空港でチェックインする際、機内持ち込み手荷物と受託手荷物に分けることになります。

荷物によって、機内に持ち込むべきか、受託手荷物として飛行機に預けるか迷うこともあるかと思います。

今回は、そのなかでも液体物について注意すべき点をご紹介します。

 

液体物の機内持ち込み制限(国際線)

国際線ご利用の際、100ml(g)を超える容器に入ったあらゆる液体物は、航空機内への持ち込みが禁止されております。

ただし、パッケージに入れて持ち込みすることは可能です。

※100ml(g)=3.4オンス

 

手荷物として持ち込むための、パッケージ方法について

・20cm×20cmのジッパーのついた透明のビニール袋に入れる(1人1袋)

・個の液体容器は100ml又は100g以下

上記2つの条件を満たしていないと機内には持ち込みができません。

 

検査の対象になる液体物について

以下の物品も持ち込み制限の対象となる液体物に分類されます。

飲料類、クリーム・ローション・オイル類、香水、スプレー、シャンプー類、シェービングフォーム、防臭剤等のエアゾール類、歯磨き粉等の練り状物、半固形物等

100ml(g)を超える場合は保安検査場で放棄していただくことになりますので事前に確認が必要です。

例外で以下のものは持ち込み可能です。

機内で必要分の医薬品、ベビーミルク、ベビーフード、特別な制限食は、液体物用の袋に入れなくても持ち込みできます。

但し、医療品の場合は処方箋の写しや診断書が必要です。

また、ベビー用品は乳幼児が一緒の場合に限ります。

上記が代表的な対象液体物ですが、上記以外にも該当する液体物がありますので、詳しくは成田空港ホームページの「液体物の持ち込みについて(国際線)」でご確認ください。

成田空港ホームページ 液体物の持ち込みについて(国際線)

 

ミネラルウオーターを機内に持ち込む場合

出国手続き前に購入したミネラルウオーターは、ペットボトルが液体物持ち込み制限に該当するため、航空機内に持ち込めません。

国際線を利用する際、航空機内には100ml(g)を超える容器に入っている液体物は、持ち込みが禁止されています。
したがって、家などから持参したペットボトルは、出国手続きの際に処分しなくてはなりません。

但し、出国手続きの手荷物検査を終えてから、飛行機に搭乗するまでの間に購入したペットボトルは機内に持ち込めます。

航空機において、最も大事なことは安全な運行が保証されることです。

出国手続きでは保安検査によって、危険なものや不審物などを機内に持ち込まないようチェックを徹底し、安全な運航が担保されます。

出国手続きが終わった後のクリーンエリアで購入したミネラルウオーターなどは、航空機への持ち込みが可能なのです。

 

ミネラルウオーターをスーツケースにいれていく事は可能?

軟水に慣れている日本人が硬水のミネラルウオーターを飲むと、人によってはおなかを壊してしまう場合があります。

おなかが弱くて心配という方は、もしもに備えて軟水のミネラルウオーターを少し多めにスーツケースに入れましょう。

航空会社のチェックインカウンターで、ペットボトルが入っているスーツケースを預かり荷物として取り扱ってくれます。

但し、無料で預け入れできる荷物の重量制限には注意が必要です。

目安として一つの荷物につき、20キロ前後の場合は無料で持ち込み可能ですが、航空会社やクラスによって許容量が異なるため事前にチェックするようにしましょう。

ペットボトルのミネラルウオーター1.5Lの重量は1600グラムほどなので、スーツケースに入れすぎると重量の制限を超えてしまうこともあります。

スーツケースに入れるミネラルウオーターの本数には注意しましょう。

 

まとめ

受託手荷物の重量制限もありますので、ご自身の荷物とのバランスを考えて判断しましょう。

また、帰りは現地で購入するお土産などで、ほとんどの方は荷物の量が増えてしまいますので、帰りのことも頭に入れて検討しましょう。

私はいつもペットボトルを持って空港に行くのですが、保安検査場で一気飲みするか、飲みきれない時は捨てる羽目になっています。

また、乗継便では、免税店の液体物が没収になってしまうこともありますので、乗り継ぎのある時はご注意ください。

 

▼こちらもチェック

エピペンを飛行機の機内に持ち込むことは可能か?

モバイルバッテリーや電池は飛行機の機内持ち込みができるのか?

海外旅行でベビーカーは持参するべきか?レンタルするべきか?機内でのオムツの交換は?

電子タバコは飛行機の機内持ち込みができるのか?

航空券予約から空港での搭乗手続きを行うまでの流れ

空港の保安検査で手荷物検査に引っかからずに通過する方法

国際線機内持ち込み手荷物の注意点(個数、サイズ、重量、液体等の制限)

空港の税関検査での注意事項 出国時と入国時の税関手続き

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク