まる花火大会ではトイレの紙が切れてしまうこともあります。

ウェットティッシュ

仮設トイレでは手洗いの水がないところもあります。

また、レジャーシートを使う場合は持ち帰る時に拭いたりするのにも役立ちます。

虫よけスプレー

河川敷などで開催される場合は、蚊など虫が多いので、虫刺されを予防してきましょう

アロマバンド 10個セット

一見すると普通のブレスレッドですが、実は虫よけの効果があります。

虫が苦手のシトラスの香りが放たれており、虫が近寄りにくくなっています。

シリコン製なので着け心地が良く、色も様々なのでファッションの一環としても着用可能です。

また香りはアロマ成分なので、身体に害もなく腕に着けるだけと簡単なので、子供でも安心して使用できます。

扇子や団扇

夜とはいえ、人が集まると熱気で予想以上に気温が上がります。

風があるかないかで涼しさも違ってきます。

カッパ

混雑するところでは傘を開くと周りに迷惑をかけてしまいます。

花火の最中に傘を開くことを禁止している会場もあります。

懐中電灯

街灯の少ない会場では真っ暗になることもありますので、持っていると何かと便利です。

有料席チケット

有料席を購入した方は忘れずに持参しましょう。

無料席に比べ、見やすいだけでなく、混雑緩和できるメリットなどもあります。

会場によってメリットポイントは異なりますので、事前にホームページで確認しておきましょう。

 

▼こちらもチェック

2018年 第41回隅田川花火大会 大会プログラム・観賞ポイント・穴場スポット

2018年 第39回神宮外苑前花火大会 大会プログラム・観賞ポイント・特等席

2018年 第59回いたばし花火大会・第65回戸田橋花火大会 大会プログラム・観賞ポイント

2018年 第43回江戸川区花火大会・第34回市川市民納涼花火大会 大会プログラム・観賞ポイント

2018年 第17回こうのす花火大会 大会プログラム・観賞ポイント・特等席・穴場スポット ギネス世界記録

レジャーシート

ゆっくり鑑賞するのであれば、座って鑑賞したいものです。

しかし、地べたに座っておしりが汚れるのは気になります。

浴衣であれば尚更ですよね。

レジャーシートバッグ

横146cm、縦146cmのレジャーシートですが、持ち運び方法に特徴があります。

大型のトートバックのように畳んで他の物を入れて持ち運んだり、シートとして敷いたりと用途に合わせて形状を変えることができます。

食べ物などを持ち運んで、着いたらバックはレジャーシートにすれば、荷物を少なくできます。

携帯折りたたみチェア

レジャーシートの他にも折りたたみチェアを準備するのもよいでしょう。

軽くて携帯できるものであれば便利です。

PATATTO(パタット)携帯折りたたみチェア

一般的な折り畳み椅子とは異なり、バッグのように降りたたんで持ち運べます。

500g以下で女性でも片手で楽々運べます。耐久性も優れており、100kgの荷重まで耐えられます。

おしりにフィットするように座る部分が曲線になっており、長時間座っていてもお尻が痛くなりにくいです。

汚れても水洗いが可能ですので、屋外で花火を鑑賞する場合にも適しています。

折りたたみテーブル

花火鑑賞をしながら食事やお酒を楽しみたい方におすすめです。

バタフライテーブル アウトドア キャンプ

屋外だと風で物が飛ばされたり、倒してしまったりする恐れがありますが、テーブルの隅に4つのカップフォルダーが付いていて、ビニール袋をかけるフックも4か所あるので、ゴミが散らばる恐れも少ないです。

折りたたむ際も工具バックのようにすべて付随物を中に入れることができるので容易に持ち運びができます。

 

カメラ用の三脚

思い出の撮影に便利なアイテムです。

クネクネ三脚 スマートフォン用

くねくねと自由自在に曲げることができるカメラ用の三脚です。

地面に置いて使えるのはもちろんのこと、木の枝や棒に括り付けたり、角度を付けたりとさまざまな撮り方ができます。

また三脚を束ねて持てば、今流行りの自撮り棒のように使うことも可能です。

大勢で花火の鑑賞をする際、みんなで記念撮影をする際に重宝するのではないでしょうか。

デジカメ以外にもスマホの取り付けも可能ですので、撮影の幅がより広がります。

花火大会も意外に準備するべきことはあります。

特に浴衣だとバッグではなく、巾着袋になるので、あまり荷物を詰めることができません。

恋人とのデートであれば男性側が荷物を多めに持ってあげるなどすると良いでしょう。

 

●その他エリアの花火大会

2018年 東京エリア(都内)花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 神奈川エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 千葉エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 埼玉エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 茨城エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 栃木エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 群馬エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

2018年 山梨エリア花火大会情報 打ち上げ数ランキング

 

▼こちらもチェック

花火大会を楽しむために気を付けなければならい注意点

インスタ映えが重要視される旅行先

2017年 全国の主要レジャー・集客施設 入場者数ランキング

体験型謎解き脱出ゲーム(リアル脱出ゲーム、リアル捜査ゲーム、リアル潜入ゲーム)が流行

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク