たくさんの観光地に行くことも海外旅行の醍醐味のひとつです。

しかし、行きたい場所があるのに道が分からない、場所が分からないときには地元の方に聞くのが一番ですが、言葉の問題があります。

せっかく海外に行ったのに言葉が通じなくて見たいものを見られなかった、食べたいものを食べられなかった……では旅行の楽しさも半減してしまいますよね。

そこで今回は、海外旅行で道を尋ねるとき、場所を聞くときなどに使える英会話フレーズをご紹介します。

 

スポットまでの行き方を聞きたいときに使えるフレーズ

例えば、ニューヨークでメトロポリタン美術館への行き方を尋ねる場合は、以下のようなフレーズが使えます。

How can I get to The Metropolitan Museum of Art?

Could you tell me where The Metropolitan Museum of Art is?

Do you know where I can find The Metropolitan Museum of Art?

I’m looking for The Metropolitan Museum of Art?

いろいろ覚えるのは苦手という方は、この中からひとつだけでも覚えておくと良いでしょう。

また、メトロポリタン美術館は「The Met(ザ・メット)」の愛称で親しまれていますので、「Could you tell me how to get to The Met?」と尋ねるのもよいですね。

 

チケットを購入するときに使えるフレーズ

海外旅行で観光をするときに直面する問題のひとつに、電車やバスなどのチケットの買い方があります。

空港から市街地へのバスチケットはどこでどうやって買えばいいの?ミュージカルのチケットは?

など、そのようなシーンではこのフレーズを試してみましょう。

乗り物のチケットを買う場合

How can I buy a ticket for 〇〇?(〇〇へのチケットはどうやって買ったらいいですか?)

Two tickets to 〇〇, please.(〇〇までのチケットをください。)

ミュージカル等のチケットを買う場合

Do you have a ticket for tonight?(今晩のチケットはありますか?)

 

料金を尋ねるときに使えるフレーズ

目的地への行き方やチケットの買い方を聞いた後はお金を払わなければいけません。

どのように聞けばいいでしょうか?

運賃を尋ねる場合

How much does it cost to ○○?(○○まではいくらですか?)

What’s the fare?(運賃はいくらですか?)

支払いをする場合

I’d like to pay by credit card.(クレジットカードで支払います。)

I’d like to pay in cash.(現金で支払います。)

カードで支払う場合は「pay by credit card現金で払う場合は「pay in cashと覚えておくとよいでしょう。

なお、国や地域によって、その地独特の言い方や使い方もありますので、旅先で出会う人たちがどんなふうに言っているのか、耳を澄まして聞いてみるのも旅の楽しみのひとつですね。

 

距離や所要時間を尋ねるときに使えるフレーズ

海外は住み慣れた地元と違って土地勘がなく、目的地がどの方向にあるのか、どれくらい時間がかかるのかが分かりづらいものです。

距離や時間を尋ねる時はこの表現を使ってみましょう。

Is it far from here?(ここから遠いですか?)

Is it near here?(ここから近いですか?)

Will it take long?(時間は、かかりますか?)

How far away is it?(どのくらいの距離がありますか?)

 

道に迷ってしまった時に使えるフレーズ

海外で道に迷ってしまった場合はどうすればいいでしょうか?

できれば避けたい状況ですが、万が一迷子になってしまったらこの表現を使ってみましょう。

現状を伝える場合

I’m lost.(道に迷ってしまいました。)

Where am I now?(私は今どこにいるのでしょうか?)

現在地を知りたい場合

What street is this?(ここはなんと言う通りですか?)

Would you draw me a map, please?(地図を書いてくださいますか?)

 

感謝を伝えるフレーズ

道を教えてもらったり、チケットの買い方を教えてもらったり、困った時に助けてもらったら感謝の気持ちを伝えましょう。

いくつかのフレーズを覚えておくと自分の言いたいニュアンス別に使い分けができるので便利です。

カジュアルな表現

Thank you.
一般的な表現です。

Thanks a lot.
フランクなニュアンスを含む「ありがとう。」

Thank you very much.
「Thank you」より丁寧な「ありがとうございます。」

Thanks anyway.
望んだ答えではないものの、とりあえず感謝を伝えたいときに使えます。

やや丁寧な表現

Thank you for taking photo of us.(私たちの写真を撮ってくれてありがとう。)

Thank you for everything.(何から何までありがとう。)

「for+ -ing」「for+名詞」の形にするとより丁寧になります。

Thank you以外で感謝を伝える表現

I appreciate it.(感謝します。)

I appreciate your kindness.(あなたの親切に感謝します。)

I’m grateful for your support.(サポートしてくれてありがとう。)

 

まとめ

海外旅行時に、道に迷ったときは、ぜひ積極的に人に聞いてみて下さい。

ひたすらガイドブックや地図を見てるよりも人に聞いてしまう方がはやいと思いますし、自分の耳も英語に慣れてくると思います。

 

▼こちらもチェック

海外旅行で使える英会話(海外ホテルのチェックインとチェックアウトで使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(ホテルのお部屋からフロントへ電話する時に使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(ショッピングで使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(レストランで使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(バスを利用する時に使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(駅や電車で使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(ホテル、レストラン、タクシーで使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(レンタカーを利用する時に使えるフレーズ)



▼こちらもチェック

入国審査の流れと注意事項 質問内容 英語表現

海外でレンタカーを利用する際の基礎知識と注意事項

旅行アプリおすすめ人気ランキング スマホで旅をより快適に

海外旅行で必ず準備すること11項目

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク