「携帯電子機器を機内モードに設定してください」というアナウンスが、離陸前の飛行機内で流れます。

その際、飛行機に乗っている間は機内モードに設定される方もいらっしゃると思います。

そして、旅行先に到着後すぐに機内モードをオフにしてしまっていないでしょうか?

実は海外で機内モードをオフにするとデータ通信費用が発生し、日本では使い放題であるインターネットやメールの通信料も、海外では高額になってしまうこともあります。

今回は、海外旅行中のスマートフォンの機内モードの使い方についてご紹介します。

 

機内モードとは?

機内モードとは、電話回線、Wi-Fi、Bluetooth、GPSなど、飛行機の運転に差し支えのある電波を遮断する機能です。

機内モードをオンにすると、データ通信がストップし、インターネットやメール、電話が使用できなくなります。

機内モード設定中に相手から電話をかけた場合、電源を落としている状態と同じように「電源が無いっていないか、電波の届かないところにいます」というアナウンスが入るようになります。

一度この機内モードを設定すれば、飛行機に乗っていなくても、その間は電波を利用したすべてのサービスが停止されます。

設定の仕方は機種によって多少異なりますが、設定中は画面の端に飛行機のマークが表示されます。

機内モードをオンにしている間はデータの送受信は不可能となるため、通信料がかかることはありません。

 

海外で機内モードに設定すべき理由

最近の携帯電話は自動的に海外の基地局の電波をキャッチできるような仕組みになっているため、特別な設定をしなくても海外でもネットを利用することが可能です。

しかし、日本の定額制で加入している通信環境ではないため、通信料や通話料が異常に高くなってしまい、後日驚くほどの金額が請求されることもあります。

帰国後に高額の請求が届いてビックリ!というトラブルを防ぐためにも、海外旅行中は、必ず携帯電話の設定を機内モードにすることを忘れないようにしましょう。

 

機内モードの設定方法

携帯電話の設定から機内モードをオンにすれば、通信や電波がすべて遮断されます。

帰国後、飛行機を降りた時点で機内モードをオフに設定すれば、通常通りに使用可能です。

もちろん、それまでに送られたメールやLINEなどのメッセージは機内モードをオフにした時点で受信できます。

機種により異なりますが、機内モードをオンにすると無料Wi-Fiの使用ができない場合もありますので、旅行前にご自身の利用する携帯会社で確認しておきましょう。

 

機内モード設定中の着信はどうなる?着信履歴に残る?

機内モードに設定している時、誰かから電話の着信があった場合、着信履歴に残るのでしょうか?

それとも、携帯電波が一切遮断されるので着信履歴なども全部記録されないのでしょうか?

もちろん、着信音はなりませんし、着信履歴に残ることはありません。

しかし、機内モードを解除した後、着信通知メッセージがまとめて届くので、機内モード設定中でも、いつ誰から電話がかかってきたのかはちゃんと把握できるのでご安心ください。

 

機内モードでインターネットを利用する方法

飛行機の中では絶対にできませんが海外旅行中に国際電話をしたいとき、機内モード中でも電話やLINE通話ができるのでしょうか?

海外にいる状態で電波を使うと海外の電波回線を使ってしまうので高額請求が届いてしまいます。

それを避けるために、機内モードにしたまま無料で使えるWi-Fi環境や国際電話ができるSIMカードの利用、または海外旅行用のポータブルWi-Fiを持っていれば、LINE通話や電話をかけることができます。

また、スマートフォンの設定で「モバイルデータ接続」という項目があります。

それを、予め「OFF」にした状態で機内モードに設定しておけば、機内モードを解除しても大丈夫です。

モバイルデータ接続さえOFFにしておけば機内モードを設定していなくても通信量が増えることはありません。

 

機内モードを利用した節約術

機内モードは、いったんすべての通信がオフになるだけで、BluetoothやWi-Fiは、後からオンにすることが可能です。

これを活かし、Wi-Fiだけに繋いで他の通信はオフにするといったような、通信節約術もあります。

これだけでなく、機内モードは節約にかなりお得なことが多いです。

機内モード中は、他に通信をしていないという特徴を生かし、短い時間でバッテリーの充電を早くすることもできます。

通信状況の悪いところであれば、機内モードにし、バッテリーの減りを抑えることもできます。

電波が悪いと、携帯電話は電波を探そうと電力を消費します。

しかし、機内モードにしてそもそもの通信をオフにしてしまえば、この無駄な電力消費が抑えられるということなのです。

機内モードは名前の通り、飛行機内だけのサービスに思われますが、このような裏技もあるのです。

 

まとめ

ここまで機内モードの便利な使い方をご紹介してきましたが、日本の携帯会社で海外パケットし放題または定額利用の契約をされてから海外旅行に行かれる場合は、旅行先で機内モードをオンにしないように気をつけてください。

高額な通信費がかからないように気を付けながらも、旅行中に写真や動画、SNS投稿なども楽しんでいただければと思います。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク