海外旅行に行きたいと思っても、どうやって手配しようかと悩む方もいらっしゃると思います。

旅の種類は大きく3つに分類されます。

・募集型企画旅行(パッケージツアー)

・受注型企画旅行(パッケージツアー)

・手配旅行

 

募集型企画旅行(パッケージツアー)

一般的に「パッケージツアー」といわれているもので、旅行会社が訪問地やルート、期間、旅行代金などを決めて販売し、参加者を募り実施します。

航空券とホテル、送迎など、旅行に必要な手配がパッケージされています。

ツアーによって添乗員の有無や、滞在プランも観光またはフリーで選べたりすることができます。

メリット

ホテル・航空券・観光ルート等に団体割引が適用されるので、内容の割りにお得に旅行にいける。

現地でのバス等の手配や、観光地巡りなどがセットになっているため、効率よく廻れる。

「旅程補償」などのいざという時の補償がある。

デメリット

交通手段(バス・飛行機等)や施設(ホテル・食事)、観光地での滞在時間等が決められているため、個人の希望通りにいかないことがある。

募集型企画旅行のポイント

募集型企画旅行の場合、旅行会社は旅行が予定通り実施されるための責任があるため、突然の事故などに適用される「特別補償」や、航空会社やホテル等のオーバーブッキング(過剰予約)により契約内容が変更された場合に支払う「旅程補償」が義務付けられます。

こんな方におすすめ

・海外には行ってみたいけど自分で航空券やホテルを手配が心配。

・初めての海外旅行でよく分からないから、日付と方面だけ決めて、飛行機やホテルはおすすめを教えてほしい。

・旅行中のトラブルなど何かと心配な方。

・調べたり、手配が面倒だからおすすめを教えてほしい。

 

▼こちらもチェック

ルームタイプ(お部屋のタイプ)10タイプの特徴と違い

ホテルの客室からの眺望7種類それぞれの特徴

 

受注型企画旅行(パッケージツアー)

旅行者の希望に応じて、旅行会社が旅行を企画します。

その企画旅行に対し、手配費・旅行企画費等を包括料金で契約を行うオーダーメードツアーです。

メリット

自分の希望に沿った旅行を旅行会社が企画してくれるので、旅程に費やす時間が省ける。

プロのノウハウで希望に近い旅行を企画してもらえる。

「旅程補償」などのいざという時の補償がある。

デメリット

募集型企画旅行(パッケージツアー)に比べ、割高になることが多い。

受注型企画旅行のポイント

2005年4月の旅行業法改正により、受注型企画旅行の扱いは、パッケージツアー(募集型企画旅行)とあまり変わらなくなりました。

旅行会社は「旅程管理責任」、「旅程補償管理」、「特別補償責任」といった責任が義務づけられるようになり、自分の

希望に近い旅行をプロにおまかせできる旅行契約です。

こんな方におすすめ

・自分の希望するツアーが見つからないので、旅行会社と相談してツアーを企画したい。

・社員旅行や団体旅行の幹事をすることになったので自分たちの希望する旅行を相談したい。

 

手配旅行

航空券やホテルなど自分が必要なものだけを手配する旅行です。

自分の旅行スタイルに合わせた手配ができます。

メリット

自分の希望に沿って手配をしてもらえるので、希望に近い旅行ができる。

デメリット

希望のパーツを組み合わせていくので、パッケージツアーに比べて料金が高くなることもあれば、旅行の組み方によってはもっと安くすることもできる。

料金重視の場合、企画旅行と手配旅行のどちらが安くなるか、それぞれ見積もりを算出して比べる必要があるので調べるのに時間がかかる。

旅程補償、特別補償などの補償がない。

手配旅行のポイント

手配旅行の場合、旅行者の依頼を受け旅行会社は手配のみ代行します。

よって、仮に満席・満室・休業等で予約が取れなくても予約の際にかかった通信料などの諸手数料を要求される場合もあります。

また、旅行中に起きた事故・旅程の変更等も、その原因が旅行会社のミスである場合を除き、すべて旅行者の自己責任となります。

こんな方におすすめ

・航空券はマイレージを使って、ホテルのみ手配をしたい。

・ホテルは現地に着いてから手配するので、航空券のみ事前に予約したい。

 

▼こちらもチェック

海外航空券の予約手配で気を付ける5つのポイント

格安航空券 おすすめの検索サイト・比較サイト ランキング

海外旅行のホテルはどこで予約したらよいか? ホテル予約サイト各社比較

まとめ

契約成立後の変更、取り消しには取消料や変更手数料がかかります。

旅行の種類や会社によって補償や条件など異なりますので申込みの際には必ず確認しておきましょう。

手配旅行の場合は、航空会社やホテル側にかかる取消料のほか、手配会社の取消手続料金がかかります。

どちらの方法がいいのか、そもそも分からない方は、旅行会社に相談してみましょう。

旅行会社であれば、企画旅行、手配旅行どちらも手配できますので、ご自身の状況と目的に合った手配をアドバイスしてくれることでしょう。

 

 

▼こちらもチェック

海外旅行で必ず準備すること11項目

パスポートの取得と更新方法

海外旅行保険3つの加入方法

海外旅行保険に備える3つの理由

海外でレンタカーを利用する際の基礎知識と注意事項

海外旅行でベビーカーは持参するべきか?レンタルするべきか?機内でのオムツの交換は?

子どもの飛行機1人旅の搭乗サポート アナカン(アナカンパニード・マイナー・サービス)

電動車椅子を飛行機に持ち込むときの注意点とチェックポイント

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング