世界各国のパスポートについて旅行の自由度を測定しているヘンリーパートナーズの「パスポート・インデックス」の2018年グローバルランキングで、日本が単独1位となりました。

これは、査証なしで自由に移動できるパスポート発行国を示します。

日本のパスポート保持者が移動できる国は189か国。

2位はドイツ、シンガポールの188か国。

3位はフィンランド、フランス、イタリア、スウェーデン、スペイン、韓国の187か国。

調査対象国のうち、最低はアフガニスタンの30か国でした。

パスポートのグローバルランキング2018の上位は以下となります。

 

「パスポート・インデックス」2018年グローバルランキング

1位:日本(189か国)

2位:ドイツ、シンガポール(188か国)

3位:フィンランド、フランス、イタリア、スウェーデン、スペイン、韓国(187か国)

4位:ノルウェー、イギリス、オーストリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、アメリカ(186か国)

5位:デンマーク、ベルギー、スイス、アイルランド、カナダ(185か国)

 

この調査は、ヘンリー社がIATA(国際航空運輸協会)の協力を得て、IATAが保有する旅行情報データベースを活用して作成しています。

今回は199のパスポートが対象となります。

 

▼こちらもチェック

パスポート取得は5年と10年どちらがよいのか?

パスポートの残存日数があっても渡航できない? 国別必要有効期限リスト

 

パスポートの信用度

ビザなしで渡航できる国が多いほど、その国の信用度が高いということです。

つまり、日本のパスポートは世界で最も信用度が高いということになります。

ビザ(査証なしで入国が許可される国が多くなり、よりたくさんの国へ渡航しやすくなるわけです。

ビザ(査証)とは、その人物が持っているパスポートが有効であり、かつ、その人物が入国しても何ら問題はないことを示す証明書です。

どの国も、外国人が不法滞在したり、麻薬等の密売、人身売買、テロ活動、スパイ行為などを警戒します。

犯罪歴などの身元審査によって入国するにふさわしいと判断された人物に対して、ビザが発給されることになります。

このビザが不要ということは、その国のパスポートの保有者ならば、無条件で入国を許可しても差し支えないと判断されているということです。

日本が180もの国々からビザが不要と判断されているのは、政治的な安定、経済的繁栄、文化・教育レベル高さなどが総合的に判断された結果です。

これを大いに誇ってもいいと思います。

 

北朝鮮への入国は?

信用度の高い日本のパスポートですが、北朝鮮には通用しません。

国交がないことが理由です。

したがって、北朝鮮には日本大使館も存在しません。

しかし、国交がないからといっても、全く訪問できないことはありません。

日本人が北朝鮮を訪れようとする場合、あらかじめ中国・北京の北朝鮮大使館に出向き、ビザを発給してもらわないといけません。

この手続きは少々難しいため、日本にいくつかある朝鮮ツアー専門の旅行社に代行してもらう方法が一般的です。

そして北朝鮮に入国できても、日本のパスポートは何の効力も発揮しません。

パスポートをパスポートとして認識するのではなく、「日本という国が作成した本人確認書類」くらいにしか思われないのです。

実際、入出国の際にスタンプを押されることもありません。

また、海外でトラブルに巻き込まれたときは、現地の日本大使館・領事館がサポートしてくれますが、北朝鮮にはそれがないので、誰も助けてはくれません。

さらに、北朝鮮入国時に発給されたビザも、出国時には回収されますので、手元には入国した証拠すら残らないようになっています。

一方で、ビザの申請の際に必要な個人データは北朝鮮に保管されたままです。

こういった状況ですので、日本の外務省は北朝鮮への渡航の自粛を呼びかけています。

安易な北朝鮮への渡航は控えましょう。

 

イスラエル入国時のスタンプは要注意!?

イスラエルへの入国を示すスタンプがパスポート上にあると入国を拒否する国があります

入国拒否をする対象国は、イラク、レバノン、リビア、サウジアラビア、スーダン、シリア、イエメン、ソマリアといった国々です

これらの国々は、イスラエルと政治的・宗教的に敵対関係にあるため、イスラエルへの入国のスタンプがあると入国を拒否されます。

また、その逆も同じで、イスラエルの入国もイラク、レバノン、リビア、サウジアラビア、スーダン、シリア、イエメン、ソマリアといった国々への入国スタンプがあれば、拒否してきます。

入国拒否までには至らなくても、マレーシアやシンガポール、トルコなどイスラム教の国は、イスラエルへの入国歴のある人物を極端に警戒します。

場合によっては、入国審査の際、別室に連れて行かれて詳しく事情を聴かれるというケースもあるようです。

 

ロシア入国も要注意!?

日本からロシアに行くには、ビザが必要となります

ソ連邦時代に外国人はスパイと見なしていた名残りといわれております。

日本のパスポートも当然、効果を発揮します。

しかし、ロシアには親日家が多く、日本人に対しては友好的な方が多い印象です。

そして、注意したいのは、北方領土への渡航です

北方領土(歯舞・色丹・国後・択捉)は日本の固有の領土ですが、現在は、ロシアが実効支配し、行政権を行使しています。

日本人が北方領土に行こうとする場合、ロシアにビザを発給してもらわないといけません。

ロシアにビザを発給してもらい、日本のパスポートを持って渡航するということは、すなわち、北方領土はロシアの領土だと認めたこととなります。

戦前、北方領土に住んでいた人が墓参りなどで渡航していますが、これは政府同士が特別にビザ不要で合意しているからです。

「自分には関係ない」とロシア発給のビザで北方領土に行くのは自由ですが、パスポート等に記録は残りますし、何かあれば批判の対象になりかねません。

実際、北方領土の国後島で海産物関係のビジネスをやっていた日本企業は、「ネトウヨ」の餌食となり、連日、右翼の街宣車が会社に押しかけ、倒産寸前のところまで追い込まれていました。

日本の外務省は北方領土への渡航の自粛を呼びかけています。

 

▼こちらもチェック

ビザ(査証)が必要な国と取得・申請方法

 

まとめ

日本のパスポートの信用度は世界一ですが、渡航に注意しなければならない国もあるということです。

北朝鮮、イスラエル、北方領土も、行こうとは思う方はいないかと思いますが、状況はお分かりいただけたかと思います。

ただ、世界的に見ても、日本人は他国の方より自由に世界を周りやすいというこもいえます。

長い人生の中で、一つでも多くの国に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

▼こちらもチェック

2018年注目の海外旅行先ランキング

2018年人気がでそうな世界の注目10都市

世界で最も便数の多い国際路線ランキング・トップ20

海外旅行を予約する時の3つの手配方法

海外旅行で必ず準備すること11項目

 

[cc id="174" title="バナー(にほんブログ村、ブログランキング)"]
おすすめの記事