海外へ渡航する人の中には、お仕事などの関係で愛用の楽器を国外へ持ち出さなければならない人もいるかと思います。

飛行機に乗るとなると愛用の楽器がどのような扱いになるのか、持ち出しは可能なのか、どのような方法で持ち込めるのかなど、気になると思います。

今回は、楽器を機内へ持ち込むときに必要な手続きや注意点を紹介します。

 

楽器ケースによっては機内に持ち込めるのか?

楽器を機内へ持ち込むことは原則可能です。

しかし、それぞれの航空会社によってサイズの規定があり、搭乗する飛行機の種類によって違いがあります。

楽器はサイズや形状の違いによって機内持ち込みまたは預け入れ荷物のどちらかになります。

 

楽器を機内に持ち込む場合

荷物を預けたら乱暴に扱われて戻ってきたという話を耳にしたことはないでしょうか。

もし高価な楽器が破損・紛失してしまうことを考えると、機内にいるときに落ち着けません。

このことから、楽器を目の届かないところに預けてしまうのは抵抗があるはずです。

 

機内持ち込みが安全

各航空会社は楽器の機内持ち込みを許可しています。

機内に持ち込めるなら預け荷物に比べて、安心感が格段に違ってくるでしょう。

しかし、航空会社によって機内持ち込みのルールが異なります。

JALのホームページには、「規定内であれば機内持ち込み可能」と書かれています。

規定についてホームページには、具体的な持ち込み方法が記載されているので確認をしてみましょう。

ANAは、「3辺の合計が115cm以下の場合は可能」とのことで、普通の持ち込み荷物と同様のルールで持ち込みが可能と書かれています。

サイズが超過してしまう場合は、座席を追加購入する必要があります。

楽器は手元に置いておけるほうが安心なので、超過料金は必要経費と考えたほうがいいかもしれません。

それぞれの航空会社には、公式ホームページに手荷物の問い合わせがあるので、確認しておくと良いでしょう。

 

国内線の場合

国内線のJAL、ANA、ソラシドエア、エアドゥではバイオリンなどの小型楽器は、航空会社が用意した専用のバイオリンケースに入れれば、機内に持ち込むことができます。

自分のバイオリンケースは荷物カウンターで預ける必要があります。

また、スターフライヤーやスカイマークも機内に楽器を持ち込むことができます。

航空会社が用意した専用のバイオリンケースのサイズは、JAL以外のサイズは外寸で長さ77cm×幅24cm×高さ13.5cmです。

JALの場合外寸で長さ76cm×幅25cm×高さ13.5cmです。

次の表は機内に持ち込むことができるサイズをまとめた表です。

機体の大きさ サイズ
100席未満 3辺の合計が100cm以内(45cm×35cm×20cm)
100席以上 3辺の合計が115cm以内(55cm×40cm×25cm)

 

LCCの場合
ジェットスター

ジェットスターの場合、楽器に限り次の表の条件で機内に持ち込むことができます。楽器は適切に保護する必要があります。

楽器の大きさ 最大重量 最大サイズ(高さ×幅×奥行)
小型楽器 7kg 85cm×36cm×23cm
大型楽器 15kg 120cm×45cm×30cm
特大サイズ楽器 15kg 140cm×45cm×50cm

※大型、特大楽器は楽器用に座席を別途購入する必要あり

ピーチ・アビエーション

ピーチ・アビエーションの場合、楽器ケースの3辺の和が115cm以内かつ重さが10kg以内であれば機内に楽器を持ち込むことができます。

バニラエア

機内に持ち込めるサイズ内で、10kg以内であれば持ち込めます。

春秋航空日本(スプリングジャパン)

機内持込可能サイズ内(56cm×36cm×23cm、3辺の和115cm以下、重さ5kg以内)であれば、機内に持ち込めます。

 

楽器を機内に預ける場合

楽器を運ぶにあたって、持ち込み荷物として自分の近くに置いておければ安心ですが、サイズが超過してしまった場合は残念ながら手荷物として預けなければなりません。

預け入れの条件としては、スーツケースと同じ規定範囲内である航空会社が多いようです。

しかし、あまりにも大きな楽器の場合は、スペースの都合により断られてしまうことがあります。

機内に持ち込むことができない楽器は、受付カウンターで預ける必要があります。

一般航空会社では預ける際に「ギター用ケース」「小型楽器用ケース」「大型楽器用ケース」の貸出しを行っており、ケースの中には緩衝材が貼られています。

「ギター用ケース」「小型楽器用ケース」は事前予約が不要です。

「大型楽器用ケース」搭乗予定便の出発前の48時間前までに利用する航空会社に連絡する必要があります。

 

ギター用ケースのサイズ

「ギター用ケース」のサイズは、ANAが内寸で幅137cm×高さ21cm×奥行44cmです。

JALは幅132cm×高さ17cm×奥行40cmです。

 

小型楽器用ケースのサイズ

「小型楽器用ケース」のサイズは、ANAが内寸で幅90cm×高さ30cm×奥行40cmです。

JALは内寸で幅90cm×高さ27cm×奥行40cmです。

トランペットやサックスなどを預けることができます。

 

大型楽器用ケースのサイズ

「大型楽器用ケース」のサイズは、ANAは内寸で幅206/196 cm (緩衝材含む)×高さ48cm×奥行74/64cm(緩衝材含む)です。

コントラバス(ウッドベース)を預けることができます。

空港へ行く前に自分の楽器ケースの大きさを測っておくことをおすすめします。

▼こちらもチェック

国際線受託手荷物(預け荷物)の注意点(個数、サイズ、重量、超過料金)

 

追加料金を払えば持ち込み可能

機内に持ち込むことができる手荷物のサイズは決まっていますが、もう一つ座席を購入すれば楽器を機内に持ち込むことができます。

座席を購入する際の価格は特別旅客料金となり、JAL、ANAの普通席の場合11,300円追加で支払えば機内に持ち込めます。

1席にまとめて複数の楽器を固定する場合は、バイオリン、ヴィオラよりも小さい楽器についてはまとめた場合の幅が43cm以内であれば1席にまとめて複数の楽器を固定することができます

 

楽器には保険を

航空会社は楽器やパソコンなど壊れやすいものが破損しても、固有の欠陥、または性質から生じたものである場合は、万が一損害が生じたとしても責任を負わないとの規約があります。

補償してくれる場合もあり、過重量、過容量による楽器破損、老朽化など手荷物固有の不具合に起因した破損、搭載する過程での破損は免責となり、補償してくれます。

楽器には動産保険という保険をかけることができます。

動産保険とは、保険の対象とした楽器の保管中、使用中、輸送中を通じて不足かつ突発敵な事故による損害を補償してくれる保険です。

機内に楽器を持ち込まない場合は、万が一ということもあるので、保険に加入してみてはいかかでしょうか。

 

税関申告が必要な場合があります

楽器を機内持ち込みできたとしても、入国する国によっては税関申告がある場合があります。

過去には税関申告漏れを指摘され、楽器を没収されたというケースもあります。

楽器を持ち込む場合には、当該国に出入国時の際、指定の税関手続きを行ってください。

 

まとめ

各航空会社は機内持ち込みに関して柔軟に対応してくれます。

ユナイテッド航空では、楽器専用の座席チケットを購入するように呼びかけています。

持ち込みに関して、全て制限の範囲内であることが条件とされていますが、重量が75kgを超過していないこと、適切な梱包が施されていることなどが挙げられています。

したがって、キーボード・ギター・複数のバイオリンなどの場合、特別料金が必要になってきます。

頑丈なハードケースに詰め、蓋が開いてしまわないようにベルトなどで固定する対策が必要になってくるでしょう。

料金などはその都度ユナイテッド航空まで問い合わせが必要です。

海外へ楽器を持っていくなら預け荷物としてではなく、機内に持ち込む方が安全です。

加えて、移動のときに破損を防ぐため、ケースの中にもエアーキャップなどで衝撃を吸収するよう対策を取ることをおすすめします。

楽器を持ち込みたい場合、予約の必要があるので、必ず事前に航空会社へ確認するようにしましょう。

また、持ち込みの条件や規定も航空会社によっても異なり、また国際線と国内線でも異なります。

その都度、航空会社から最新の情報を確認するようにしましょう。

旅行会社で航空券の予約をされている方は、旅行会社を経由して確認することになります。

 

 

▼こちらもチェック

航空券予約から空港での搭乗手続きを行うまでの流れ

海外航空券の予約手配で気を付ける5つのポイント

国際線機内持ち込み手荷物の注意点(個数、サイズ、重量、液体等の制限)

モバイルバッテリーや電池は飛行機の機内持ち込みができるのか?

海外の電圧とコンセントプラグ・電源プラグの形状

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク