ホテルの朝食といえば、バイキング形式の食べ放題を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

海外のホテルの朝食は、提供される食事の内容によって呼び名が異なります。

 

コンチネンタルブレックファスト

火を通さない料理(コールドミール)を中心とした朝食。

パンやシリアルにハム、チーズ、フルーツ、ヨーグルトなど冷たい食べ物類に、コーヒーや紅茶などの飲み物がつきます。

中にはパン類にジャムとバター、飲み物だけのシンプルなメニューを提供しているホテルもあるようです。

 

アメリカンブレックファスト

コンチネンタルブレックファストのメニューに温かい料理(ホットミール)を加えた朝食。

スクランブルエッグをはじめとした卵料理やベーコン、ソーセージなどの肉料理が提供されます。

朝食を軽めに済ませたい方はコンチネンタルブレックファストで足りるかもしれませんが、しっかり朝ご飯を食べたいという方にはアメリカンブレックファストがおすすめです。

 

フルブレックファスト

イングリッシュブレックファストと呼ばれることもあるイギリスの伝統的な朝食の形式。

ベーコンにソーセージ、卵料理にベイクドビーンズ、トマト、マッシュルーム、パンなどが、ワンプレートにまとめられて提供されます。

品数が多く、見た目も豪華。

ボリュームがあるため、しっかり朝食をとりたい人におすすめです。

 

ビュッフェスタイル

テーブルに並べられた料理から、食べたいものだけを皿に取り分けていただくスタイル。

さまざまな料理を、好きなだけ楽しめるのが魅力です。食べ放題ゆえについつい欲張ってしまいがちですが、自分のお皿に取り分けた食事は残さずに食べきるのがマナー。

ちなみに、日本でビュッフェと同じような意味で使われる「バイキング」は、和製英語なので海外では通じません。

 

まとめ

旅行中は、普段の生活との環境が大きく変わるので想像以上に体力を使うものです。

普段、朝食は食べないという方も、朝食を食べながらその日のエネルギーを蓄えておきましょう。

プランをチェックするなど、いつもとは異なる朝時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

▼こちらもチェック

ホテルのルームタイプ(お部屋のタイプ)10タイプの特徴と違い

ホテルの客室からの眺望7種類それぞれの特徴

海外旅行のホテル選び・予約で失敗しない必ずおさえておきたい8つのポイント

海外旅行のホテルはどこで予約したらよいか? ホテル検索予約サイト各社比較

2018年注目の宿泊先ランキング

海外旅行を予約する時の3つの手配方法

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク