「無料Wi-Fi(ワイファイ)」という表示を国内の空港や駅、ホテルで見かけた事はありますか?

海外では日本より多くの公共の場で無料の Wi-Fi 接続できるスポットがあります。

しかし、いざ旅行先の海外で設定できなかったり、セキュリティ面でも不安です。

かといって携帯会社の海外パケット定額のサービスの利用はちょっと割高です。

そんなときに便利なのが現地のアクセスポイントへつないでくれる持ち歩きタイプのレンタル「海外用Wi-Fiルーター」です。

Wi-Fiルーターとは、スマホと一緒に持ち運びできる小型の通信機器のことです。

レンタルの「海外用Wi-Fiルーター」機器一式は、事前にネットから申し込みをすれば旅行当日に日本の出国空港でピックアップし、帰国後その足で空港内のカウンターで楽々返却することができます。

海外について空港を出たらスイッチオンして、いつもの自分のスマホで指定のWi-Fiに接続すれば、すぐにネットにつながります。

 

Wi-Fiルーター5つのメリット

1.ネット検索ができる

旅行先の国・エリアで使える海外用Wi-Fiルーターをレンタルすれば、海外で自分のスマートフォンやタブレット端末でそのままネットに繋がります。

レンタルの契約プランも様々で、定額プランにすれば追加請求もなく安心して利用できます。

充電さえしておけば日々の通信料を気にせず、いつでもどこでもインターネットに接続できることが大きなメリットです。

 

2.マップ利用でスムーズに目的地に到着できる

例えば、海外で徒歩や交通機関を使って自力で観光スポットに行くとき、ガイドブックに載っている地図だけではわかりにくいことがあります。

道案内や標識も外国語なので、見間違って脇道に迷い込むこともあります。

そんなときWi-Fiルーターがあれば、日本にいる時と同様にスマホに地図アプリを立ち上げて、ナビゲーション機能を使って目的地にスムーズに辿り着くことができます。

ツアーの集合時間の間際に道がわからなくなったときも、落ち着いてスマホで地図を確認すれば大丈夫です。

ちなみに、Googleマップアプリ+GPSの機能を使えば、現在地を把握しながらオフラインでも地図を見ることができます。

ルーターのレンタル費用をできるだけ安い契約で済ませたときは特に、利用量を抑えるためルーター自体のONとOFFの切り替えをうまく使いわけると良いかもしれません。

なお、Googleマップをオフラインで使うにはネットが繋がる環境で事前準備が必要です。

詳しい使い方は「Googleマップ オフライン」で検索して調べることができます 。

日本にいるうちに行きそうな場所を選んでオフラインマップで保存しておくと後々便利です。

また、あまり予定を決めずに街をぶらぶらしているときに「お昼はどこで食べよう」、「疲れたからカフェでひと休みしたい」と思ったら、すぐにインターネットで最寄りのランチ場所やカフェを検索することもできます。

グルメサイトを見れば評判や価格帯もチェックできるので、お店選びに失敗ということも避けられます。

 

3.スマホで撮った絶景画像をすぐにアップできる

定期的にブログに記事をアップしている人、SNSにこまめに投稿する人にも、海外Wi-Fiルーターはおすすめです。

海外でブログやSNSに画像をアップする場合、ネット環境によってはアップロードにかなり時間や料金がかかる場合があります。

そもそも大量に撮りためた画像をあとで見直して選ぶのは大変だったりします。

色々と観光していると、時間が経つに連れ、印象が薄れていきますので、その場の感動をすぐにアップし、写真とともに感じたままの言葉を発信することが可能です。

通信速度が日本にいる時と変わらず、アップロードに時間をとることもありません。

友人たちから、リアルタイムで「いいね!」やコメントをもらえたら嬉しいですよね。

 

4.翻訳アプリで現地メニューが読める

地元の人とのコミュニケーションは、旅ならではの大きな魅力です。

「外国語は話せないけどこのメニューの意味を知りたい」というとき、または「思い切って話しかけてみたけどうまく伝わらない」というときも、スマホの翻訳アプリ&Wi-Fiルーターが活躍します。

一般的な翻訳アプリは通常、利用するのにオンライン環境が必要です。

Wi-Fiルーターでインターネットに接続できれば、言葉で困ったとき、誰かと話したいときはすぐに利用できます。

アプリによっては、マイクに向かって話した音声や、カメラで撮ったレストランのメニューや印刷物などの画像のテキストを翻訳することも可能です。

語学に自信がない人も、翻訳アプリがあれば、ぐっとコミュニケーションの幅が広がります。

出発までに、使いやすそうな翻訳アプリを見つけておき何回か使ってみることをおすすめします。

 

5.日本にいる家族や一緒に行っている友達にいつも通り連絡できる

Wi-Fiルーターがあればメールはもちろん、スカイプ、LINEなどでの「無料インターネット電話」が使えます。

もちろん、普段と同じLINEの会話もそのまま可能です。

日本にいる家族や友達には、いつでも連絡できます。

また2、3人のグループ旅行で、限られた時間だけ個別行動をするというような場合も、LINEやメールで気軽に連絡をとり合って、お土産情報を共有したり、集合場所の目印を追加情報で教えたり、スーパーで水を買っておくべきか尋ねたり、集合場所に遅れそうなことなど、日本と変わらずリアルタイムに伝えることができます。

もともとお手頃価格の海外レンタルWi-Fiルーターですが、さらにお得な使い方もあります。

実は、1台レンタルすれば、5台のスマホやタブレットでシェアすることが可能です。

通信量は多くなりますが、2人以上のグループやカップルで旅行する際、1台のWi-Fiルーターを割り勘でレンタルすれば、一緒に行動する必要はありますが、海外でも格安料金で、いつも通りにネットやアプリが楽しめます。

 

利用時の注意点

利用には制限量を超えないで使う方法があります。

契約プランによって異なりますが、宿泊しているホテルや国際空港内など信頼ができる無料Wi-Fiスポットでは、レンタルしているWi-Fi機器は電源をOFFにして、無料のWifiにつなぎ、画像のアップロードや長時間の検索などに利用しましょう。

また、データを同期し続けるサービスはすべて設定をOFFにしておきましょう。

日本ではあまり意識していない「アプリの自動更新」「配信ニュースの受け取り」「更新情報の受け取り」「クラウドとの同期化」などは、海外では知らない間に通信量が制限を超えてしまう原因になります。

なお、どこでもネットにつながるからと言って「歩きスマホ」「急に立ち止まってiPad mini」は海外でも大事故の原因となります。

外国のスリはスマホに夢中になっているところを狙っていたりします。

また、鉄道や自動車事故にあうこともそうですが、コンパクトで高額で人気の携帯端末は、外国では人気です。

背後に注意し人混みや治安の悪い場所、道の端ではカバンから出さないぐらいに注意するようにしましょう。

もちろん、グアムで人気のオプショナルツアーでマリンスポーツに行く日は、朝から機器一式はホテルのセイフティーボックスや金庫に預けて行きましょう。

炎天下も海水も置き去りも精密機器にとっては大きなダメージを受けます。

 

まとめ

空港で受け取り・返却ができるのも便利なレンタルWi-Fiルーター。

初めての場所では、道に迷ったり、言葉が通じなかったりと、しばしば想定外の事態が起こります。

海外Wi-Fiルーターがあれば、インターネットが繋がることで、旅行中に困ることも減り、あなたの旅の手助けとなるでしょう。

 

 

▼こちらもチェック

海外で携帯電話・スマートフォンを使うときは要注意

海外旅行でインターネット接続する4つの方法

海外で機内モードをオフにするとデータ通信費用が発生!?

海外の電圧とコンセントプラグ・電源プラグの形状

モバイルバッテリーや電池は飛行機の機内持ち込みができるのか?

海外旅行でもLINEを使いたい! 海外でのLINE利用方法

旅行アプリおすすめ人気ランキング スマホで旅をより快適に

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング