海外旅行中、滞在先のホテルで予約が取れていなかった、想定していた部屋と違っていた、などの体験をしたことはありませんか。

ホテル滞在中にシャワーのお湯が出ない、部屋に不備があっても、何と言っていいか分からず我慢したいう経験をお持ちの方もいるでしょう。

クレームやトラブルが重なると、せっかくの楽しい海外旅行が台無しです。

そんな状況で上手にトラブルやクレームを伝えられれば、嫌な時間を早く解決できます。

今回は何か起こったときにうまく対処するために、覚えておくと便利な英会話をご紹介します。

 

チェックイン時のトラブル編

海外では日本に比べて、ホテルにまつわるトラブルが多くなります。

文化や習慣によるところもありますが、飛行機での長旅のあと、チェックイン時のトラブルがあると疲れも倍増してしまいますよね。

滞在先のホテルに到着しても、手違いで予約が入っていないなんてことも……。

そのようなチェックイン時のトラブルに備えた英会話をご紹介します。

チェックイン時に予約がないと言われたとき

ホテルに到着後、フロントで名前を伝えチェックイン手続きをしようとすると、予約がないと言われてしまいました。

そんなときは以下のようなフレーズを使って確認してもらいましょう。

ホテル:Sorry, we have no reservation under your name.(申し訳ございません。あなたの名前での予約がありません。)

客:Here is my passport. Please check again.(パスポート名でもう一度確認してみてください。)

スペルミスの場合もあるので、パスポートを提示して、もう一度確認してもらうようにしましょう。

また、飛行機が遅れてチェックイン時間に間に合わず、キャンセルされてしまう場合もあります。

そのときは、遅れた理由を伝えるようにしましょう。

客: My flight was delayed, and I couldn’t call. Is there anything you can do?
(飛行機が遅れて電話ができませんでした。どうにかなりませんか。)

予約画面をスマートフォンなどに保存・プリントアウトしておいたものを見せ、自分の主張を明確に伝えることも必要です。

ホテル:Okay, I will manage it somehow.(わかりました、何とかしてみましょう。)

客:Thank you very much. I appreciate it.(ありがとうございます。

どうしても予約が取れないとき

万が一どうしても宿泊できそうにない場合は、他のホテルの情報を尋ねましょう。

客:Do you have any rooms available from tonight?(今夜から泊まれる部屋はありますか。)

ホテル:Unfortunately, we have no rooms available.(申し訳ないのですが、空いている部屋がございません。)

客:Could you recommend another hotel?(他のホテルを紹介してもらえますか。)

ホテルを紹介してもらったら、そのホテルに行き、チェックインできるか聞いてみましょう。

I have no reservation. Do you have a room for tonight?(予約していないのですが、泊まれる部屋はありますか?)

飛行機の遅延やトラブルなどで、ホテルの予約がとれないというケースもあるかもしれません。

そんなときは、とにかくその日の宿を確保することに努めましょう。

部屋の不備編

日本ならホテルのスタッフにお願いをすれば、すぐ解決してトラブルにならないようなことも、海外では英語でやりとりしなければいけません。

どう表現するかわからないと問題が解決できず、不満がたまってしまうことも。

そのようなとき、トラブルが大きくなる前に解決するための英会話をご紹介します。

 

シャワーのお湯が出ないとき

海外のホテルではシャワーのお湯が出ないなどのトラブルがよく起こります。

そのようなときはフロントに電話をして、直してほしいと伝えましょう。

There is no hot water in the shower. Could you fix it?(シャワーのお湯が出ません。直してもらえますか。)

 

トイレが流れないとき

Toilet doesn’t flush.(トイレが流れません。)

 

お風呂やシャワーの排水溝が詰まっているとき

The bath tub/shower drain is blocked.(お風呂/シャワーの排水溝が詰まっています。)

などがありますが、できるだけシンプルな英語で伝えるようにするとよいでしょう。

また、機能するという意味の「work」はいろいろな場面で応用することができます

例えば以下のように覚えておくと、「it」の部分を「The TV」などさまざまな名詞に変えることで、多くの部屋の不備についてホテル側に伝えることができます。

it doesn’t work.(壊れています。)

 

部屋を変えてほしいとき

シャワー以外にも、部屋の中でトラブルが起こることがあるかもしれません。部屋を変えてほしいときは、まずは以下のように尋ねましょう。

I have a problem with my room. Could I move to a different room?
(部屋に問題があるのですが、別の部屋に変わることはできますか。)

さらに、予約していた部屋と違う場合などは以下のように言うとよいでしょう。

This is not the room I expected. Would you please change my room?
(予約した部屋とは違うようなので、部屋を替えてもらえますか。)

また、部屋を移る場合は、料金の確認をしておくと安心ですね。

Does it cost additional?(追加料金はかかりますか。)

 

その他のトラブルやクレーム

隣の部屋がうるさい場合

The people in Room 108 are a little too noisy.

The people in Room 302 are way too noisy.

「too +形容詞」で「〜過ぎる」と表現出来ます。

a little too noisy で「ちょっと騒々し過ぎる」

way too noisy で「相当うるさ過ぎる」

となります。

Could you please tell them to lower their voice?
(隣の方に小さな声で話す様に言っていただけませんか。)

「Could you pleas ~? 」にすることで更に相手にお願いしにくい事を丁寧に伝える事ができます

 

会計の間違い

There seems to be a mistake on the check.
(請求書に間違えがある様なんですが。)

自分が気づいていない間に、間違えてサービスなどを使っている場合があります。

相手に間違えを指摘する前に質問する事も可能です。

What is this charge for?
(この金額はなんですか。)

 

まとめ

たとえ海外であっても、トラブルが起きたら日本と行うことは同じです。

英語に苦手意識がある人でも、知っている英単語を使ってできる限り伝えてみましょう。

特に海外では、自分の要求を明確に伝えることが重要です。

そして、相手に気持ちよく行動してもらうためにも、しっかりと英語で「ありがとう!」とお礼を伝えましょう。

「ありがとう」を伝えられる様になることも、気持ちよいコミュニケーションのひとつです。

今回紹介した表現を組み合わせて、旅行当日に備えて練習をしてみてはいかがでしょうか。

 

▼こちらもチェック

海外旅行で使える英会話(海外ホテルのチェックインとチェックアウトで使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(ホテルのお部屋からフロントへ電話する時に使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(ショッピングで使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(レストランで使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(バスを利用する時に使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(駅や電車で使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(ホテル、レストラン、タクシーで使えるフレーズ)

海外旅行で使える英会話(空港の乗り継ぎで使えるフレーズ)

 

スピードラーニングで、海外旅行で困らない英語力が身につくの?

英会話の上達には、「耳を鍛えるのが第一歩」って言われています。

しかし、この最初の段階で、挫折してしまう人がとても多いです。(私も何度も挫折しました・・)

英語学習で挫折する、よくある理由として、

・忙しくて時間がない
・面倒くさくて、学習が続かない
・英語を聴くのが苦手
・なかなか上達の実感がわかない
・自分に合う教材が見つからない

などと言われています。

しかし、スピードラーニングは、これらの挫折しやすいポイントを排除して、三日坊主な性格の人も続けやすい教材構成になっているので継続していくことができます。

ただ聞き流せばいいので、面倒くさい、英語が嫌い、といった感情がわきにくいのかもしれません。

もし今、あなたが英語のリスニングに悩んでいるとしたらおすすめです。

スピードラーニングはリスニングに特化した教材だからです。

 

スピードラーニングの特徴

①「英語⇒日本語」の順番で流れる
⇒机に向かわず、スキマ時間に聞き流すだけ。

②リアルな会話形式になっている
⇒場面をイメージしやすく、そのまま使える実践的なフレーズが満載。

③クラシックBGMでリラックスして聞ける
⇒音楽のように聞き流すだけで、英語のリズムが自然と身に付きます♪

④無料の電話レッスンで、外国人と話せる(月2回・各5分)
⇒実践的な英会話の練習ができて、モチベーションの維持、英語力の確認にも役立ちます。

10日間の無料試聴付き♪聞き流すだけの『スピードラーニング』

 

 

▼こちらもチェック

ホテルの客室からの眺望7種類それぞれの特徴

ホテルのルームタイプ(お部屋のタイプ)10タイプの特徴と違い

海外旅行でホテルを利用する時に知っておきたいサービス

海外旅行中に犯罪(盗難、スリ、置引、スキミング)被害を受けた場合の対処方法

海外旅行で必ず準備すること11項目

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク