旅費全体から見ると、結果的に何もなければ「無駄だったかも」と思いがちな海外旅行保険。

私が旅行会社勤務をしていて、お客様が現地で見舞われるトラブルをたくさん見てきました。

そのなかで、海外旅行保険に入っていてもらってよかったと思った主なケースをご紹介します。

 

空港でのトラブル

海外旅行では飛行機に関するトラブルも起こりえます。

例えば、空港で預けた荷物が行方不明になってしまうロストバゲージや荷物の到着遅れ、荷物の破損などのトラブルです。

海外旅行保険に入っていれば、トラブルによって余計にかかってしまうホテル代や食事代、移動までの交通費など補償してもらえます。

保険プランに航空機遅延費用の有無が選択制となっているケースも多いので、海外旅行保険を選ぶときに確認していきましょう。

 

慣れない環境による体調不良・想定外の病気

いつもは健康な方でも、海外での慣れない環境ではストレスなどから体調を崩してしまうことがあります。

海外旅行中に急な病気で病院に行く場合、日本の医療保険は適用されません。

すべてを自己負担となってしまい、かなりのお金がかかります。

更に、現地の言葉を話せなければ、自分の症状を伝えることができず困ってしまいます。

海外旅行保険に加入していれば、現地で体調が悪くなったときでも加入している保険会社に連絡をとれば、通訳と送迎車が迎えにきてくれます。

病気になった本人は、パスポートと海外旅行保険の証券を持って病院に行くだけでよいのです。

また、保険会社にってはキャッシュレスで対応できる場合もありますので、その場合は現地でお金を払う必要がなく、病院が保険会社に直接お金を請求してくれるので非常に助かります。

 

事故

日本より治安の悪い国も多い海外。

発展途上国に行けば、日本人=お金持ちのイメージを持たれていて狙われるケースもあります。

知らない土地でトラブルに巻き込まれたらあなたはどうしますか?

例えばスリの被害や、事故に遭ったなど、不測の事態が発生することがあります。

海外旅行でスリ被害に遭った場合など、海外旅行保険に加入していればその被害額を補償してもらうなどのサポートを受けられます。

海外旅行保険ではケガや病気、盗難、賠償事故に関する金銭面の補償だけでなく、現地で困ったときに24時間日本語対応の手厚いサポートが受けられる会社もあります。

いくら本人が気を付けていても巻き込まれるトラブルもあるものです。

安心して海外旅行をお楽しみいただけるよう、是非海外旅行保険に加入しておきましょう。

 

▼こちらもチェック

海外旅行保険3つの加入方法

海外旅行保険各社の特徴と比較

もし海外旅行保険に入っていなかったら・・・(トラブル事例)

台風や機材故障で欠航になった場合の対処方法

海外旅行中に犯罪(盗難、スリ、置引、スキミング、車上荒らし)被害を防ぐ防犯対策

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク