海外旅行の楽しもみの1つでもある食事。

日本では食べられない現地の食事はとても楽しみですよね。

しかし、英会話ができないがために食べたいものを注文できなかったり、会計時に金銭トラブルを起こしたりすれば、せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまうこともあるでしょう。

今回はレストランで使えるフレーズをシーンごとにご紹介します。

 

レストランでの食事を楽しむためのスマートな英会話フレーズ

Excuse me. Can I order? (すみません、注文をお願いします)

チップ制の英語圏では、各テーブルに担当ウエイターがつき、「May I help you? (うかがいましょうか?)」「(Is) everything OK? (大丈夫ですか?)」と、気遣って対応してくれます。

まずは担当のウエイターに手を挙げて「Excuse me. Can I order? 」と呼び、注文しましょう。

I’ll have ○○.(○○をお願いします)

注文する際は、「○○」に料理名やドリンク名を入れてウエイターに告げます。

発音に自信がなければ、メニュー名を指差しながら言うと伝わりやすいでしょう。

メニューに番号が書いてある場合は、番号名を言うのも手です。

「I’ll have ○○. 」が言いにくければ、「○○,please. 」でも通じます。

Check, please. (会計をお願いします)

勘定をお願いするときの定番の英会話フレーズです。

担当ウエイターに向かって片手を挙げて人差し指でクルクルと円を描きながら言いましょう。

ウエイターがレシートを持ってきてくれたとき、勘定を分けたい場合は「Separate bills, please.領収書がほしい場合は「Can I have a receipt?と言います。

もしも会計が間違っていれば「What’s this charge? (これは何の値段ですか?)と不明な場所を指差しましょう。

Can I use VISA card? (VISAカードは使えますか?)

カードで支払う場合はレシートが2枚ついてくるので、支払う金額とチップ(10~20%が一般的。ただし、含まれている場合は不要です)の金額を書き込みます。

1枚は控え(領収書)として取っておき、残り1枚とカードを挟んで机に置くと(カードは少し見えるように出しておくのがスマート!)、担当ウエイターが取りに来て会計を済まし、カードを返してくれます。

 

▼こちらもチェック

海外では何故チップを渡すのか? チップの相場と渡し方について

 

Doggy bag, please. (お持ち帰り用のバッグをください)

アメリカなどでは料理のボリュームが多いこともしばしば。

勘定をお願いするときに「Doggy bag, please.」と言えば、お持ち帰り用の紙バッグを用意してくれます。

 

ハンバーガーショップで「テイクアウト」は通じない

日本で日常的に使っている英会話が海外旅行先で伝わらないこともあります。

Take out

ファーストフードやコーヒーショップで商品を持ち帰ることを日本では「takeout (テイクアウト)」と言いますが、これは英語圏では通じないこともある英会話フレーズ。

地域によって表現が異なりますが、一般的なのは「to goです。

お店へ入ったとき、接客スタッフから「For here or to go? 」とよく聞かれますが、日本での「イートインですか? テイクアウトですか?」という意味です。

イートインなら「For here. 」テイクアウトなら「To go. 」と答えましょう。

Toilet、Bathroom

いずれも「トイレ」を意味しています。

イギリスでは「toilet 」は一般的ですが、アメリカやオーストラリア、カナダでは「便器」を意味するため、あまり使いません。

また、アメリカやオーストラリアで「bathroom 」とよく言いますが、主には友人などの家へ行ったときに使う言葉。

それは、トイレがお風呂にあることが多いからです。

それゆえ、海外旅行中、レストランなどの公共の場で「bathroom 」を使うと驚かれることも。

レストランでは「Where is the restroom? (トイレはどこですか?)を使うと良いでしょう。

 

まとめ

今回は海外旅行で使える英会話レストラン編でしたが、いかがでしたでしょうか?

レストランで使用するフレーズは決まったものが多く、「check (会計・勘定)」「restroom (トイレ)」など独特の言葉や言いまわしを覚えてしまえば、それほど難しくはありません。

このような英会話フレーズを覚えてから行けば、海外旅行を数倍楽しむことができるでしょう。

せっくの海外旅行ですので、ぜひトライしてみてください。

 

▼こちらもチェック

海外旅行で使える英会話(海外ホテルのチェックインとチェックアウトで使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(ホテルのお部屋からフロントへ電話する時に使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(ショッピングで使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(バスを利用する時に使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(駅や電車で使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(ホテル、レストラン、タクシーで使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(道を尋ねるときに時に使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(レンタカーを利用する時に使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(空港の乗り継ぎで使えるフレーズ)

 

スピードラーニングで、海外旅行で困らない英語力が身につくの?

英会話の上達には、「耳を鍛えるのが第一歩」って言われています。

しかし、この最初の段階で、挫折してしまう人がとても多いです。(私も何度も挫折しました・・)

英語学習で挫折する、よくある理由として、

・忙しくて時間がない
・面倒くさくて、学習が続かない
・英語を聴くのが苦手
・なかなか上達の実感がわかない
・自分に合う教材が見つからない

などと言われています。

しかし、スピードラーニングは、これらの挫折しやすいポイントを排除して、三日坊主な性格の人も続けやすい教材構成になっているので継続していくことができます。

ただ聞き流せばいいので、面倒くさい、英語が嫌い、といった感情がわきにくいのかもしれません。

もし今、あなたが英語のリスニングに悩んでいるとしたらおすすめです。

スピードラーニングはリスニングに特化した教材だからです。

 

スピードラーニングの特徴

①「英語⇒日本語」の順番で流れる
⇒机に向かわず、スキマ時間に聞き流すだけ。

②リアルな会話形式になっている
⇒場面をイメージしやすく、そのまま使える実践的なフレーズが満載。

③クラシックBGMでリラックスして聞ける
⇒音楽のように聞き流すだけで、英語のリズムが自然と身に付きます♪

④無料の電話レッスンで、外国人と話せる(月2回・各5分)
⇒実践的な英会話の練習ができて、モチベーションの維持、英語力の確認にも役立ちます。

10日間の無料試聴付き♪聞き流すだけの『スピードラーニング』

▼こちらもチェック

海外旅行のショッピングで気を付ける6つのポイント

海外旅行時の外貨両替はいつどこでするべきか?レートがお得なのは?

海外旅行で持参するべき役に立つ薬

旅行者下痢症に注意! 海外旅行でお腹をこわす原因と予防策

海外旅行で必ず準備すること11項目

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク