旅には様々な楽しみ方がありますが、そのなかでも『宿』を一番の目的に考えている方も多いと思います。

実は、ホテル産業はいま右肩上がりで、平成29年の延べ宿泊者数は、全体で4億9,819万人になります。

なかでも外国人宿泊者数は調査開始以来過去最多を記録しました。

そこで今回は、特に話題を集める宿『星野リゾート』に注目しました。

国内外36施設を展開する星野リゾート。

渡月橋から船に乗って宿にチェックインする『星のや京都』、雲の上で時を過ごせる雲海テラスが魅力の『リゾナーレトマム』など、それぞれが唯一無二のサービスを提供しています。

 

非日常を届ける『星のや竹富島』

石垣島から、フェリーで10分ほどの八重山諸島の竹富島に建つホテルです。

48棟の独立した客室は、沖縄の伝統建築を取り入れた造りになっています。

星野リゾートの各施設で行うさまざまなサービスは、本社から指示があるわけでなく、基本的に各施設に全て委ねられており、それぞれの施設内で考えて行われているものだといいます。

星のや竹富島では、宿泊者に『非日常』を届けるため、日々新しいサービスを検討しているそうです。

島ならではの作物を施設で育て、レストランの食事で提供することもその一つです。

優しい甘さの『竹富イモ』を施設の畑で育てています。

「オリジナリティが大事。一番学べるのは、島民と接すること」

そこには、島民とふれあいながら、竹富島ならではのサービスを追求していく姿があります。

星のや竹富島 公式ホームページ

 

星野リゾートがビジネスホテルに参入『OMO5東京大塚』

東京の大塚で新たなホテル『OMO5東京大塚』が5月9日オープンしました。

星野リゾートは、さまざまなブランドを展開しています。

ラグジュアリーな空間を提供する『星のや』。

現代の快適性を備えた温泉旅館『界』。

スタイリッシュな西洋型リゾート『リゾナーレ』。

そして、今回新たに加わる、都市観光に特化したブランド『OMO』。

星野リゾート初となるビジネスホテルを相手にした事業です。

「ビジネスホテルと差別化して見えるかがポイント」と話す総支配人。

『OMO5東京大塚』の客室は、全125室で、広さは一般的なビジネスホテルと同じ約19平米。

限られたスペースのなか、他とは一線を画す新たな戦略を打ち出しました。

それが、客室の一番の特徴でもある櫓(やぐら)寝台です。

中2階のようなかたちになっており、上が寝室、下がリビングエリア。

寝るだけのビジネスホテルとは明らかに違う客室づくりです。

しかも、宿泊料金は素泊まりで1泊1名7,000円~(2名1室利用時)です。

そして、サービスでも新たな戦略を打ち出します。

それが、大塚の街を案内するガイドツアーです。

周辺の飲食店やディープなナイトカルチャーの店へ案内し、それを都市観光ホテルならではの魅力にしました。

さらに、フロントが私服で出迎えるのも、前代未聞の新戦略です。

接客マニュアルで身だしなみ基準があるが、制服だとOMOらしさが出せないとのこと。

カジュアルなOMOブランドを象徴する、新人支配人ならではの大胆な仕掛けです。

OMO5東京大塚 公式ホームページ

 

軽井沢の大自然と共存する『ピッキオ』

星野リゾート発祥の地となるのが『軽井沢星野エリア』。

源泉かけ流しの温泉や、大自然のなか動植物のネイチャーツアーを体験できるのも、この地域ならではの魅力です。

ここ星野リゾートグループ『ピッキオ』では、大自然のなか動植物のネイチャーツアーが体験できます。

しかし、街と森が一体となっている軽井沢では、別荘や観光客の増加に伴い人里に現れたクマによる、さまざまな被害が深刻化しています。

そこで、自然保護活動を行う『ピッキオ』の職員が軽井沢町から委託を受け、クマを森へ帰す活動をしています。

カレリア犬というベアドッグを使って、人間とクマの領域を住み分けているのです。

星野リゾートがこれほど本気でクマ対策を行うのは、利用客を危険から守るだけでなく、軽井沢の魅力でもある豊かな自然を守るためなのです。

豊かな自然であればクマがいることは当然のことで、それ駆除するのではなく、住み分けることが大事なのです。

豊かな自然と観光を共存する強い姿勢がうかがえます。

ピッキオ 公式ホームページ

 

まとめ

日本各地でオリジナルのもてなしを目指して、それぞれの使命を果たしていきます。

これから、どのように旅を面白くしてくれるのか。

星野リゾートの今後の活動が楽しみです。

 

 

▼こちらもチェック

「変なホテル」でロボット勤務の医療クリニック併設 出張中に健康チェック

2018年注目の宿泊先ランキング

シティホテル・ビジネスホテル 顧客満足度ランキング2017

海外旅行のホテルはどこで予約したらよいか? ホテル予約サイト各社比較

2018年旅行業界の8大トレンド

2018年人気がでそうな世界の注目10都市

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング