ゴルフをしている方であれば、海外の広い土地でおもいっきりゴルフをしてみたいと思う人は多いのではないでしょうか。

しかし、せっかくのゴルフも慣れない海外で楽しめるかどうか不安になることもあるでしょう。

今回は、海外旅行でゴルフをするときの準備と日本からゴルフバッグを持ち込む時の手順と注意点をご紹介します。

特に海外でゴルフを初めて挑戦する方は必見です。

 

ゴルフ道具はレンタルすべきか持参するべきか

ゴルフ道具は海外のゴルフ場でレンタルできますが、現地のレンタルクラブは規格が海外仕様で、日本人に合わない場合が多いようです。

また、ゴルフクラブの種類が少なかったり傷ものが置いてあったりと、なかなか満足のいくものを見つけることは難しいと言えるでしょう。

そのため、スコアにこだわりたい、いつもの慣れたゴルフクラブで気持ちよくプレーしたいと思う人は、ゴルフ用具を持参したほうがよいと言えます。

一方、ゴルフクラブにこだわりがなく、海外でゴルフをする雰囲気だけ味わえれば十分という人はレンタルでもよいでしょう。

 

マイクラブを持参するときの注意点

ゴルフ道具の持参方法

海外にゴルフクラブを持参する場合は、国際郵便・国際宅配便・航空会社の宅配便・航空会社の受託荷物などの方法があります。

それぞれ利点と欠点はありますが、一番値段が安くて安心なのは航空会社に荷物として預けること。

航空会社の受託荷物として預けるときに気をつけたいことは、運搬中の破損から守るということです。

航空会社によっては荷物が手荒に扱われることがあるので、しっかり保護しましょう。

ゴルフ道具の梱包手順

ゴルフクラブなどのスポーツ用品は、飛行機に預けて破損が起きた場合に航空会社の補償対象外となることがあります。

ゴルフバッグ、ゴルフクラブが破損しないよう、次の4つの方法で対策しましょう。

1. クラブカバーをゴルフクラブに装着する

クラブカバーとは、ゴルフクラブのヘッド部分にかけるカバーのことです。

クラブカバーをかければ、クラブにかかる衝撃を和らげられます。

専用のクラブカバーがない場合は気泡緩衝材かタオルで巻くことをおすすめします。

2. ドライバーなどのウッド系のクラブをバッグの中央部に入れる

ドライバーなどのウッドを、ゴルフバッグの中央部に入れ、アイアンやパターなどのクラブを周りに入れましょう。

アイアンをウッドの周りに入れることで、アイアンのヘッドがシャフトの長いウッド系のクラブを支え、シャフト(柄)の破損を防ぐことができます。

3.タオルやTシャツなどをゴルフバッグに詰めて隙間をなくす

タオルやTシャツなどを詰めて隙間をなくせばゴルフクラブ同士がぶつからず、破損を防げます。

また、タオルなど柔らかいもので詰めることで、衝撃を和らげられます。

4. スタンド部分の足は紐で縛る

スタンドがついているゴルフバッグの場合、紐で縛りましょう。紐で縛ることで、揺れによってスタンド部分が開かなくなり、の破損を防げます。

最後に、ゴルフバッグを生地の厚いトラベルカバーに収納すると、より傷つきにくくなります。

 

荷物の超過料金はかかるのか

海外へ向かう飛行機の荷物預け入れは、一般的に預ける手荷物が2個までは無料のことが多いです。

ただし、荷物の大きさによっては追加の料金が必要な場合もあります。

手荷物預け入れのルールは航空会社によって異なるので、事前に調べておきましょう。

格安航空会社(LCC)では、荷物を預ける場合有料となります。

 

▼こちらもチェック

国際線受託手荷物(預け荷物)の注意点(個数、サイズ、重量、超過料金)

 

持っていくと便利なグッズ

ゴルフクラブについては紹介しましたが、その他に現地で調達するよりも日本から持参した方が便利なグッズがあるのでご紹介します。

 

ボール

海外でのプレーは日本とは環境が異なるため、思わぬミスショットをする可能性があります。

もちろん、現地でボールを購入することはできますが、割高であることが多いです。

少なくとも初めの1・2ラウンド分は持参していくと安心でしょう。

 

グローブ・ウエア・シューズなど

グローブやシューズはレンタルすることができますが、サイズが合わないなどの理由で手足を痛めてしまうことがあります。

ただでさえ歩くことが多い海外旅行で足が痛くならないように、自分のサイズに合ったものを持っていきましょう。

 

距離計測器

海外では、キャディーさんとのコミュニケーションがうまくいかないケースもあるかもしれません。

セルフラウンドの場合は自分で計測する必要がありますが、表示も日本ほど丁寧ではないことがあるので戸惑うことが多いでしょう。

距離計測器がない場合は距離計測用アプリで代用できます。

日本で使い慣れた距離計測の器具は持参していくと便利です。

 

まとめ

海外でゴルフをするにあたって、ゴルフクラブや身に着けるものなど、自分に合ったお気に入りのものは日本から持参することをおすすめします。

その場合、ゴルフバッグの預け荷物は、機体の種類によって搭載可能な荷物のサイズの目安が決まっています。

受託手荷物のルールを確認し、梱包は厳重に行うようにしましょう。

事前準備をしっかり行い、海外でのゴルフを思う存分楽しんでみましょう。

 

▼こちらもチェック

海外旅行で必ず準備すること11項目

国際線機内持ち込み手荷物の注意点(個数、サイズ、重量、液体等の制限)

海外で携帯電話・スマートフォンを使うときは要注意

海外でレンタカーを利用する際の基礎知識と注意事項

もし海外旅行保険に入っていなかったら・・・(トラブル事例)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク