海外旅行先で体調を崩したときに役立つ医薬品。

風邪薬や頭痛薬、痛み止めは、常備薬として持参している方も多いと思います。

今回は、海外旅行に必要な薬の種類、持っていって役に立つ薬をご紹介します。

 

病気への備え

海外旅行先で体の具合が悪くなるのは、意外とよくあるものです。

それは、気が付かないうちに、気力体力共に相当なエネルギーを使っていることや、気候による変化、食べ物、水など多くの原因が考えられます。

そんな時に薬を持参しておくと、多くのケースで大事にいたらないでしょう。

もちろん現地で薬を購入する手もありますが、やはり言葉も通じない慣れないところでは困難なので、ある程度は持参した方がいいでしょう。

薬の中でも用意しておきたいのが、胃薬、整腸剤(下痢止め含む)、鎮痛剤、総合感冒薬でしょう。

旅行先のおいしい食事を食べまくって、胃の調子が悪くなることがあります。

また、日本ではまったくお腹を壊したことがない人も、海外では水が合わずに調子が悪くなる人が多いです。

突然の頭痛や腹痛、発熱、歯痛や二日酔いの頭痛には鎮痛剤が、そして、旅行前に休みを取るために無理をして、風邪を引いてしまうなんてことも多いので、総合感冒薬が活躍します。

その他には人によって持病やよく起る症状などに合わせて、持って行くと安心です。

例えば、咳止め、鼻炎の薬、酔い止めなどは必要な人も多いのではないでしょうか。

それらの薬は普段から病気になったときに、多めに貰って保存しておくとよいでしょう。

もし何人かのグループで旅行に行くのなら、それぞれが分担して持って行くと、荷物と費用を減らせます。

▼こちらもチェック

旅行者下痢症に注意! 海外旅行でお腹をこわす原因と予防策

 

怪我への備え

病気に比べ、旅行先で怪我をすることはあまりありません。

アクティブなスポーツをする場合などは考えられますが、観光のみの旅行では機会は少ないです。

その中でもよく使うのが絆創膏です。

観光だけとは言え、遺跡見学など山に登ったりすると、ちょっとした怪我はやはり起りうるので、常に携帯しておくことをオススメします。

その他、捻挫もよくあります。

海外では道路の状態が悪い場合が多いので、軽く挫いてしまう場合があります。

湿布やテーピングなど最低限あれば安心でしょう。

また、日本と違って衛生状態が悪い場所もあるので、消毒液も持って行きましょう。

大きな怪我は病院に行くことになりますから、後は応急手当が基本になると思います。

 

その他の備え

海外で意外とよく使うのが、虫除け、虫さされの薬、のど飴、外用消炎鎮痛剤(筋肉痛、腰痛などに使用)、ビタミン剤です。

虫除けなどは暑い地域に行く時にはあると安心です。

また、海外は日本よりも乾燥している地域が多いので、喉がつらくなる場合が多いようです。

目薬やローション、ハンドクリームなどがあってもいいでしょう。

そして、外用消炎鎮痛剤は、旅行で疲労した体を少しでも回復に導いてくれます。

飛行機で長時間座ることによる腰痛、カメラやガイドブックなど思いのほか重い荷物の為に起る肩こり、長時間の観光による足のむくみ、それらの症状は少なからず起きてくると思いますので、あれば重宝します。

また、ビタミン剤などの疲労回復に役立つものも併用して使用すると効果的です。

外用消炎鎮痛剤は貼り薬でもよいのですが、ジェル状のものをオススメします。

少量に分けて詰め替えて持って行くと、コンパクトで経済的です。

ビタミン剤は疲労回復には役立ちますが、高価なのが難点です。

私は、ビタミン剤の代わりにカリカリ梅を持っていきます。

梅のクエン酸成分が疲労回復に役立ちます。それ以外に食欲増進、酔い止めにも役立ちます。

それに一袋百円程度なので、多めに持っていって余っても惜しくありません。

 

目薬も必需品

海外旅行中、もっとも疲れやすいのは脚だと思われがちです。

確かに、旅行中は普段の生活と比べて歩く頻度は多いので疲れやすいのですが、実は想像以上に「目」も疲れています。

旅行では景色を見たり、知らない土地なので地図を見たり、お土産探しに周りを見たりと、知らず知らずに目を酷使しているので、目は疲れるはずです。

そこで重宝するのが目薬でしょう。

市販されている目薬の多くは、目に潤いと栄養を与えるものと効能が記載されています。

翌日に目の疲れを持ち越さないためにも、目薬を必需品リストに加えましょう。

 

花粉症とドライアイの方は必須

花粉症の方やドライアイの方は、目薬を持参することをおすすめします。

日本はスギ花粉、北米はブタクサ、欧州はイネ科と、国によって種類は違うものの、海外でも花粉症に悩む人は少なくありません。

渡航先で花粉症に悩まされ、せっかくの海外旅行が台無しになるのは避けたいものです。

花粉症に効く薬や目薬を医師から処方されている場合は、携帯しておくともしものときに役立つでしょう。

ドライアイの方は、渡航先の気候や飛行中の機内の乾燥を考慮して、保湿効果のある目薬があると便利です。

 

▼こちらもチェック

予防薬や持病の薬を飛行機の機内に持ち込むときに注意すべきこと

 

まとめ

旅行に出発する前には海外旅行で必要な薬を確認して、準備万端でお出かけください。

体質によって副作用などもありえるので、購入時には薬局など専門家のいるところで相談してから用意するとよいでしょう。

また、体調不良になってしまい、持ち込みの薬を服用しても、症状がよくならなかったり、ひどくなる場合には、早めに渡航先の医療機関を受診するようにしましょう。

日本国内では、健康保険証を見せれば全国どこの医療機関でも医療を受けられ、かかった医療費の3割を自己負担すれば、残りの7割は加入している健康保険が支払ってくれます(負担割合は70歳未満の場合)。

しかし、海外旅行先ではそうはいきません。

一部の国を除いて、外国人旅行者の医療費はどこの国も有料で、海外旅行先では医療費の全額を自己負担することになります。

但し、日本の健康保険には「海外療養費」という制度があり、帰国後に申請すれば現地の医療機関に支払った医療費の一部を健康保険から給付してもらえますが、海外では日本のような医療制度で守られない分、ご自身で海外旅行保険に加入していくことをおすすめします。

 

こちらもチェック

海外旅行保険に備える3つの理由

もし海外旅行保険に入っていなかったら・・・(トラブル事例)

海外旅行保険3つの加入方法

海外旅行保険各社の特徴と比較

 

それではみなさん、安全で健康なご旅行をお楽しみください。

 

 

▼こちらもチェック

海外旅行で必ず準備すること11項目

国際線機内持ち込み手荷物の注意点(個数、サイズ、重量、液体等の制限)

液体物の機内持ち込み制限で注意すべきこと

エピペンを飛行機の機内に持ち込むことは可能か?

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク