海外旅行で利用する飛行機には直行便経由地の空港でトランジット乗り継ぎ(トランスファー)必要な経由便があります。

直行便なら飛行機に乗り込むだけで目的地に到着できますが、乗り継ぎを必要とする経由便の場合、経由地で飛行機を降りて次の便のゲートまで自ら移動して搭乗しなくてはなりません。

乗り継ぎ(トランスファー)の手続きは、飛行機を乗り換えるだけで済む場合もあれば、一度荷物をピックアップして、再度預け入れ手荷物の手続きから始める場合もあります。

 

トランジットとトランスファーの違い

トランジットとは

フライトの途中に、1箇所または複数箇所の空港に着陸して、機内食や水・燃料などの補給、飛行記の整備点検などをすることです。

通常は30分〜1時間程度の着陸で、その間、乗客は機内で待機する場合と、空港内のトランジットルームで待つ場合があります。

 

トランスファーとは

途中で飛行機を乗り換えて、最終目的地へ向かうことです。

日本発着の便だと、ソウルや香港などで飛行機を乗り換えて、欧州各国へ向かうケースなどがあります。

また、地方空港を出発して成田や羽田で乗り継ぎ、海外の都市へ行くことも多いです。

乗継時間が長い場合は、一旦入国して時間を過ごすこともできます。

乗継地で一度入国して数日間の観光などをした後に最終目的地へ向かう「ストップオーバー」が可能な航空券もあります。

 

トランジットとトランスファーの違い

トランジットとトランスファーの一番の違いは、機体の変更の有無です。

トランジットの場合は同じ機体で最終目的地まで向かいます。

一方、トランジットの場合は、乗継地で別の機体に乗り換えます。

但し、最近では同じ航空会社の別便に乗り換えることをトランジットと呼ぶ場合もあるので、自分のフライトの詳細を確認する必要があります。

 

トランジットの流れ

トランジットルームで待機する場合の流れをご紹介します。

尚、機内で待機する場合は、そのまま時間が過ぎるのを待つだけです。

1.飛行機を降りる

アナウンスに従って飛行機を降り、係員からトランジットカードを受け取ります。

機内の足元に置いた荷物は荷物棚に収納するか、貴重品と一緒に持って出ましょう。

その際に、搭乗ゲート・時間の確認もしておきましょう。

30分〜1時間程度の待ち時間であれば、移動せずに待機すると良いでしょう。

2.トランジットルームに向かう

空港内の「Transit」という標識を目印に、トランジットルームへ向かいます。

トランジットでは入国手続きはしないので、入国審査には向かわないよう注意が必要です。

3.トランジットルームで待機する

トランジットルーム周辺では、飲食店や免税店がある場合があります。

再搭乗の時間に遅れないように、時間を潰しましょう。

4.再搭乗

再搭乗のアナウンスがあったら、前述のトランジットカードを係員に渡して再搭乗し、同じ座席に座りましょう。

 

トランスファーの流れ

トランスファーの流れは下記の通りです。乗継に失敗しないように、時間に余裕を持って行動しましょう。

1.飛行機を降りる

別の飛行機に乗り換えるので、手荷物は全て持って出ましょう。

2.再チェックイン

空港内の「Transfer」という標識に従って進み、専用のチェックインカウンターで乗継便の為のチェックインを行います。

その際、乗継便の搭乗券を受け取る場合もあります。

同じ航空会社を使用する場合は、出発地で乗換機までのチェックインが終わっていることが殆どですので、その場合は再チェックインは必要ありません。

3.乗り換えをする

空港内で待機し、搭乗時刻がきたら指定された搭乗ゲートから搭乗します。

※一旦入国する場合

乗継時間が長い場合は、一旦入国することができます。

その場合は、通常の出国手続きが必要になります。

また、出発の際に乗継便のチェックインをしていない場合は、チェックインの手続きも必要です。

 

乗り継ぎの空港で確認しておくこと

乗り継ぎ口を確認

乗り継ぎの空港に到着したら、「Flight Connection」「Transfer」(乗り継ぎ)と表示された案内版に沿って空港内を移動します。

乗り継ぎをしない人たちは「Passport Control」(入国審査)に向かいますので、人の流れにつられて間違わないようにしましょう。

乗り継ぎ口へ着いたらチェックインカウンターの案内板を確認し、自分のフライトの搭乗口を確認しましょう。

空港の案内板表示

•Departures(出発便)
•Arrivals(到着便)
•Transfer/Connection Flights(乗り継ぎ)
•International(国際線)
•Domestic(国内線)
•Boarding Gate(搭乗口)
•Immigration(入国)
•Security Check(手荷物検査)
•Baggage Claim(荷物受け取り)
•Currency Exchange(外貨両替)

時計の時間を現地時間に調整

海外に行くと時差が生じます。乗り継ぎ空港に到着時、自分の時計を日本時間のままにしておくと「まだ乗り継ぎに時間がある」と勘違いをしてしまうことも。

到着前の機内または空港に着いたらすぐに、自分の持っている時計の時間を現地時刻に合わせましょう。

日本、経由地、目的地でそれぞれ標準時が異なる場合もありますので、その都度時間を合わせておくようにしましょう。

 

乗り継ぎに必要な最低所要時間は?

乗り継ぎする飛行機の組み合わせや経由地となる空港によって、乗り継ぎに必要な時間が変わってまいります。

乗り継ぎは以下4つのパターンとなります。

国際線国際線
国際線国内線
国内線国際線 
国内線国内線

空港によっては想像以上に広く、空港内の移動にバスやモノレールを使って移動するケースもあります。

乗り継ぎの手順や必要な乗り継ぎ時間は空港によって異なりますので、予約の段階から事前に航空券を申込した旅行会社や航空会社へ確認しておくとよいでしょう。

ご自身の経由地の乗り継ぎ最低時間をしっかりと確認しておきましょう。

乗り継ぎに不安の方は、最低乗り継ぎ時間にプラスアルファ余裕を持った時間で予約することをおすすめします。

▼こちらもチェック

航空券予約から空港での搭乗手続きを行うまでの流れ

 

乗り継ぎに間に合わなかった場合

トランジットの場合はあまり心配はありませんが、トランスファーの場合は乗って来た飛行機の到着が遅れ、次の便への乗継ができない場合が稀に起こります。

通常は後発便への振替が行われますが、その日に乗り継げず、翌日以降に振替になる場合もあります。

航空会社側の都合で乗継ができなかった場合は、基本的にはホテル代や食事代などは航空会社持ちになりますが、最近では格安航空会社(LCC)などを中心に、そうした場合でも乗客の自己責任になる場合も少なくありません。

また、搭乗時刻に間に合わなかった場合など、自分の過失が原因で乗継に失敗した場合は、完全に自己責任ですので、最終目的地までの航空券を再購入する必要があります。

まずは、自己判断せずに利用航空会社に確認と相談をしましょう。

次の便の残席に余裕があれば、無料で振り替えてくれることも稀にあります。

 

チェックイン時に受け取る搭乗券は?

飛行機に乗るための搭乗券は区間ごとに必要です。

経由地での乗り継ぎがある場合は、出発地から経由地までの搭乗券と経由地から目的地までの搭乗券の2枚となります。

乗り継ぎを含め目的地まで一括で予約した場合(同じ航空会社を使う場合)は、出発空港のチェックインカウンターで目的地までの搭乗券をもらうことができます。

その場合は、トランジット先の空港で改めてチェックインをする必要はありません。

出発空港で乗継便の搭乗券をもらえなかった場合は、経由地の空港で自分が利用する航空会社の乗り継ぎ(トランスファー)カウンターへ行き、

チェックインします。飛行機を降りたら、早めにカウンターへ向かうようにしましょう。

航空会社や各空港によって異なるため、心配な場合は、チェックイン時にスタッフに確認すると安心です。

また、航空券を2枚に分けて手配した場合は、最初の搭乗地のチェックイン時に、最終目的地までの航空券も航空会社へ提示して自身の旅程を把握してもらいましょう。

航空会社のコンピューターに最終目的地までの旅程を入れておいてもらうことで、トラブル時の対応もスムーズになります。

例えば、出発便が遅れて、経由地からのフライトの乗り継ぎに間に合わなくなってしまった場合、航空会社が事前にお客様の旅程を把握していことで、代替便の提案などスムーズにしてくれます。

 

荷物の預け直しは?

出発空港でチェックインする際、搭乗券の確認と同時に、荷物の受け取りについても確認しましょう。

搭乗券を目的地まで発券してもらえる場合は、荷物は最終目的地まで運ばれるケースがほとんどです。

但し、乗り継ぎ後の便を別の航空会社で予約した場合や、国内線の移動になる場合は、いったん荷物をピックアップし、荷物を預け直す必要があります。

例えば、アメリカの場合、まずアメリカのハブ空港まで国際線で移動し、その後国内線で目的地まで移動するというケースが考えられます。

このような場合は、乗り継ぎの際に荷物をピックアップする必要があります。

搭乗券と同様、こちらも国や航空会社によって異なりますので、出発前にチェックインカウンターで必ず確認しましょう。

 

▼こちらもチェック

海外旅行で使える英会話(空港の乗り継ぎで使えるフレーズ)

 

まとめ

乗り継ぎ時間を多めにとるにこしたことはありません。

万が一時間を持て余しても、空港内ではショッピングや食事が楽しめます。

免税店での買い物が旅の楽しみのひとつだという人もいるでしょう。

シャワーや仮眠のとれる場所、子供連れ向けの遊戯施設、ゲームコーナー、マッサージ店などもあります。

マイレージ会員になるなど条件を満たしていれば、専用ラウンジでくつろぐことも可能です。

ただ気を付けてもらいたこととして、空港の規模によっては、同じ空港内でも離れた場所に移動する場合もあります。

気になるお店があったとしても、まずは手続きを済ませて「あとは搭乗するだけ」の状態にしておくことが大事です。

手続きを後回しにしてしまうと、混みあっていて乗り遅れてしまうケースもあります。

とにかく面倒な手続きは先に済まして、時間があればお店に寄るようにしましょう。

そして、賢い方法の1つが、キャビンアテンダントに乗り継ぎ便の状況を確認しておく事です。

飛行機に乗るまえに、チェックインカウンターで、乗り継ぎ便についてしっかりと確認しておいても、その後にまたスケジュールの変更はよくある事です。

乗り継ぎ便の詳しい状況は分からなくても、自分が乗っているフライトの状況は確認出来ます。

同じ航空会社で乗り継ぎをする場合には、その便の状況を知っている場合があります。

聞くのは無料なので心配な場合には聞いてみましょう。

 

▼こちらもチェック

海外航空券の予約手配で気を付ける5つのポイント

国際線受託手荷物(預け荷物)の注意点(個数、サイズ、重量、超過料金)

入国審査の流れと注意事項 質問内容 英語表現

台風や機材故障で欠航になった場合の対処方法

世界の空港ランキング2018

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク