飛行機内の楽しみの1つである食事。

しかし、健康上に不安を抱えている方や、アレルギーなどで食事制限をされている方は心配な部分でもあります。

今回は、健康上に考慮した機内特別食とアレルギー対応の機内特別食についてご紹介します。

 

健康上に考慮した機内特別食

低刺激食 Bland Meal(BLML)

消化がよい食事で、柔らかく胃腸に優しい食事。

 

糖尿病食 Diabetic Meal(DBML)

糖尿病の方向けの食事。

低脂肪かつ砂糖の使用を控え、800kalぐらいに調整されてます。

 

ファットフリー食 Fat Free Meal(FFML)

脂肪分の多い食品および乳製品を含まない食事。

 

低カロリー食 Low Calorie Meal(LCML)

高繊維質で脂肪分や炭水化物を控えた食事。

400kalぐらいに調整されてます。

 

低脂肪/低コレステロール食 Low Fat Meal(LFML)

低脂肪で高繊維質の食事。

 

低乳糖食 Low Lactose Meal(NLML)

乳製品を使用しない食事。

乳アレルギーの方の除去食として利用できます。

 

低食物繊維食 Low Fibre Residue Meal(LFBRS)

食物繊維を制限した、消化の良い食事。

 

低塩分食 Low Salt Meal(LSML)

塩分を制限した食事。

 

準流動食 Semi-Fluid Meal(SMML)

食材をピューレ状やミンチなどした咀嚼がほとんど必要のない食事。

 

流動食 Full Liquid Meal(FLML)

食物繊維を制限した、スープ状の食事。

 

高繊維質食 High Fiber Meal(HFML)

食物繊維を多めにした食事。

 

低たんぱく食 Low Protein Meal(LPML)

たんぱく質を制限した食事。

 

低プリン体食 Low Purin Meal(PRML)

プリン体を制限した食事。

 

アルサーダイエット食 Ulcer Diet Meal(UCDEM)

潰瘍食で消化が良い食事。

 

無炭水化物食 Non-carbohydrate Meal(NCBHD)

でんぷん質や炭水化物を一切使用しない食事。

 

ご自身の病状や看護師からのアドバイスを元にご相談することをお勧めします。

 

アレルギー対応の機内特別食

グルテンフリー食 Gluten Free Meal(GFML)

小麦、大麦、ライ麦、オート麦なでの麦類を一切使用しない食事。

小麦アレルギーの方の除去食として利用できます。

 

鶏肉食 Chicken Meal(CKML)

鶏肉を使用した食事。

牛、豚、魚は使用しません。

 

シーフード食 Seafood Meal(SFML)

魚、シーフード、海鮮の食事。

肉(牛、鶏、豚)は使用しません。

 

牛肉類不使用食 Non-Beef Meal(NBML)

牛肉類を使用しない食事。

魚、鶏、豚肉を使用します。

 

乳製品不使用食 No Dairy Meal(NAML)

乳製品類を使用しない食事。

乳アレルギーの方の除去食として利用できます。

 

卵不使用食 No Egg Meal(NEML)

卵類を使用しない食事。

卵アレルギーの方の除去食として利用できます。

 

海鮮類不使用食 No Fish No Seafood Meal(NFML)

海鮮類を使用しない食事。

魚・甲殻類のアレルギーの方の除去食として利用できます。

 

ナッツ類不使用食 No Nuts Meal(NNML)

ナッツ類(ピーナッツ、アーモンド、豆等)を使用しない食事。

ピーナッツアレルギーの方の除去食として利用できます。

 

豚肉類不使用食 No Pork Meal(NPML)

豚肉類を使用しない食事。

牛、魚、鶏肉を使用します。

 

機内食なし No Meal(NOML)

食事不要の場合にリクエストします。

 

コンタミネーションの可能性がない「完全除去食」ではありません。

アレルギーが重篤な場合、エピペンなどの機内に持ち込む予防措置が必要です。

 

他にも飛行機内で食べられるスペシャルミールやお子様向けの特別食もあります。

 

▼こちらもチェック

飛行機内で食べられるスペシャルミール(機内特別食)

子供向けのチャイルドミール(機内特別食)は事前に手配を

 

※航空会社によって用意されていない食事もあります。

 

予約方法

航空会社も事前の準備がありますので、出発の直前では間に合わないケースがあります。

もし、頼んでみたい方は、早めに予約先の旅行会社または航空会社へ依頼しておきましょう。

航空券手配をしていた頃の個人的感想ですが、日系の航空会社のほうが細かいところまで対応してくれた印象です。

予約は出発時刻の24時間前~96時間前までにする必要があると言われております。

特にアレルギー対応、制限が多い場合は、1週間程度かかる場合がありますので、航空券の予約をしたらなるべく早めに予約することをお勧めします。

航空会社によっては、上記の機内特別食が設定されていない場合もありますので、食事について気になる方は、事前に確認しておきましょう。

 

もし手配を忘れてしまっても、当日チェックインカウンターでお願いすれば、間に合うこともありますので、駄目元で頼んでみましょう。

 

 

▼こちらもチェック

エピペンを飛行機の機内に持ち込むことは可能か?

液体物の機内持ち込み制限で注意すべきこと

電動車椅子を飛行機に持ち込むときの注意点とチェックポイント

モバイルバッテリーや電池は飛行機の機内持ち込みができるのか?

海外で機内モードをオフにするとデータ通信費用が発生!?

機内の過ごし方を快適にして長時間フライトを楽しむ方法

国際線機内持ち込み手荷物の注意点(個数、サイズ、重量、液体等の制限)

空港の保安検査で手荷物検査に引っかからずに通過する方法

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク