子供と一緒の海外旅行。

飛行機の中での機内食も海外旅行の楽しみの一つであり、子供の食事内容も気になるところ。

飛行機内の食事には「チャイルドミール」という子供向用の機内食があります。

見た目もかわいくて、子供も喜ぶ食事になっております。

飛行機の中で子供が飽きずに楽しく機内食を食べてくれると大人も一安心だと思います。

今回は、家族での海外旅行を飛行機の中から盛り上げてくれる、特別機内食「チャイルドミール」についてご紹介します。

 

チャイルドミール(CHML)

2歳~5歳向けの食事。

お子様ランチのような食事で柔らかく食べやすいように調理されてます。

航空会社によって2歳未満での注文可能だったり・12歳未満の年齢制限・ベジタリアン用の用意ができることもあります。

 

離乳食 Post Weaning Meal(PWML)

離乳中期(モグモグ期)頃から離乳完了前までの粒が残った食事。

会社によって用意されていない場合があります。

 

ベビーミール(BBML)

離乳初期(5か月以後)の食事。

市販されているペーストタイプのビン詰めの離乳食です。

 

アレルギーがある場合は、アレルギーの内容(卵、牛乳、小麦など)を伝え、除去をお願いしましょう。

他にも飛行機内で食べられるスペシャルミールや健康上に考慮したて選べたり、アレルギー対応で選べる特別食もあります。

※航空会社によって用意されていない食事もあります。

 

▼こちらもチェック

飛行機内で食べられるスペシャルミール(機内特別食)

健康上の機内特別食とアレルギー対応の機内特別食

 

予約方法

航空会社も事前の準備がありますので、出発の直前では間に合わないケースがあります。

もし、頼んでみたい方は、早めに予約先の旅行会社または航空会社へ依頼しておきましょう。

また、旅行会社、航空会社が気を使って手配していることが多いのですが、たまに手配を忘れてしまうことがありますので、こちらから依頼しておくようにしましょう。

航空券手配をしていた頃の個人的感想ですが、日系の航空会社のほうが細かいところまで対応してくれた印象です。

予約は出発時刻の24時間前~96時間前までにする必要があると言われております。

特にアレルギー対応、制限が多い場合は、1週間程度かかる場合がありますので、航空券の予約をしたらなるべく早めに予約することをお勧めします。

航空会社によっては、上記の機内特別食が設定されていない場合もありますので、食事について気になる方は、事前に確認しておきましょう。

 

もし手配を忘れてしまっても、当日チェックインカウンターでお願いすれば、間に合うこともありますので、駄目元で頼んでみましょう。

 

▼こちらもチェック

海外旅行でベビーカーは持参するべきか?レンタルするべきか?機内でのオムツの交換は?

エピペンを飛行機の機内に持ち込むことは可能か?

機内の過ごし方を快適にして長時間フライトを楽しむ方法

海外で機内モードをオフにするとデータ通信費用が発生!?

液体物の機内持ち込み制限で注意すべきこと

モバイルバッテリーや電池は飛行機の機内持ち込みができるのか?

国際線機内持ち込み手荷物の注意点(個数、サイズ、重量、液体等の制限)

空港の保安検査で手荷物検査に引っかからずに通過する方法

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク