アプリ市場データを提供するアップアニーは、直近3年間の「旅行&ナビ」カテゴリや、旅行にかかわるアプリの調査結果から、ゴールデンウィークに関係するデータを発表しました。

これによると、「旅行&ナビ」のアプリのダウンロードは、ゴールデンウィーク前から伸び始め、開始(4月29日)後にピークを迎えると予想。

 

2017年にダウンロード数が多かったのは、旅行ガイドブック「まっぷる」と連動し、地図のダウンロード機能やクーポン機能が付いた「まっぷるリンク」と、ディズニーランドの待ち時間を知らせる「待ち時間forTDL&TDS」、翻訳アプリ「VoiceTra」などです。

また、「Google Map」、「Yahoo地図」などの地図アプリやナビゲーションアプリ、乗換案内のアプリもダウンロード数を伸ばしました。

 

さらに、アップアニーでは、旅行に関連するアプリは「旅行&ナビ」のカテゴリだけではないと指摘しました。

旅行計画時のタビマエ、旅行中のタビナカ、旅行後のタビアトで、利用が増えるアプリに傾向がみられるようです。

 

例えば、タビマエでは、「インスタグラム」や「フェイスブック」などのSNSが旅行を考えるきっかけととなる場合もあります。

その上で、予約アプリで旅行のスケジュールを確定します。

タビナカでは、旅先の人気グルメを探す目的で、ローカルビジネスのレビューサイト「Yelp」を利用したり、旅先に出現するレアポケモンをゲットするため「ポケモンGO」で遊ぶ人もいます。

旅行後には「LINE」やSNSに思い出を投稿します。

 

これを踏まえアップアニーは今や、アプリが旅行体験を支え、旅行を魅力的なものにしているといいます。

ゴールデンウィークのような季節のトレンドでは、旅行者のデジタル上の行動や異業種間の親和性の高いサービスなどについて、根拠を持って戦略に落とし込むことで、ダウンロードや利用を効率よく伸ばす機会になります。

 

なお、2018年第1四半期のホテル予約アプリの月間アクティブユーザー数(MAU)では、上位2位は、「じゃらん」、「楽天トラベル」と日本企業のサービスが独占してます。

ただし、3位以下は「トリップアドバイザー」、「ブッキング・ドットコム」「エアビー(Airbnb)」と続き、海外企業のサービスや、民泊利用の広がりが見て取れます。

 

まとめ

以前のように、ガイドブックや時刻表を調べて旅行計画を立てる時代は終わりました。

今はスマートフォンだけでほとんどの旅行計画を立てることができ、思い出のシェアにも一役買ってくれています。

スマートフォンとアプリが個々の旅行を便利に楽しむためのツールとなっているのです。

 

 

▼こちらもチェック

インスタ映えが重要視される旅行先

旅行アプリおすすめ人気ランキング スマホで旅をより快適に

2018年ゴールデンウィークの人気旅行先ランキング

体験型謎解き脱出ゲーム(リアル脱出ゲーム、リアル捜査ゲーム、リアル潜入ゲーム)が流行

気軽にLINEで旅行の相談から予約まで 新サービス「ズボラ旅 by こころから」

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク