海外航空券には大きく分けて4つに分類されます。

・正規航空券(ノーマル航空券)

・IATAペックス航空券

・ゾーンペックス航空券(正規割引航空券)

・格安航空券(IT航空券)

単純に安ければ良いというものでもなく、安ければそれなりの制限があります。

それでは、航空券それぞれの特徴について見てみましょう。

 

航空券の種類

正規航空券(ノーマル航空券)

ファーストクラス・ビジネスクラス・エコノミークラス

1年間有効、予約変更・経路変更・航空会社の変更・払い戻しなどが可能。

すべての航空券の基本になるのがこの航空券。時期、季節による料金の変動はなく、どこで購入しても金額は一緒。

 

IATAペックス航空券

エコノミークラス

IATA加盟全航空会社共通の特別運賃。

予定にあわせてどんな航空会社も利用できるため、周遊旅行などには便利。

金額はゾーンペックスや格安航空券よりも割高。

予約変更・経路変更などはできない。

※IATA(International Air Transport Association)は日本名で国際航空運送協会で、1945(昭和20)年に世界の航空運輸関連企業の団体として設立されました。国際線を運航する航空会社のほか、旅行会社、旅行関連企業が加盟しています。

 

ゾーンペックス航空券(正規割引航空券)

エコノミークラス ※一部ビジネスもあり

各航空会社が独自に運賃を決めている正規割引運賃。

また、ゾーンペックスには早期予約・購入することにより更に割安になる「早割」運賃もある。

「早割」は運賃が安い分、発売期間や購入期限の制限が厳しく設定されている。

原則的に予約変更・経路変更は不可。(予約変更は出来る場合もある)

最近では、金額的にかなり割安な運賃が設定されてきており、格安航空券との差は縮んできている。

 

特徴

・IATAペックスとは異なり、往復とも同一航空会社利用が原則。

・便名指定が事前にできる。座席の指定ができるものもある。

・マイレージの獲得が確実。

・航空会社でも旅行会社でも購入できる。最近では航空会社のWEBサイトからの購入も可能になっているところも多い。

・ピーク時期でも予約が取れる。(正規割引航空券だけにピーク時の予約・キャンセル待ちの順位が高い)

・予約後72時間以内に購入しなければならない。

 

格安航空券(IT航空券)

エコノミークラス、ビジネスクラス

価格が安いことから人気の格安航空券。

もともとは、旅行会社がパッケージツアー用に利用している団体運賃の航空券を個人に販売しているもの。

そのため、制限はパッケージツアー用というのが基本になるため、帰国便を確定した短期間のFIXタイプの航空券が主流だが、有効期限が長いものや、帰国便が変更可能なもの、片道航空券など様々な種類がある。

金額的には破格のものが出回る時もある反面、繁忙期などはほとんど取れない上に高いなど、常に需要と供給のバランスで成り立っている。

 

特徴

・値段が安い

・旅行会社でしか購入ができない。

・金額や制約・販売の仕方や内容も各旅行会社によってまちまち。

・取り消しには旅行会社所定の手数料がかかり、原則的に払い戻しはできない。

 

▼こちらもチェック

ペックス航空券と格安航空券の違いと購入方法

各種航空券の比較
航空券種 料金設定 料金傾向 発券期限 座席指定 キャンセル料発生
正規航空券 航空会社 料金は一定 特になし 事前に指定可能(一部不可) 特になし
IATAペックス航空券 IATA 出発より前であればあるほど安い 原則予約後72時間以内 事前に指定可能(一部不可) 発券後(航空会社の規定による)
ゾーンペックス航空券 航空会社 出発より前であればあるほど安い 原則予約後72時間以内 事前に指定可能(一部不可) 発券後(航空会社の規定による)
格安航空券 旅行会社 出発間際でも料金が安いこともある 航空券により異なる 空港でのチェックイン時(一部事前に指定可能) 旅行会社の規定による

※正規航空券のキャンセル料はかかりませんが、手配先の会社で手続き料金としてチャージがかかる場合がございます。

 

航空券・航空業界用語

OPENチケット

出発後に帰国日の変更が出来る航空券。(出発前に帰国日の確定の必要がない)

・14OP:現地滞在期間が最大14日間。

・1MOP:現地滞在期間が最大1ヵ月間。

・1YOP:現地滞在期間が最大1年間。

 

FIXチケット

出発前に利用する全便の予約を確定し、出発後には帰国日の変更が出来ない航空券。

・14F:現地滞在期間が最大14日間。

・1MF:現地滞在期間が最大1ヵ月間。

・60F:現地滞在期間が最大60日間。

 

FIX OPENチケット

オープンチケットとほぼ同じですが、復路便の予約が事前に必要となります。

現地での日付の変更は可能です。(航空会社によって、変更に際するチャージ、規定等異なる)

・14FO:現地滞在期間が最大14日間。

・1MFO:現地滞在期間が最大1ヵ月間。

・1YFO:現地滞在期間が最大1年間。

 

ONE WAYチケット

片道航空券

一般的に目的地から第3国に抜ける航空券がないと入国が認められません。

復路の航空券または片道航空券ので入国可能なビザが必要となります。

※国によってビザなしで滞在可能な日数が決められております。

航空券の最大滞在日数と併せてビザなしで滞在可能な日数を予め確認しておきましょう。

 

オーバーブッキング

航空会社が座席数以上の予約を引き受けている状態で、予約済にもかかわらず、搭乗できないことがあります。

当日に航空会社側で予約済みのお客様に特典を条件に日付の便や日付の変更やビジネスクラスへの誘導などして調整を行います。

 

TAX

出国税、税関使用料、空港利用税など。(航空券発券時に払う場合と、現地空港で各自払う場合がある)

 

ストップオーバー(途中降機)

目的地の途中、または帰りに立ち寄った空港(都市)において24時間以上滞在すること

 

トランジット

飛行機の乗り継ぎのこと。(通常24時間以内の乗り継ぎ)

 

オープンジョー

到着地と現地出発地が異なり、都市間の移動の航空券が付いていない ルートのこと。

 

E-チケット

従来の航空券に記載されている内容を、紙の代わりに航空会社のシステム内に記録させるエレクトロニック・チケット(電子航空券)という新しいタイプの航空券。

E-チケットは航空券を持たずに旅行することが可能なため、航空券の紛失・盗難に遭う危険がありません。

 

まとめ

航空券の値段が高くなれば制約が緩くなり、値段が安くなれば制約が厳しくなります。

ご自身の旅行プランと予算のバランスを考えて検討してきましょう。

 

▼こちらもチェック

格安航空券 おすすめの検索サイト・比較サイト ランキング

飛行機の子供料金の年齢は何歳から? 大手航空会社とLCC(格安航空会社)の違いは?

海外航空券の予約手配で気を付ける5つのポイント

旅行の予定を変更しなければならなくなった時の対処方法

航空券の名前・性別等間違えてしまった時の対処方法

航空券予約から空港での搭乗手続きを行うまでの流れ

台風や機材故障で欠航になった場合の対処方法

格付け航空会社ランキング2017

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク