飛行機の出発前、空港で保安検査場を通るとき、少し緊張したりしませんか?

セキュリティゲートを通る際、またはカバンが金属探知機を通った際に、ピーピーとアラームが鳴り響くと、何が引っかかったのかと慌てることも。

しかし、保安検査場は、しっかり確認さえすれば怖くありません。

引っかからずに通れるように保安検査場での注意するポイントをお伝えします。

 

チェックインのタイミング

手荷物検査は、チェックインカウンターで搭乗手続きを終えた後に行います。

目安として、出発の15分程前までに検査を完了しておきましょう。

LCC(格安航空会社)の場合は、搭乗口まで距離があることが多いため、出発の30分前には終わらせておきましょう。

ピークシーズンは保安検査や出国手続きに長い列ができますので、チェックインを済ませたら、混雑を避けるためにもなるべく早く保安検査場に向かいましょう。

 

金属探知機での注意点

スムーズに検査を受けるためには、金属類は全て外しましょう。

ベルトのバックル部分や、ジッパー式の上着などにも金属探知機が反応することがありますので、脱いでから検査を受けてください。

できればベルトや金属ジッパーの付いていない、なるべくラフな服装で搭乗するのが手っ取り早いです。

ケガの治療などで体内に金属を埋め込んでいる方は、先に保安検査の係員に申し出ましょう。

その部分に金属探知機が反応してしまう場合があります。

下記のものは、X線検査装置に備え付けのトレーに乗せてチェックを受けましょう。

・スマホ、携帯、時計などの電子機器類

・財布

・アクセサリなどの金属類

・その他ポケットのなかの金属類(小銭入れ・カギ・デジカメ・小物など)

・大きな金具(バックル)や金属の装飾の付いたベルト

特に海外の空港の場合、一度引っかかると、色々と質問されたり、念入りに検査されてしまうので、少々面倒になることもあります。

スムーズに通過する為にも、身に付けている金属は忘れず外しましょう。

 

カバンから取り出してチェックを受けるもの

財布などは手に持ってゲートを通過することはできませんが、カバンの中に入れた状態でチェックを受けるのはOKです。

下記のものはカバンの中に入れたままX線を通してしまうと、再度カバンの中をチェックされることになりますので事前に出して別々で通すようにしましょう。

・PC・タブレット・大型バッテリーなど電子機器全般

・虫除けスプレー、ヘアスプレー

・ライター(1人1個まで。2個以上持っていた場合はその場で放棄するように指示があります。)

・ヘアアイロン、コテ(ガス式の場合は、1人1個まで。)

・液体類→ペットボトル(開封後のペットボトルは通したあと液体物専用の検査機で検査します。)

カバンとは別に小物を入れるトレーが用意されていますが、保安検査場でひとつひとつ外して入れていると、後ろに並んでいる人や急いでいる人の迷惑になってしまいます。

事前に取り外しておき、ビニール袋などにまとめていれておくなどしておけば、保安検査場を抜けた後もスムーズに進めます。

 

持ち込み制限

下記のものは空港カウンターにて預け荷物として預けなければいけないものです。

つまり、 機内持ち込みとして保安検査場に持っていってはいけません。

・刃物類(ハサミ、カッター、果物ナイフなど)

・先の尖った物/バット類(キリ、ゴルフクラブ、野球バットなど)

・2個目以降のライター

・火薬類(花火など)

上記のような機内持ち込み制限品が保安検査場で見つかった場合、保安検査場では預かってもらえません。

放棄品として廃棄するか、チェックインカウンターに戻って再度預け入れをする必要がありますので注意しましょう。

そして金属類と同様、財布やカメラ、パソコンやタブレットは全て別のカゴに入れなければなりません。

検査の直前で手間取らない為にも、予め違うカバンに入れておき、そのままカゴに乗せられるようにしておくと便利です。

金属類や貴重品を前もって全てまとめておけば、とてもスムーズに検査が終わります。

国にもよりますが、眉毛などを抜くためのピンセットですら没収される国もあるので注意が必要です。

日本の保安検査より厳しい国もありますので、海外旅行に行く際は、より入念に持ち物をチェックしましょう。

 

薬を持って行く時の注意点

例えばアメリカでは、睡眠薬の一部が持ち込めません。

ロヒプノール(フルニトラゼパム)という睡眠薬は、日本ではメジャーなものですが、乱用する人が多いこともありアメリカには持ち込み禁止です。

この種類の睡眠薬を服用されている方は、代わりの睡眠薬を処方してもらいましょう。

また大量の常備薬を持ち込む場合、麻薬などの疑いを持たれ保安検査で捕まってしまいますと、大変なことになります。

大量の薬を服用していて、持ち込みに関して不安がある方は、あらかじめ医師に相談しておきましょう。

念のため、数千円で書いてもらえる英文の説明書をもらっておくと、何かあった時にスムーズです。

麻薬などの検査が厳しい国では、厚底の靴を履いていますと、底に隠しているのではないか?という疑いから、手荷物検査を受ける際にいちいち脱がなければならない場合があります。

手間を避けるためにも、スニーカーや革靴など、靴底の浅いものを選んで搭乗するようにしましょう。

 

まとめ

保安検査場入り口にも持ち込み禁止物や通してはいけないもの掲示されています。

改めてしっかり確認しておきましょう。

保安検査場を通過する際に、ボーディングパス(搭乗券)が必要となります。

保安検査場で外さないといけない装着物やカバンから出さないといけないものに気をとられ、ボーディングパス(搭乗券)をどこに入れたかを忘れて探し出す人も少なくありません。

ボーディングパス(搭乗券)は手元に用意しておきましょう。

少し面倒な手続きですが、保安検査場は私たちの空の安全を守ってくれるための大事な手続きです。

保安検査上の流れと係の人の案内に従い、スムーズに保安検査場を通過してまいりましょう。

 

 

▼こちらもチェック

国際線機内持ち込み手荷物の注意点(個数、サイズ、重量、液体等の制限)

液体物の機内持ち込み制限で注意すべきこと

モバイルバッテリーや電池は飛行機の機内持ち込みができるのか?

電子タバコは飛行機の機内持ち込みができるのか?

楽器を飛行機に持ち込むときの注意点とチェックポイント

エピペンを飛行機の機内に持ち込むことは可能か?

機内の過ごし方を快適にして長時間フライトを楽しむ方法

子供向けのチャイルドミール(機内特別食)は事前に手配を

飛行機内で食べられるスペシャルミール(機内特別食)

海外旅行時の外貨両替はいつどこでするべきか?レートがお得なのは?

入国審査の流れと注意事項 質問内容 英語表現

海外で携帯電話・スマートフォンを使うときは要注意

免税手続きでお得にお買い物 海外旅行における免税制度

空港の税関検査での注意事項 出国時と入国時の税関手続き

海外旅行で必ず準備すること11項目

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング