空港に行くと必ず目にする免税店。

免税店では、関税や消費税が課税される前の状態で、商品を購入できます。

タバコやアルコール、ブランド品など高い税が課せられているものほど、お得に手に入るので、旅行先で購入される方も多いかと思います。

但し、購入できる量には規定がありますので注意が必要です。

今回は、規定を守って免税店でお得に買いものするために知っておくべきルールをご紹介します。

 

▼こちらもチェック

免税手続きでお得にお買い物 海外旅行における免税制度

 

空港免税店でタバコを買うメリット

日本国内でタバコを買う場合、タバコ1箱の値段はタバコ本体の値段にたばこ税と消費税が合算されます。

例えば1箱430円の製品を買う場合、たばこ税と消費税を合わせると約277円。

実に6割以上を税金が占めていることになります。

免税店で購入する場合は、これよりも安い値段で買うことができます。

通常、日本で購入する場合は4,000円以上かかるマイルドセブン1カートンが3,000円以下で購入することができます。

こういう事情を知っていますと、愛煙家の方は免税店でたばこを安く買い求めたくなります。

私も今は吸っておりませんが数年前は愛煙家でしたので、必ず購入していましたし、海外に行く会社の同僚に買ってもらったりしていました。

 

持ち込みの制限

「免税店でタバコが安く買えるのであればたくさん買いたい」と思う方も多いでしょう。

しかし税金を払わずに持ち込める量が規定で定められております。

『1人あたり日本製たばこ200本、外国製たばこ200本』が免税の範囲です。

タバコは1箱に20本入っているものがほとんどですので、免税範囲内の量は1カートン(10箱)ということになります。

ただし、日本製のタバコと外国製のタバコ2種類であれば合計2カートンが免税対象になります。

また夫婦で旅行している場合には2人分の量まで免税範囲となるため、日本製のタバコ2カートン、外国製のタバコ2カートン、合わせて4カートンが免税対象になります。

タバコを吸わない同行者に購入してもらうことでより多く購入することができるのです。

ただし、日本では未成年はタバコの免税は対象外となっていますので、家族で旅行しても、未成年のお子さんはタバコの免税対象者から外して考えるようにしてください。

 

免税範囲を超えた場合

免税範囲を超えてタバコを持ち出そうとした場合、1本につき11.5円かかります。

つまり1カートン(200本)分免税範囲を超えてしまった場合、超過料金として2,300円もの税金を払うことになります。

免税店での購入時の価格とあわせますと、日本国内で買うよりも割高になってしまう場合もありますのでご注意ください。

タバコに限らず、アルコールやブランド品の場合も免税範囲を超えた場合は税関で申告する必要があります。

もし免税範囲を超えてしまった場合は税関で申告しましょう。

空港で荷物を受け取り、最後に税関で「申告するものはないですか?」と聞かれるので「あります」と答えます。

もしも無申告が判明しますと、別室で事情徴収され、罰金を払わなければなりません。

楽しい旅行が最後に嫌な思いをしてしまうことがないように、免税範囲を超える場合はきちんと申請しておきましょう。

 

 

▼こちらもチェック

電子タバコは飛行機の機内持ち込みができるのか?

海外旅行のショッピングで免税店を賢く使うコツ

海外旅行先でのお土産選びに注意!日本への持ち込み禁止6品目

海外旅行時の外貨両替はいつどこでするべきか?レートがお得なのは?

国際線機内持ち込み手荷物の注意点(個数、サイズ、重量、液体等の制限)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング