飛行機への液体の制限が厳しくなっているなか、インスリンを機内に持ち込みできるか心配になる人もいると思います。

飛行機でのインスリンの取り扱いについてご紹介します。

 

インスリンは機内持ち込みできます

インスリンを打つための注射器やインスリン製剤、血糖値測定器は、基本的に持ち込みできますが、日本の航空会社と外国の航空会社とでは対応が大きく異なります。

 

航空会社 事前の申請が必要か 糖尿病食 書類・証明書
日系(ANA&JAL) 不要 あり 要書類(保安検査用※)
外国航空会社 必要 あり 要書類(保安検査用※) もしくは診断書提出

※保安検査用の書類は、糖尿病手帳や英文診断書などです。

外国航空会社への事前申請は、予約した旅行会社もしくは航空会社の予約センターに電話などで持ち込む申請をする必要があります。

その際に、必要な書類を確認しておきましょう。

 

薬の添付文書は重要

薬品を海外に持ち出すことになるため、製剤の添付文書(日本語・英語)の準備を強くおすすめします

海外の保安検査場で、英語もしくは現地語で正しい説明ができないために製剤と理解されず危険物と見なされ廃棄させられる場合があるからです。

製剤と証明するため、英文添付文書があれば海外でも誤解を受けることがありませんし、現地で薬剤と証明できない場合、現地警察などから拘束される可能性があるからです。

添付文書の日本語版は添付されていたり、ネットからダウンロードできます。

添付文書 日本語版

添付文書 英語版

ネットがない、英語が心配で不安な場合は、調剤された薬局で手配できるので、かかりつけ薬局に相談しましょう。

 

糖尿病用の特別機内食があります

機内食には、糖尿病食(DBML)や低カロリー食(LCML)などもありますので特別機内食を世予約することもできます。

▼こちらもチェック

健康上の機内特別食とアレルギー対応の機内特別食

 

その他の注意点

肺塞栓(いわゆるエコノミークラス症候群)になりやすいリスクが高いため、こまめな水分補給を心がけましょう。

また、アルコールも控え、通路側の席を指定し意識して動くことも必要です。

長距離路線の場合は、食事のタイミングがいつもと異なってしまいます。

時差を考慮し、インシュリンンタイプの変更を主治医と相談することをお勧めします。

 

インスリンポンプは診断書が必要

自動的にインスリンが注入されるメドトロニック社製(medtronic)インスリンポンプは、医療機器に該当するため国内・国際線問わず医師の診断書が必要になります。

「機器」を使用するため、同じインスリンを注入する注射器とは異なり、診断書が必要になります。

また、航空会社に持ち込みの申請も必要になります。

診断書の他に、持ち込み申請に必要な情報としてインスリンポンプのメーカー名・型番・大きさと重さ(縦、横、厚み)・耐空証明の承認番号・電池種別(アルカリ電池やリチウムイオン電池等)が必要になる場合が多いのでメーカーのホームページや取扱説明書を確認しておきましょう。

飛行機に乗っている間だけ、インスリンポンプを使用しない(取り外して)持ち込むのであれば、普通の電子機器の持ち込みと同じ扱いなので、診断書は不要です。

但し、航空会社への持ち込み申請は必要です。

 

保安検査のボディスキャナーに注意

新千歳空港・茨城空港・羽田空港・成田空港・中部国際空港・関西国際空港・福岡空港などの主要空港の保安検査場では、ボディスキャナーを使用して保安検査を行っています。

機器の故障予防の為、インスリンポンプは、ボディスキャナーや手荷物X線検査が受けられません

メーカーホームページからエアポートカード(日本語と英語の2か国語になっています)をダウンロード、印刷して保安検査場で見せられるように用意しましょう。

 

まとめ

インスリンポンプは、医療機器の為、航空会社毎に対応が異なる場合が多いので、必ず航空会社に確認が必要です。

もし、航空会社未定のツアーの場合でも旅行会社に事情を説明し、必要な手配を旅行会社経由で行うか、航空会社の予約センターに電話などで持ち込む際の注意点を確認する必要があります。

インスリンポンプ療法JP ホームページ

 

 

▼こちらもチェック

エピペンを飛行機の機内に持ち込むことは可能か?

飛行機内で食べられるスペシャルミール(機内特別食)

機内の過ごし方を快適にして長時間フライトを楽しむ方法

予防薬や持病の薬を飛行機の機内に持ち込むときに注意すべきこと

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク