全日空(ANA)は2019年春に東京/ホノルル線で導入する3機のエアバスA380型機について、機体デザインと機内仕様を発表しました。

すでにANAでは、同路線の特別塗装を「空飛ぶウミガメ」とし、愛称は「FLYING HONU」に決定。

 

エアバスA380型機 「FLYING HONU」3機のデザイン

今回はさらに機体の色について、ハワイをイメージした「空」(ANAブルー)、「海」(エメラルドグリーン)、「夕陽」(サンセットオレンジ)と、それぞれ個性を持たせる仕様とすることを発表しました。

 

※ANA NEWS 発表資料より

 

エアバスA380型機(520席仕様)シート

2階建ての機内は全520席で、2階のアッパーデッキはファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席を配置しました。

ANAのホノルル線で初導入となるファーストクラスは、日本初のドア付き個室型シートを設置。

ビジネスクラスは従来の座席を互い違いに配置するスタッガード配列ではなくペアシートととし、家族やカップルなどレジャーの利用の多い路線として工夫します。

1階のメインデッキはエコノミークラス383席。

※ANA NEWS 発表資料より

 

シートプロダクトについて

エコノミークラスには、日本の航空会社で初となるカウチシート「ANA COUCHii」を後方の60席導入します。

隣接する席のレッグレストを上げて、3席分または4席分をベッドのように利用できるもので、小さな子供連れの搭乗客が寝転んで休めるよう、専用の寝具を用意します。

カウチシートは通常のエコノミークラス運賃に追加料金で利用できます。

フルフラットになるビジネスクラスには、これまでのスタッガード配列を変更し、ご家族やカップル同士で隣接できるペアシートを導入します。

ファーストクラスには、エアバスA380型機のゆとりある空間を活かし、日本初となるドアを装備した個室型シートを導入します。

<ファーストクラス>

・ドア付の個室型シートを採用
・32インチタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーン
・大型テーブルを設置
・左右の読書灯に加え食事灯を装備
・ジャケット収納可能なクローゼットや複数の小物入れなど収 納スペースが充実
・PC電源、USBポートを装備

※ANA NEWS 発表資料より

<ビジネスクラス>

・全席通路ダイレクトアクセス・フルフラットシー
・ペアシートを設置(中央席ならびに通路を挟んだ一部座席)
・18インチタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーン
・大型テーブル、大型サイドテーブルを設置
・PC電源、2個のUSBポートを装備

※ANA NEWS 発表資料より

 

▼こちらもチェック

ビジネスクラス 3つのシートタイプ

ビジネスクラスの特別な付帯サービス

 

<プレミアムエコノミー>

・ゆとりある38インチのシートピッチ
・15.6インチのクラス最大級タッチパネル式パーソナルモニター (最前列は11.6インチ)
・約90度に回転する大型テーブルを採用(通路へのアクセスが 容易)
・レッグレスト・フットレスト完備
・ヘッドレストは6方向に調整可能
・携帯電話など、小物の収納スペースが充実
・PC電源、USBポートを装備

※ANA NEWS 発表資料より

<エコノミークラス>

・最新薄型軽量シートを採用
・2種類の新ファブリックを採用し、明るい雰囲気を演出
・34インチのシートピッチ(ANA COUCHii 32インチピッチ)
・13.3インチのクラス最大級タッチパネル式パーソナルモニター(最前列は11.6インチ)
・ヘッドレストは6方向に調整可能
・PC電源、USBポートを装備

※ANA NEWS 発表資料より

 

機内設備について

多目的ルームの設置

メインデッキ(1階席)後方には、着替え・パウダールーム・授乳など様々な用途でどなたでもご利用いただける多目的ルームを設置します。

多目的ルームには、シンクほか、ベンチシートや着替え台、おむつ交換台などにも利用できます。

※ANA NEWS 発表資料より

 

バーカウンターの設置

ファーストクラス・ビジネスクラス・エコノミークラスには、自由にドリンクやスナックなどの軽食がとれるバーカウンターを設置します。

 

機内のグラフィック・ライティングについて

機体外観の「空」「海」「夕陽」に加え、「朝日」「星空」「虹」などハワイらしい景観をイメージした壁紙やライティングでハワイの雰囲気やわくわく感を搭乗中でも体感することができます。

虹をイメージしたライティング

空・海をイメージしたライティング

空をイメージしたグラフィック(エコノミークラス)

※ANA NEWS 発表資料より

 

また、チャットボット型AIを活用したポータルサイト「#hawaii24」を開設し、ユーザーが会話を楽しみながらハワイの情報を収集できるツールとして提供していく予定です。

 

 

▼こちらもチェック

全日空国際線の気になる情報(機材、シート、受託手荷物、機内持ち込み手荷物、ラウンジ、マイレージ)

日本航空(JAL)が格安航空会社(LCC)事業に2020年本格参入

格付け航空会社ランキング2017

ビジネスクラス 3つのシートタイプ

ビジネスクラスの特別な付帯サービス

マイレージプログラム比較 マイルを貯めてお得に旅行しよう

機内の過ごし方を快適にして長時間フライトを楽しむ方法

海外航空券の予約手配で気を付ける5つのポイント

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング