海外旅行中、レストランやサービスを受けた後に支払う「チップ」は日本人にとって、馴染みがない文化でとても面倒と感じることがあると思います。

なぜ代金の支払い以外にチップを渡さなくてはならないのか?

いくら払えばよいのか?

どうせならチップも含めて請求してくれると楽なのですが、アメリカなどを中心に相場や渡すタイミングなど、とても困りますよね。

今回はチップの仕組みやチップの相場、渡し方ついてご紹介します。

 

チップの目的

チップは労働賃金の一部とみなされ、給与システムに組み込まれています。

例えばウエイター、ウエイトレス、ベルマン、ドアマンといった、チップを多く受け取る部署の従業員は、その分給料が低く設定されており、彼らの家計を支える主たる収入はチップということになります。

逆に、ハウスキーピングのようにあまりチップがもらえない部署は、給与は高めに設定されます。

さらに、バックオフィスの部署、つまりお客様と接することのない部署は、インセンティブなど別な形での支給があり、全体として不公平感が出ないように設計されています。

このようにきっちり組み込まれているので、チップを払わない、あるいは相場よりだいぶ低い金額だったりすると、非常識と思われてしまうのです。

 

どのような場面で必要か

私達日本人の日常生活にチップを渡すということがほとんどないために、不安に思う方が多いのではないでしょうか。

海外ではどこでもチップが必要だと思われている方もいらっしゃるようですが、国によって大きく違ってきます。

旅行目的の場所のガイドブックなどに、「チップが必要か否か」、「どんな場面で必要か」、「相場について」ということが詳しく記載されていますので、旅行前に確認しておきましょう。

北米、ヨーロッパ、そしてヨーロッパの習慣が根付いているその他の国でチップが必要となります。

では、どんな場面で必要なのでしょうか。

旅行者が遭遇することが多い場面を紹介します。

ホテル

荷物運搬、タクシーを呼んだ時、ルームサービス、コンシェルジュに用件や依頼、何かを頼んで部屋に持ってきてもらった時、ハウスキーパーなど

レストラン、バー

飲食料金に対して、クローク、ソムリエに対して、バーテンダー、ピザのデリバリーなど

移動

タクシー、無料シャトルバス、観光バスの運転手やガイドに、荷物の積み下ろしに対して

その他

エステシャン、美容院、公衆トイレなど

このように入国してからホテルの部屋に着くまでの間だけでも結構な場面でチップが必要となります。

そのため、空港の両替所で細かくしておくことをおすすめします。

しかし、空港の両替所はレートが悪いから街で替えようと思っている人は、あらかじめ日本で1USドルをいくらか用意しておけばよいと思います。

小額紙幣が無い時は、私はアメリカ以外の国でもUSドルを渡しています。

 

チップの相場

チップの支払額が曖昧でよく分からないという方も多いと思います。

サービスに応じた額をというのが建前ですが、実際相場というものがあります。

それらの相場は、行く場所によっても違ってくるので、事前にガイドブックなどで調べておくとよいでしょう。

大まかに言うと、北米では社会的にチップ制が根付いているので、チップを払う機会が一番多いでしょう。

ヨーロッパでは国にもよりますが、北米ほど頻繁に払う機会は少ない上に金額も少なめですが、その代わり払うべきかそうでないか迷ってしまうこともあります。

アジアでも外国人の利用する施設などではチップを要求されることがあります。

旅行者が一番関係してくるのが、ホテルではないでしょうか。

荷物の積み下ろしなど、どうしても必要となってくるからです。

そういう細々としたサービスには1~2ドル払っておけばよいでしょう。

また、チップのたびに財布を開くのではなく、チップ用として別にすぐに出せるように用意しておきましょう。

レストランは、その国の相場に応じて払います。

例えば北米では15~20%くらいが目安です。

高級レストランの場合では、さらに多く支払うようにしましょう。

ただし、初めからサービスチャージがついている場合はチップは不要です。

チップはサービスに応じた額なのだから、サービスが気に入らなかったら払わなくてもいいのかというと、それはトラブルの元なのでやめておいたほうがいいです。

チップの置き忘れと思われるか、額が少なくても、相場を知らないと思われ、請求されます。

何か気に入らない点があれば、店の人にクレームを言った上で、少なくすることを事前に断っておきましょう。

チップが習慣化しているアメリカのような国では、チップを払わないということは大きなマナー違反となるので、ケチらない方がいいでしょう。

タクシーでも相場が決まっています。

また、荷物の積み下ろしを行ってくれた場合には、それについても荷物1個につき、1~2ドルほどその時に余分に払うとよいでしょう。

旅行前に行く国の「どんな場面で必要か」をチェックし、自分の行動に当てはめて、大きなものは相場を押えておき、それ以外の小さなサービスには1~2ドルを渡すことにすると、そんなに悩まなくていいのではないでしょうか。

 

チップの渡し方

基本的にチップはお札で渡す方がいいでしょう。

小銭をかき集めて渡すのはマナー違反です。

また、チップを渡すたびに大きな財布を開けてというよりは、ポケットからさっと出すか、女性の場合はハンドバックなどのポケットから払う方がよいです。

チップを渡す頻度の高い北米ではチップ用に予め両替しておいて、すぐに取り出せるようにしておくとよいでしょう。

渡し方はおおっぴらにというのではなく、4つ折ほどのお札を周りが気付かないようにさっと相手の手に運ぶように渡すとよいでしょう。

レストランの場合は、テーブル清算後にテーブルにチップを置く方法や予めテーブルにチップを置いて、レジで清算をする方法があります。

また、あらかじめチップ分を含めてお釣りなしとするのもいいでしょう。

お釣りが欲しい場合にチップ込みのような金額を払う場合は、あらかじめ「お釣りを下さい」と言っておかないと、チップ込みと思われることがあるので注意しましょう。

カードで支払う場合は、チップの金額を書き込む欄があるので、所定の金額を書き込むとよいでしょう。

カード決済の機械で払う場合も液晶画面の指示に従うと、チップの金額を決める画面が出てくるので、金額を入れて支払います。

 

まとめ

正規料金以外のお金を払うとなんだか損した気分になってしまいそうですが、上記のような仕組みを知っておけば、少しは納得できるのではないでしょうか。

なお、日本には「心付け」という習慣がありますが、こちらはチップとは異なり、「気持ち」なので、渡しても渡さなくてもいいものです。

給与に組み込まれているということもありません。

この「心付け」と「チップ」同一視してしまうと、つい渡さなくてもいいか、と思ってしまいがちなので注意しましょう。

なお、チップの相場や習慣は国により異なります。

チップ不要の国もあれば、それほどうるさくない国もあります。

逆に、払い忘れると追いかけてくるほど厳しいところもありますので、ご旅行前には渡航先の習慣について確認しておきましょう。

 

 

▼こちらもチェック

海外旅行で使える英会話(海外ホテルのチェックインとチェックアウトで使えるフレーズ)

海外のトイレ事情と対策 トイレットペーパーは必需品

海外旅行のショッピングで気を付ける6つのポイント

海外旅行時の外貨両替はいつどこでするべきか?レートがお得なのは?

海外旅行で必ず準備すること11項目

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク