旅行先によってはレンタカーがあると行動範囲と共に旅の楽しみも広がります。

しかし、国際運転免許証の取得やレンタカーの借り方、海外の運転に不安になることもあるかと思います。

今回は海外でレンタカーを借りるための基礎知識をご紹介します。

 

国際運転免許証の取得

日本国外で運転する際、日本で取得した免許証の他に国際運転免許証が必要となります。

国際運転免許証の申請場所は、運転免許試験場、運転免許更新センター、または指定警察署でできます。

また、以前に取得したことがある方は、有効期限を確認しましょう。

国際免許証の有効期限は1年と短いので、期限が切れていれば、再度取得が必要です。

申請の際には以下の持ち物が必要となります。

・運転免許証

・証明写真1枚(縦5cm×横4cm、無帽、正面、上三分身、無背景、枠なし、申請前6カ月以内に撮影)

・パスポート等、渡航を証明する書類

・手数料2,400円

・以前取得した国際免許証がある場合は、その免許証の返却が必要

 

国際運転免許証はジュネーブ条約に基づいて発行されるため、基本的にはジュネーブ条約に加盟している国のみで有効となります。

国によっては、日本の運転免許証を提示するだけで運転が認められる国もあります。

しかし、事故を起こした場合、日本の免許証を提示しても、現地警察官により無免許運転として処理される場合があります。

念のため国際免許証を取得することをおすすめします。

 

レンタカーの手配

現地のレンタカー会社で直接予約することも可能ですが、当日空いている車がなかったりすることもあります。

現地での会話に心配な方は事前の予約をおすすめします。

予約する際には以下の項目を確認しましょう。

・レンタカー会社の選定

・借りる場所と返す場所の選定

 

レンタカー会社によっては借りる場所と返す場所が違っていても大丈夫なプランがあります。

私はよくアメリカに行く際、この方法を使って効率よく旅行をしていました。

例えば、こんな感じです。

成田⇒ラスベガス 飛行機移動
ラスベガス⇒ロサンゼルス レンタカー移動
ロサンゼルス⇒成田 飛行機移動

飛行機のフライト区間も調べながら、旅程の組み方も自由に組むこともできます。

 

車種の選定

旅の目的に応じて車種を選ぶことができます。

例えばハワイで爽やかな空気を吸いながらドライブしたいということであれば、オープンカー。

買い物をたくさんするなら、ワゴンタイプであったり、自分の旅行スタイルに合わせて選んでいきましょう。

 

追加ドライバーの有無

予約者以外の方が運転する際は申告が必要になります。

 

保険

基本的な車両保険は付随されていますが、追加料金を払ってプラスアルファの手厚い保険を受けることも可能です。

万が一事故などが発生した場合のトラブル対策として、手厚く入っておきましょう。

・追加オプションの確認

・カーナビゲーション

 

ほとんどのレンタカー会社でカーナビゲーションの選択が可能です。

但し、古い機種が備えられているケースもありますので使う際は注意が必要です。

現地のレンタカー会社にルートマップが置いてあればもらっておきましょう。

スマートフォンやタブレット端末などがあれば、オフラインで使用可能なアプリのGoogle Mapsなどを活用するも良いでしょう。

出張などで何度も訪れる場合は、現地のスーパーなどで、カーナビを購入してしまうのも手です。

長い目で見るとそのほうが安くついたりします。

 

返却時のガソリンについて

満タンにして返さなければならないプランと、そのままで返すプランがあります。

返す直前にガソリンスタンドが見つからないし、時間が無いということもありますので、そのままで返すプランがおすすめです。

 

当日の準備

いざ、当日車を借りる場合、以下の持ち物の提示が必要となります。

・日本の運転免許証

・国際運転免許証

・レンタカー会社が発行した予約確認書

・クレジットカード

※クレジットカードの提示が必要ない会社もあります。

 

また、出発前には必ず車の点検をしましょう。

日本とは違い、整備点検がされていないで貸し出すレンタカー会社もあります。

私もアメリカでレンタカーよく使っておりましたが、ハイウェイ走行中にタイヤがバーストしてしまったことがあります。

タイヤをよく見てみると、溝も浅く古いタイヤで、交換が必要な状態でした。

以前まで点検をしてましたが、慣れてきたせいか、車の点検を怠ったことが原因でした。

不幸中の幸いでレンタカー会社が近かったので、車を交換してもらえましたが、その後ラスベガスへ行く予定でしたので、数100キロ離れたところでなくてよかったなと思いました。

車を借りる際は、自動車教習所で習ったことを思い返し、必ず自己点検しましょう。

また、海外で繋がる携帯電話は必ず持参しましょう。

慣れない海外の広大な土地では事故も多く発生しています。

携帯電話を持っていないとどこにも連絡できずに立ち往生してしまいますので、必ず携帯電話を用意しておくことをおすすめします。

 

いざ運転

日本車と主に異なる点は、ワイパーとウインカーの位置が逆であること、ワイパーはボタン式の場合もあります。

日本車の運転に慣れていると、うっかりウインカーだと思って動かしたらワイパーが作動してしまたなんてこともあります。

国によっては日本とは逆の左ハンドル、右車線走行の場合があります。

慣れない運転のため不安になるかもしれませんが、車の流れに沿って運転するように心がけましょう。

国によっては日本と交通ルールが異なる地域もあります。

例えば、アメリカであれば基本赤信号で右折可能です。

日本のように止まっていると、後方の車に迷惑をかけてしまうことになります。

渡航する国の交通ルールを確認しておきましょう。

一般的な道路標識は国際的な基準に従ってデザインされているため、そこまで混乱することもありません。

無謀な運転は避け、しっかり車間距離をとって安全走行を心がけてください。

 

車の返却

レンタルする際に決めた期限に間に合うように車を返却します。

特に空港近くのレンタカー会社は利用客で混み合うこともあります。

また、返却場所に迷うことも考えられますので、返却には時間の余裕を持っておきましょう。

また、返却する際は日本と同様にガソリンを満タンにしてから返却する場合とそのままで返してもよい場合とありますので、事前に確認しておきましょう。

 

まとめ

海外で自由に移動できるレンタカーはとても便利です。

しかし、日本と交通事情など異なる点もあります。

万が一事故に遭っってしまった場合、レンタル時に付随されている保険だけでは不充分ですので、日本出発前に海外旅行保険に必ず加入しておきましょう。

利用する際は、ルールを守って、安全な旅を楽しんでください。

 

 

▼こちらもチェック

海外旅行保険3つの加入方法

海外旅行保険に備える3つの理由

もし海外旅行保険に入っていなかったら・・・(トラブル事例)

海外旅行保険各社の特徴と比較

海外旅行時の外貨両替はいつどこでするべきか?レートがお得なのは?

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング