海外旅行保険について気になる方も多いと思います。

どの補償を重視するのか人それぞれ違いますし、保険に加入する方の年齢や人数、行き先や日数によっても異なります。

どこで相談して、どこで加入したらよいのか。

海外旅行保険に加入するには主に3つの方法がありますのでご紹介します。

 

事前に旅行会社または保険会社で加入

旅行会社や保険会社の窓口であれば、詳しく説明を聞くことができますので、自分に合ったプランを見つけることができます。

旅行会社の場合、数社の保険会社を扱っていることもありますので、選択肢が広がります。

また、その旅行会社に旅行を申込していなくても保険のみ申込むこともできます。

インターネットでも様々な海外旅行保険を検索することができます。

保険会社によってプランも料金も異なりますので、自分で調べて比較しながら探すことになります。

窓口を通して予約するよりも料金は安くなりますが、窓口で申込できる補償内容と異なることもあり、初めての方は窓口で相談してから決めることをおすすめします。

 

当日空港で加入

海外旅行保険の予約を忘れてしまった時は、出国前の空港で加入することも可能です。

保険会社のカウンター、またはATMのような機械で簡単に加入することができます。

ただし、選択できるプランが少なかったり、値段も高かったりすることがあります。

前日までに加入しておけば、当日、空港までの移動中に交通事故などのトラブルに見舞われた場合も補償対象となります。

また、当日空港で入るつもりだったけど、忘れてしまった、バタバタしてて加入する時間が無かったとなるケースも多いので、やはり事前加入がおすすめです。

空港加入は割高だからといって、加入しないという判断はせず、まだ間に合ってよかったと前向きにとらえて旅行前の安心感を買っておきましょう。

 

クレジットカードの付帯されている保険

クレジットカードには海外旅行保険が付帯されていることもあります。

その付帯サービスも、カードを保有しているだけでいざというときに補償してくれるのは「自動付帯」と旅行費用をそのカードで支払った時のみ補償してくれる「利用付帯」の2種類があるので、所有しているカードがどちらなのか事前に確認しておきましょう。

カード付帯の保険内容では充分な補償を受けることができないこともあるので、不足を感じる部分を別途に保険会社で加入することもできます。

また家族旅行の場合、同行する家族も補償対象かどうか気になるかと思います。

補償の対象になるのは基本カードの名義人のみで、家族は対象になりません。

しかし、中には家族も補償の対象となるカードがありますので、カード会社に家族も補償の対象になるかどうか確認してみましょう。
補償対象外であれば別途に加入することもできます。

しかし、ちょっと想像してみてください。

恐らく保険を使わなければならない時は自分がピンチの状況であり、緊急性のある状況が想像できます。

その際の対応のスピード感がとても大事になりますので、加入する保険会社を複数に分けてしまうのは、対応が後手になってしまうことがあります。

的確にスピードを持って対応してくれる信頼できる会社で予約することをおすすめします。

 

まとめ

万が一に備え、安心してご旅行を楽しんでいただくためにも大切な海外旅行保険です。

しっかりと検討して準備してまいりましょう。

 

 

▼こちらもチェック

海外旅行保険に備える3つの理由

海外旅行保険各社の特徴と比較

もし海外旅行保険に入っていなかったら・・・(トラブル事例)

海外でレンタカーを利用する際の基礎知識と注意事項

海外で携帯電話・スマートフォンを使うときは要注意

海外旅行時の外貨両替はいつどこでするべきか?レートがお得なのは?

空港の保安検査で手荷物検査に引っかからずに通過する方法

国際線機内持ち込み手荷物の注意点(個数、サイズ、重量、液体等の制限)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング