海外旅行で入国した最初の難関となる入国審査。

初めて海外に出かけるという方はもちろん、旅慣れている方でも毎回緊張するところだと思います。

そんな入国審査をスムーズに通過するために、今回は一般的な入国審査の流れや、質問内容、入国審査のときに使える定番の英語表現をご紹介します。

 

入国審査では何をチェックされるのか?

入国審査では、パスポートとビザをもとに、渡航者の身元と渡航目的の確認が行われます。

過去の渡航歴はもちろん、特定国の渡航においては入国許可が事前に承認されているか(アメリカ、カナダ、オーストラリア等の場合)、渡航目的に合ったビザを持っているかをチェックされます。

さらに、渡航目的に応じた活動を現地で実際に行う予定があるかを確認するために、審査官は滞在期間や滞在予定地、帰国日などの質問をしてきます。

回答の内容によってはそれに関連する事柄を追加で質問されることもありますが、これは、発言内容にうそや偽りがないかを確認するためなので、質問された内容に対して、適切に答えを返すことが大切です。

 

一般的な入国審査の流れ

飛行機到着⇒入国審査⇒荷物の受取⇒税関⇒入国

飛行機を降りたら入国審査場(immigration/passport control)へ移動、カウンター前の列に並んで入国審査官に呼ばれるまで待機します。

審査時に必要な書類はパスポートと入国カード(immigration card)です。

入国カードは国によって必要な場合と不要な場合があるので、事前に確認しておくと安心です。

また、いくつかの国では査証(visa)、出国時の航空券などが必要になる場合もありますので、取り出しやすいところに入れておくようにしましょう。

また入国カードは基本的に飛行機の中で配布されますので、飛行機に乗っている間に記入を完了させましょう。

入国カードの書き方はガイドブックに掲載されている場合も多いですので、不安な方はガイドブックを手荷物に入れておくのも一案です。

 

入国審査時のおもな質問内容

カウンターでは審査官からいくつかの質問をされます。

必ず聞かれる質問事項

‣滞在の目的(観光もしくは仕事)

‣滞在期間

‣滞在先(ホテル名など)

質問はスムーズに答えられるように準備をしておきましょう。

国によっては顔写真、指紋の写真などを撮る国もありますので、審査官の指示に従って進めてください。

 

入国審査のときに使える英語表現

入国審査は警察に職務質問されているような雰囲気で緊張することもありますが、質問に対しては正直に回答を述べましょう。

基本的には単語だけでもいいので、簡潔に答えるのがポイントです。

以下では、入国審査で使える定番の英語表現を審査の流れに沿ってご紹介します。

 

1. パスポートを提示

入国審査がまわってきたらまずはパスポートを提示します。

パスポートカバーなどのケースに入れている場合は、はずした状態で渡しましょう。

質問:May I see your passport?(パスポートを見せてください。)

回答:Here you are.(どうぞ。)

「Passport please.」「Passport!」などと短く言われる場合もあります。

特定のビザがある場合は、「I have a ○○ visa.(私は○○ビザを持っています。)」と言って、あわせて提示しましょう。

 

2. 訪れた目的を聞かれたら

パスポートを提示すると次に訪れた目的を尋ねられます。

その場合は観光か仕事かなど訪れた目的を伝えましょう。

質問:What’s the purpose of your visit?(渡航目的は何ですか。)

回答:For sightseeing./ For business.(観光です。/仕事です。)

「Are you here for business or pleasure?(仕事ですか?遊びですか?)」のように聞かれることもあります。

聞かれたら、あなたの渡航目的を答えましょう。

Forのあとに目的となる名詞や動詞を入れると簡潔で分かりやすくなります

 

3. 滞在期間を聞かれたら

滞在期間について尋ねられたら、期間の部分を強調して伝えましょう。

質問:How long will you stay in this country?(この国にどれくらい滞在しますか。)

回答:One week./ For 3 days.(1週間です。/3日間です。)

「How long are you going to stay?」「How many days will you be staying?」など、審査官によって表現はいくつかありますが、質問のキーワード「How long/ How many days」をおさえて聞くようにすると答えやすくなります

 

4. 滞在先について聞かれたら

滞在先は必ず質問されます。簡潔に答えましょう。

質問:Where are you staying in ○○?/ What’s your address in ○○?(どこに滞在しますか。)

回答: At the ○○./ Staying ○○ hotel in Paris.(○○ホテルです。/パリにある○○ホテルです。)

言葉に詰まるようでしたら滞在先のホテルが分かる書類とホテル名を告げるだけでもOKです。

 

5. 同行者について聞かれたら

同行者について尋ねられる場合もあります。

一人旅であれば一人であること、同行者がいる場合は、家族や友人などと答えましょう。

質問:Are you traveling by yourself/ with your friends?(一人での/友達との旅行ですか。)

回答:I’m traveling by myself.(一人旅です。)/ With my family.(家族)/ With my friends.(友人) / With my husband or wife.(夫または妻)

簡潔かつ迅速に答えるにはWithのあとに同行者との関係性を述べるだけでもいいでしょう。

 

特殊な入国審査とその対応について

近年、テロなどの影響で、入国審査のチェックが厳しくなっている国も増えています。

帰りのチケットの確認や指紋認証など、内容は状況に応じて異なりますが、検査官の質問にそってあせらず対応するようにしましょう。

帰りのチケットを見せるよう言われたとき

審査官:Do you have a return ticket?(帰りの航空券はお持ちですか。)

回答:Yes. Here it is.(はい。これです。) ※帰りの航空券を提示しましょう。

 

アメリカの入国審査について

アメリカの入国審査時は、指紋認証や顔写真の撮影もあります。

審査官に指示されたら、案内に従って行動しましょう。

パスポートを返してもらったら入国審査は終了です。

【指紋認証】

審査官:Press four fingers on your right hand, please.(右手の4本の指をスクリーンの上に置いてください。)

【写真撮影】

審査官:Look at the camera, please.(カメラを見てください。)

※メガネや帽子、マスクなどは外すように要請されますので、指示に従いましょう。

 

▼こちらもチェック

アメリカやハワイ入国時に必要なESTAの申請(再申請)方法

 

相手の言っていることが分からない場合

ある程度英語を勉強していったとしても、どうしても相手の言うことがわからない場合もあるでしょう。

以下、そのような時に使えるフレーズと、注意点をご紹介します。

相手の言うことが聞き取れない

I beg your pardon?(もう一度言ってください。)

Please speak more slowly.(もっとゆっくり話してください。)

相手の言うことが聞き取れないとき、Sorry?(すみません)と聞き返すだけでも大丈夫です。

また何度言ってもらっても相手の言うことがわからない場合、英語が苦手な旨を伝えてみるといいでしょう。

I’m not good at English. / I’m poor at English.(英語がよくわかりません。)

 

入国審査のとき、知っておくと便利な英単語

さいごに、入国審査のときに役立つ英単語をまとめてみました。

immigration/passport control(入国管理)

immigration officer(入国審査官)

customs(税関)

customs declaration form(税関申告書)

purpose(目的)

sightseeing(観光)

pleasure(遊び)

vacation(休暇)

business(仕事)

visit(訪問)

occupation(職業)

office worker(会社員)

declare(申告する)

 

まとめ

入国審査官は自分たちの国に入国させて問題が起きないかを常に審査しています。

特に不法滞在者などの多い国では、査証なしでの労働や、滞在先の定まっていない人物がその後問題を起こすケースが多いので警戒しているようです。

そのためバックパッカーで現地到着後に宿泊場所を探す予定をしている場合でも、事前に初日の滞在場所だけは調べておき、入国カードに記載、また入国審査官の質問にはスムーズに返答できるように用意しておくようにしましょう。

 

▼こちらもチェック

空港の保安検査で手荷物検査に引っかからずに通過する方法

国際線機内持ち込み手荷物の注意点(個数、サイズ、重量、液体等の制限)

機内の過ごし方を快適にして長時間フライトを楽しむ方法

空港の税関検査での注意事項 出国時と入国時の税関手続き

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク