旅行の出発日に天気予報で台風が近づいてきていることと知った時、慌てることもあると思います。

また、天候以外でも航空会社の機材故障や予期せぬトラブルで欠航になることもあります。

ここでは、旅行の出発直前で慌てないように、飛行機の欠航など悪天候や機材故障で旅行の予定に変更が起こる場合の対処方法をご紹介します。

 

悪天候で飛行機が欠航になった場合

台風などの大雨・暴風以外にも、吹雪や霧など気象状態も様々です。

これら気象条件の不可抗力によって、飛行機が欠航にすることがあります。

 

▼こちらもチェック

台風シーズンが気になる 沖縄旅行とグアム旅行の台風対策

 

往路便(行きの便)欠航の場合

往路便が欠航になったら、旅行そのものをキャンセルする場合と、振替便で沖縄現地に向かう場合の2つの選択肢があります。

1.旅行をキャンセルする

旅行会社で予約したパッケージツアーの場合、飛行機の欠航が出たら、キャンセルが認められ全額返金されるケースがほとんどです。

直接航空会社に飛行機を予約していた場合でも、キャンセルの際は全額返金されます。

ただし、格安航空会社(LCC)は会社や状況によって全額返金にならない場合もありますので航空会社へ確認が必要です。

返金時の手数料はお客様負担になることもあります。

2.他の便で行く

欠航した予約便以外の希望の便(翌日でも可能)に空席があれば、無料で振替え手続きをすることができます。

電話やインターネットでチェックした際に空席がなくても、空港カウンターで空席待ちの申し込みをしておけば、当日の

キャンセルが出れば搭乗することもできます。

空席待ちの申し込みは空港カウンターでのみ受け付けています。

カウンターで遅延・欠航となった便の予約が確認できるものを提示して、振替便の申し込みをしましょう。

確約は出来ませんが、早めに空港へ行くことで優先的に振替される可能性がありますので、予約便は欠航になってしまったが何としてでも旅行に行きたいという人は、とにかく早めに空港に向かうことをおすすめします。

 

復路便(帰りの便)欠航の場合

帰りの予約便が欠航になってしまった場合は、往路と違ってとにかく帰らなければいけない状況です。

他の便に振替えて帰るという方法しかないので、航空会社に直接振替えの手続きを行います。

空席がなく翌日の便になった場合は、旅行先での追加宿泊費用はお客様負担となるケースが多く、旅行会社に予約している場合は旅行会社へ、航空会社へ予約している場合は航空会社へ問い合わせ、ホテルの紹介をしてもらいましょう。

ただし、国内旅行の場合、パッケージツアー販売会社に紹介してもらうと、ホテルのみの取り扱いは割高になってしまうこともあり、ホテル予約サービスを利用する方が安くなることも多いようです。

しかし逆に、ホテル予約サービスでは空いていなかったホテルでも、旅行会社経由で手配すると予約ができるという可能性もあるので、両社に問い合わせしながら検討してみましょう。

同じ状況で困っている方が多いなか、ゆっくり検討している間に、ホテルの空室が埋まってきます。

慎重に検討しながらも速やかに予約して、その日の宿を確保しましょう。

予約便欠航時の次便が満席の場合、原則的には「空席のある便が出るまで待機」しなければなりません。

一番早い空席のある便を提示してくれますが、そのときの状況によりそれがいつになるかは分かりません。

臨時便が設定されることもあり、何日も旅行先で待機しなければいけないというケースはほとんどありません。

※往路同様、空席待ちの手続きは空港カウンターでのみ受け付けています。

※振替え時に予約便よりも料金が高い飛行機になった場合でも、往路・復路いずれも差額分の支払いは生じません。

逆に、予約便よりも料金が安くなった場合、JALやANAなど航空会社によっては差額を返金してくれることもあります。

 

条件付き運航

また、悪天候が予想され、事前に「条件付き運航」になる場合があります。

「条件付き運航」とは、現段階ではまだ欠航にはなっていないが台風接近などで、当日欠航になる可能性があるということで、ご自身の判断でキャンセル(全額返金)することが可能です。

国内線であれば、搭乗の2日前に条件付きが出たら、その時点でキャンセルすることもできますし、当日まで待ってキャンセルすることも可能です。

どちらでも全額返金になります。

 

機材故障などが原因で遅延する場合

機材故障が原因で旅行会社などに起因する遅延の場合も、基本的な対応は悪天候時と同様です。

「連帯運送契約締結会社」という設定がある旅行会社だと、他社便での振替えも可能になります。

または飛行機以外の他定期交通機関への変更になる場合もあります。

対応が変わり得るので、遅延の原因についても、しっかりと確認しておきましょう。

 

予約便が欠航になっているかの確認方法

各航空会社のホームページで確認ができます。

 

注意しなければいけないこと

台風が近づいている場合でも、独自の判断でキャンセルをしてしまうと、規定のキャンセルチャージが発生します。

飛行機は少しでもフライトの安全に支障を来すと判断する場合は、欠航となりますので、台風の接近などによる欠航の可

能性が高い場合は、1~3日前ぐらいから条件付きを出すことが多いようです。

上記を参考に、台風接近などの悪天候の予報が出ても、慌てずに振替など冷静に対応しましょう。

 

海外旅行保険の保険金が出る場合も

海外旅行保険の中に「航空機遅延費用特約」があれば、搭乗予定の飛行機が遅延や欠航になり、現地にてもう一泊しなければならなくなり宿泊費用が掛かった場合、保険金でカバーできます。

但し、概ね6時間以上の出発遅延・欠航した場合に限られます。

もちろん、台風による遅延も含まれます。

保険金の支払い対象は、食事代・ホテル代・交通費・通信費・キャンセル料等です。

保険請求のため、領収書と航空会社の遅延証明書(空港の現場で発行してもらいましょう。)をもらっておきましょう。

クレジットカードの付帯保険には付いていないことが多いので、台風などが想定される場合には、対応した保険の契約をお勧めします。

契約内容の詳細については、保険契約時の約款を確認しておきましょう。

 

▼こちらもチェック

海外旅行保険3つの加入方法

海外旅行保険各社の特徴と比較

 

まとめ

特に沖縄やグアムでは台風が多く上陸する地域です。

予約の時点で台風などはある程度、想定できますので、旅行時期をずらせる方は台風シーズンから避けることもおすすめです。

どうしても台風シーズンにしか旅行できないとなれば、万が一の悪天候を想定して、早めに空港へ行くスケジュールを立てておきましょう。

私が旅行手配の担当をしていた時は、台風ではとにかく早めに動くことで良い方向へ解決することが多かったです。

出発地が悪天候であれば、空港へ向かうまでの道のりでも、電車が遅延、高速道路が事故で渋滞なども予想されます。

是非、悪天候に備えた準備を心がけて頂ければと思います。

 

 

▼こちらもチェック

海外航空券の予約手配で気を付ける5つのポイント

旅行の予定を変更しなければならなくなった時の対処方法

交渉に役立つ航空券の予約変更3つの処理方法

海外旅行を予約する時の3つの手配方法

航空券予約から空港での搭乗手続きを行うまでの流れ

海外旅行で必ず準備すること11項目

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング