海外旅行中に犯罪(盗難、スリ、置引、スキミング、車上荒らし)被害を防ぐ防犯対策

旅の手続き 旅の手続き(渡航中) 旅の手続き(渡航前)

日本は世界の国々から考えると驚くほど安全な国です。

落とし物がそのまま手元に返ってくるなど、その安全さがうかがい知れるエピソードは少なくありません。

しかし、安全な暮らしに慣れた日本人は、海外旅行でのトラブルや犯罪に巻き込まれることも多く、狙われやすいのも特徴です。

今回は、日本人が被害に遭うことの多い犯罪事例と被害を防ぐ防犯対策をご紹介します。

海外旅行前には具体的な犯罪の事例に目を通し、知識を身につけておきましょう。

 

スキミング被害

海外旅行においてクレジットカードは必須のアイテム。

使用する機会も少なくないでしょう。

使う機会が多いほど、カード関連の被害にあう可能性は高くなります。

スキミングとは?

スキミングとは、クレジットカードのデータを読み取り悪用する犯罪です。

本人の知らぬ間にクレジットカードのデータが読み取られ、それを元にカードが複製されます。

その後、複製されたカードを利用して高額な物を購入されたり、キャッシングされたりして、結果的に高額の請求がクレジットカード会社から届くという流れになります。

スキミング対策1:クレジットカードは怪しい場所では極力出さない

対策としては、信頼のおける場所以外でのクレジットカードの利用を避けること。

個人商店などを利用する際には現金を利用し、高額な買い物は控えることが大切です。

カードを使わない場合も不意に取り出したりしないなど、他人の目に触れさせないことも大事です。

使わなければいけない場合には、必ずカードリーダーを自分の目の前で使用しているのを確認しましょう。

また、暗証番号は絶対に他人には教えないようにしてください。

ただしこのような対策を行っていても本人の知らぬ間にデータが盗まれるケースがあります。

そのため次のような対策も必ず行ってください。

スキミング対策2:利用控えを保管する

カードを使用した場合は使用した際の控えを請求日まで必ず保管します。

そして、インターネットで自分の利用履歴を確認できるように設定しましょう。

カードを使用した際に通知がくるように設定するのも有効です。

こまめに利用履歴を確認しておけば、自分以外が利用したこともすぐに気がつきますので、カード会社に連絡をし、不正利用分の支払いを行わないような交渉につなげることができます。

カード情報はどこでどのように悪用されるか想像はつきにくいものです。

自分の利用履歴はこまめに確認するようにしましょう。

 

スリ・ひったくり

諸外国では日本人はお金を持っている、というイメージを人もいまだに少なくありません。

ノートパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器や、日常的に使用するブランド物のカバンやアクセサリーなど、高価な品物を持ち歩くのは注意が必要です。

注意を怠るとスリやひったくりの犯罪被害に遭いやすくなります。

スリ対策1:行動パターンを変える

このような犯罪から身を守るためには、自分の行動を犯罪者に把握されないことが大事です。

・宿泊先に戻るときに同じ時間やルートを通るのを避ける。

・歩きスマホは注意力を散漫にするため控える。

・スマホでの写真撮影をむやみに人に依頼しない。

・ズボンのお尻のポケットに財布を入れて持ち歩かない。

以上のことは強く意識しておくようにしましょう。

スリ対策2:万一被害に遭ったら

スリやひったくりにあった場合、絶対に犯人を追いかけてはいけません。

日本と違って国によっては銃社会であったり、ピストルやナイフなどの凶器を持っていたりする場合もあります。

犯罪者を追いかけることで命の危険にさらされるケースもあるのです。

特に混雑する観光地での写真撮影は要注意です。

カメラと撮影対象のポイントに目線と意識が集中しますので、目線から下がノーマークになります。

肩掛けバッグやウエストポーチから貴重品を盗まれるケースが多いので、観光や撮影するときは気を付けましょう。

▼こちらもチェック

海外旅行中にスリ被害に遭いやすい人の特徴と12の防犯対策

 

置引

駅やバスターミナルなどで自分の足元においたものがいつの間にか無くなってしまった。

飲食店でテーブルの上に置いたスマホが目を離したすきに盗まれてしまった。

このような犯罪被害が置引です。

置引対策:持ち物から目を離さない

置引を防ぐには、自分の持ち物からは絶対に目を離さないようにすること。

カフェなどの店内で不必要にテーブルの上にスマホなど貴重品を置かないといった対策しかありません。

海外ではいつでも犯罪者に狙われる可能性があります。

そのため、どんな時でも自分の持ち物はしっかり管理をするようにしてください。

 

車上狙い(車上荒らし)

また、停止中の車の中やトランクから物品を盗むのが車上狙い(車上荒らし)です。

レストランでの食事やスーパーなどでの買い物の際に、車を停車させたわずかな時間のうちに車内においてあった貴重品が盗まれるといった事例があります。

また、車のウインドーからは透けて見えなくても、金属探知機を使うことによってトランク内に貴重品があることがわかり、トランクをこじ開けて盗むという手口もあるようです。

車上狙い対策:大事なものはすべて持ち出す

ちょっとした時間でも車を離れる際は、取られると困る物は放置してはいけません。

特に免許証や宿泊先のカギなど車外では使わないもの、またスマホや財布など車内に置き忘れそうなこまごまとした物は注意です。

レンタカーを借りて旅行をする人は、特に気をつけましょう。

 

詐欺

楽しい旅の途中では、ついつい隙が生まれがちになるものです。

私も学生時代ですが詐欺に遭遇したことがありますので、一つ事例を紹介します。

詐欺の実例:タイでのシルク屋詐欺

タイに渡航した際、タクシーの運転手にお勧めの観光地を聞いたところ、とある寺院を紹介して連れていいてくれました。

タクシーから降りると、寺院の入口には警備員の格好をした男性が立っており、受付場所を聞くと、「今日は休みです。代わりにおすすめのシルク屋を紹介しよう。」というのです。

仕方ないので、別の場所へ移動するために、再度タクシーを探そうとしたところ、偶然に目の前にタクシーがやってきました。

先ほどのタクシーとは別のタクシーです。

乗車すると、先ほどの寺院の話と休みの理由を話してくれました。

すると、また先ほどの警備員と同じお土産の話をしてきたのです。

私は事前にした下調べしていたガイドブックの詐欺事例と同じパターンだと気づくことが出来ました。

運転手は私が拒否しているにもかかわらず、強引にシルク屋に連れていこうとしています。

お土産屋に到着してしまうと、更に危険な人物が待っているのではと思い、少し声を荒げて無理やり降車しました。

今回3人(寺院の連れてきたタクシー運転手、寺院の警備員、シルク屋に連れていくタクシー運転手)の人物が詐欺に絡んでおりました。

最初は全く無関係の3人だと思いましたが、詐欺と分かり、この3人が連携しているのだと気づきました。

知らない人からの話で怪しいと思うものも、何人かの人からおすすめされると、本当かなと信じてしまう方もいるでしょう。

詐欺対策:おいしい話や知らない人からのおすすめ情報にはのらない

相手に分からないようにしながら、集団で連携して近寄ってくるパターンもありますので、おいしい話や知らない人からのおすすめ情報には充分気を付けましょう。

少しでも怪しいと感じたら目を合わさずに無視しましょう。

怪しい人に絡まれてしまった場合は、日本語で反論してみましょう。

通じなくても迫力が伝われば回避できる可能性もあります。

また危機を感じたら大声で片言の英語でもいいので助けを求めましょう。

 

まとめ

楽しい旅を実現するためには、自分の身を守ることも大事です。

そのためには、多少面倒かもと思うような対策もしておくに越したことはありません。

最後に以下、7つの対策を意識してみてください。

・お金は1ヶ所だけにまとめて持たない。

・自分で持つなら肌身離さない

・貴重品の出し入れ現場を他人に見られない

・ホテルの部屋に置かない

・セフティボックスに預ける

・日本と違うという意識を持つ

・事前に渡航先の安全情報を調べる(知る)

特に海外では貴重品等は狙われやすいため注意が必要です。

盗まれたものは戻ってこないと思っておいたほうがよいでしょう。

 

▼こちらもチェック

海外旅行中の貴重品管理に役立つ防犯対策と防犯グッズ

海外旅行中に犯罪(盗難、スリ、置引、スキミング)被害を受けた場合の対処方法

海外のホテルに荷物は置きっぱなしにしない! 防犯対策でするべきこと7項目

海外旅行で使える英会話(ホテルでのトラブルやクレームで使えるフレーズ)

海外旅行で必ず準備すること11項目

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク

ページの先頭へ