海外旅行での楽しみの一つに免税品の買い物という方も多いかと思います。

免税品の購入は書類記入や空港受け取りなど少し面倒と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、手続き方法さえ理解してしまえば、とてもお得にお買い物することができます。

それでは免税品に関する手続きについてご紹介します。

 

免税制度

免税制度とは、消費税や関税などの税金を免除することで商品を安く購入できる制度です。

通常、免税品を購入する場合、まずは税込み価格で購入し、その後税金分を返金してもらいます。

国や地域によっては最初から免税価格で購入できる店もあります。

 

免税店で購入する手続き

まずは『TAX FREE』もしくは『DUTY FREE』という表記のあるタックスフリーの加盟店が免税店となります。

逆にこの表記のないお店では免税品の購入はできません。

商品購入後は、レジもしくはカウンターでパスポートを提出し、免税の手続きに必要な書類をもらいます。

帰国時に空港の税関カウンターで書類を提出し、返金手続きを行います。

返金方法や返金時期は国によって異なります。

 

免税を受けられる条件

免税商品を購入するにはいくつか条件があることが普通です。

まず買い物の際、必ず航空券やパスポート、もしくは決められた書類を提示しなければならないので、必要な書類等は必ず持ち歩く必要があります。

国によっては一定の金額以上の買い物をしなければ免税の手続きができない場合もあります。

また1店舗でいくら以上の買い物をしなければいけないと決められている国もあります。

免税の条件は各国や地域によって異なるので最新の情報を確認しておきましょう。

 

免税を受ける際の注意点

購入した商品は出国するまで絶対に開封してはいけません。

開封すると使用済みと判断され、免税手続きができなくなります。

また免税品を購入後、他の国に行く場合は再度検査が必要となります。

特に液体物は場合によっては没収となってしまう場合もあります。

 

免税を受けられる範囲

日本の法律では免税を受けられる範囲が決まっており、それを超えると税金を支払わなければなりません。

免税を受けられる範囲の合計金額は20万円以内。

そのほか、お酒は3本まで(1本760mlのもの)、香水は2オンス(56ml)まで等制限がありますので購入の際は最新の情報を確認する必要があります。

詳しくは税関のサイトで確認する事ができます。

海外旅行者の免税範囲

 

▼こちらもチェック

海外旅行のショッピングで免税店を賢く使うコツ

空港免税店でタバコを買うときに気を付けること

海外旅行先でのお土産選びに注意!日本への持ち込み禁止6品目

海外旅行時の外貨両替はいつどこでするべきか?レートがお得なのは?

空港の税関検査での注意事項 出国時と入国時の税関手続き

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク