いつも何気なく使っている日本のトイレですが、海外のトイレ事情は日本と大きく違うことがあります。

現地に行って使う時に困ってしまうことがないように、今回は海外のトイレ事情と合わせて、海外旅行でのトイレの使い方と持っていくと便利なアイテムをご紹介します。

 

トイレットペーパーは流さない

トイレに関しては超先進国の日本。

今や一家に一台のウォシュレットも当たり前という時代です。

公衆便所も次々と改修され、ピカピカで居心地のいい空間になりました。

そんな環境に慣れてしまった私たちが海外旅行で戸惑う出来事のベスト3には入るであろうトイレ事情。

日本の常識はまったく通じなくなるので、不安に思う人も多いでしょう。

日本ではトイレに入って使用済みの紙を流すことはあたりまえですが、用を足した後に紙を流してもいい国というのは、世界中では少数なのです。

多くの国はそういう風に設計されていないので、紙を流すと詰まってしまいます。

ツーリスト用のレストランなどで、どの便器も紙が詰まってしまって使用できない場面に多く遭遇するのは、それを知らない日本人や欧米人などが紙を流してしまったためだということが多いです。

では、使用後はどうすればいいのでしょうか。

恐らく便器の横に大きめのゴミ箱が設置されているはずです。

抵抗があるかもしれませんが、使用済みの紙は、そのゴミ箱に捨てるようにしましょう。

もちろん「大」の時もです。

 

トイレットペーパーがないトイレ

空港やホテルでは、トイレにはほとんどトイレットペーパーが設置されていますが、観光地などで、トイレの個室にトイレットペーパーが設置されていないトイレというものに遭遇することがあります。

そういう場合、個室ではなく洗面スペースに共同ペーパーが取れるようになっている場合があるので、注意して見てみましょう。

また、掃除のおばさんに紙をもらうシステムの所もあります。

そういうトイレは有料の場合が多いです。

しかし、紙がどこにも置いてなくて、個室内にゴミ箱もなく、代わりに蛇口と桶が置いてある場合があります。

これは使用後に紙を使わない習慣の国のトイレではこのようになっているのが普通です。

東南アジアやインド周辺、中東にも多いです。

そして、ホテルなど外国人が利用する施設以外は、和式タイプのトイレが多いです。

使用方法は、用を足した後、設置された桶に水を溜め、手でその水を使っておしりを洗います。

いわゆる手動ウォシュエット方式なのです。

桶の代わりにシャワーが設置されている場合もあります。

トイレで床が水浸しの場合がありますが、こういう理由からなのです。

また、こういう地域でトイレットペーパーを購入しようとすると、とても高いので、心配な人は日本から持っていった方が安いと思います。

 

ヨーロッパのトイレ事情

ヨーロッパのトイレには便器が二つ

ヨーロッパ(特に南欧)では、トイレ内に洋式便器とその隣に見慣れない便器のようなものが設置されていることが多いです。

便座もなく、タンクもありません。

これは何かというと「ビデ」です。

基本的には局部を洗うものですが、足などを洗うのにも便利です。

結局は手で洗うことになるので、上記の手動ウォシュレットのシステムと同じなのですが、お湯が使えるのと、両手が使えるので、より使いやすいです。

使い方は、便器に座るのとは逆向きにまたがって、蛇口をひねって出てくる水で手を使って洗います。

水を溜めて使ってもいいです。

 

アメリカのトイレ事情

鍵を借りて使用するアメリカのトイレ

アメリカ国内では駅や空港、街中のデパートやお店など、公共施設でトイレを使うことに不便はありません。

しかし、公的施設以外のカフェやレストランでは、トイレに鍵がかかっていることがほとんどです。

そのため、トイレを使用する際にはお店の人に鍵を借りる必要があります。

鍵を借りてトイレの扉を開けて使用するのですが、トイレがオートロックなことも多いので、トイレの中に鍵を忘れないように気をつけましょう。

 

海外の有料トイレではコインを持参

日本では、登山など特殊な場合を除いて、有料のトイレは聞いたことがありませんが、海外では頻繁にそういうトイレに出会います。

有料の場合は、トイレの入口付近の受付のようなところに人がいて、直接払うかお皿などの入れ物に払うかします。

そうすると、トイレットペーパーの切れ端が貰えたりすることもあります。

だいたい金額は決まっていて、お釣りをもらうこともできます。

また、受付の人が差し出すトイレットペーパーを受け取れば有料で、断れば無料というところもあります。

ペーパーは持参し、なるべくもらわないようにすれば、無料で使用できるかもしれません。

ヨーロッパでは、個室のドアに鍵がついていて、コインを入れないと空かないというものもあります。

それは、一度閉めると内部からは開くけれども、外部からはコインを入れないと開かない仕組みになっています。

そういう場合は、トイレの個室から出てきたところを見計らって、ドアが閉まる前に中へ滑り込んでしまうか、仲間と一緒にひとつのコインで全員使い終わるまで、ドアを外から閉めないようにする方法があります。

親切な現地の人がドアを閉まらないように押えていてくれることもあります。

 

トイレに行くタイミング

日本では街中でトイレに困ることは、ほぼないと考えられますが、海外ではスリなどの盗難に気をつけることと同様に、常にトイレをどうするか考えたほうがいいでしょう。

それくらい、公衆トイレというのは少ないのです。

まず、出かける前には行きたくなくてもホテルでトイレを済ませておく方が無難です。

観光地でトイレを見かけたら、これも行きたくなくても行くようにしましょう。

次の観光地でトイレがあるとは限らないからです。

観光ツアーならば、観光地よりもおみやげ屋やレストランなどで行くようにすると、きれいなトイレにありつけると思います。

街歩きならば、ファーストフード、ホテルのトイレを利用するとよいでしょう。

ただしヨーロッパではファーストフードのトイレでさえ、有料のところもありました。

百貨店のトイレは、有料の場合も多いですが、日系の百貨店の場合、無料で、比較的綺麗で、日本の百貨店同様各階についている確率が高いので、入るなら日系の百貨店がねらい目です。

大きな観光地では、有料ならば、公衆トイレが完備されている場合もあります。

ただし、清潔さはあまり期待できません。

観光地では入場料を払う施設内ではトイレがあり、清潔で、無料の場合が多いので、そういう場所で行くようにするといいでしょう。

日本では規模に関係なく駅にはトイレがありますが、海外では、期待できません。長距離の移動機関の主要駅には大抵ありますが(といっても場所が非常に分かり辛かったり、大行列だったりする)地下鉄のような駅では多くの国で、あまりトイレを見かけたことがありません。

そのため、駅ではトイレを期待しないようにしましょう。

結論として、海外旅行中は、必要以上に水分をとらないようにし、こまめにトイレに行き、トイレ用に小銭を用意しておくことを忘れないようにしましょう。

 

海外トイレ対策

手動ウォシュレットの習慣の国などには、トイレットペーパーが設置されていないことが多いです。

また、単にトイレットペーパーが切れているようなトイレも多いので、最低限ポケットティッシュを持つようにしましょう。

しかし、お腹を壊している場合など、ポケットティッシュの容量では間に合わない場合があります。

そこで便利なのが、芯を抜いたトイレットペーパーです。

半分くらい使ったトイレットペーパーの芯を抜いて、ぺたんこにして持ち歩くと、好きな長さを使え、コンパクトな割に多く使えます。

また、ウェットティッシュも便利です。便座の衛生面が気になるときに使ったり、トイレの後、手を洗うところがない(壊れたりしていて)ことも少なくないので、手を拭いたりするのにも便利です。

また、トイレにゴミ箱が設置されていなかったりするので、ビニール袋など自分用のゴミ袋を持つようにしましょう。

その際、飛行機に備え付けてあるエチケット袋を持っていると便利です。

また、ウォシュレットに慣れた人は、トイレットペーパーでおしりを拭くのがイヤな人もいます。

かといって、手動ウォシュレットも抵抗がある人は、ウェットティッシュを使うといいでしょう。

厚手の大判サイズや赤ちゃんのおしりふきなどが便利です。

ウェットティッシュでも抵抗がある人や、長期の旅行へ行く人は、携帯用ウォシュレットというものがあります。

普段持ち歩くにはかさばるかもしれませんが、ホテルの部屋で使うだけならそんなに邪魔にならないので、海外トイレ生活をかなり楽にしてくれることでしょう。

 

まとめ

地域によってトイレ環境もまったく異なります。

私も過去に衝撃的なトイレをいくつも見てまいりました。

どうやって用を足すの?というトイレもあります。

渡航先のトイレ事情を確認したうえで、トイレに行くタイミングなどの準備・対策をしていきましょう。

 

▼こちらもチェック

旅行者下痢症に注意! 海外旅行でお腹をこわす原因と予防策

海外旅行で持参するべき役に立つ薬

予防薬や持病の薬を飛行機の機内に持ち込むときに注意すべきこと

海外では何故チップを渡すのか? チップの相場と渡し方について

海外旅行で必ず準備すること11項目

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク