せっかくの海外旅行では、体調を万全にして過ごしたいものです。

しかし、いつもと違う環境で過ごすことで、突然、体調不良に襲われる方もいるでしょう。

風邪薬や下痢止め薬などの予防で持っていくのはもちろんのこと、持病でいつも服用している薬を準備される方もいると思います。

今回は海外旅行へ薬を持っていく時の注意点についてご紹介します。

 

服用中の薬については注意が必要

海外へ旅行する際、常備薬については特に手続きは必要ありません。

しかし服用中の薬については対応が異なります。

総量が約1ヶ月分の処方量を超える場合や、注射剤の場合は、処方箋の写しや医師による証明書が必要となります。

1ヶ月分の処方量を超えない場合、手続きは必要ありません。

また英文で書かれた医師による証明書、もしくは、訪問先の国の言語に翻訳された証明書を携帯することをおすすめします

旅行にいく前に、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

 

機内に持ち込む薬の量

機内に持ち込む薬は、必要な量を準備しておきましょう。

服用中の薬がある場合は、旅行中に必要となる量より少し多めの薬を手荷物に含め、残りはスーツケースなどの預け入れ荷物に含めます。

機内に持ち込む際には、ジップロックなどの透明な袋に入れておきましょう

出国手続きの際に、薬について説明を求められる場合があるので、説明できるように処方箋や医師の証明書を持参してください。

 

出国手続きの際の検査

出国手続きの際、保安検査場では、手荷物検査があります。

その際、薬を手荷物に含めている方は、検査員にその旨を伝えましょう。

処方箋や医師の証明書があれば、一緒に提示すると検査がスムーズになります。

機内持ち込みの場合、薬が問題になることは少ないので、安心して検査員に相談しましょう。

 

▼こちらもチェック

空港の保安検査で手荷物検査に引っかからずに通過する方法

 

液体の薬の場合

液体物の薬は量的制限の適用外となっているので、必要な量を手荷物に含めることができます

喘息の吸入薬、ボンベについても、機内への持ち込みが可能です。

インシュリンの注射については、例外として使用する分だけ持ち込めるので、事前に検査員に伝えておきましょう。

コンタクトレンズの保存液も、医薬品扱いとなるので、機内で使用する量だけ持ち込めます。

漢方薬は処方箋がない場合でも持ち込めますが、1000ml以下のジッパー袋に入れておきましょう。

薬ではありませんが、血圧測定器、血糖値測定も持ち込むことができます。

しかし、スポーツ用の酸素缶(医療用以外の酸素ボンベ)は、持ち込みも、預け入れもできないので注意しましょう。

複数人で旅行する場合は、薬を分担しておくと、荷物の負担を減らすことができます。

計画の段階で、家族、友人と相談しておくのが賢明です。

 

目薬を手荷物で機内に持ち込む際の注意点

目薬の持ち込みは機内への液体の持ち込み制限に該当します

液体を機内に手荷物として持ち込む場合、液体を100ml以下の容量の容器に詰め替えなければなりません。

容量が100ml以上の容器は持ち込み不可となるため注意しましょう。

その100ml以下の容量の容器を、縦横40㎝の無色透明なジッパー付の袋に入れれば一人一袋、持ち込み可能です。

この袋の中に、目薬を入れれば問題ありません。

また液体の量の持ち込みは1000ml以下に抑えないといけないということも覚えておくとよいでしょう。

旅行先で持っていけば良かったと後悔しないためにも普段から目薬を常用している方は、必需品リストに加えることをおすすめします。

▼こちらもチェック

液体物の機内持ち込み制限で注意すべきこと

 

旅行用の薬セットを作ろう

旅行の際には、必要に応じて最低限の薬セットを用意しておきましょう。

例えば、ガーゼ、絆創膏などは、海外でも簡単に入手できるので、日本から持っていく必要はありません。

しかし日常的に服用している薬は、普段から日本で服用している薬の方が安心です。

胃腸薬、整腸剤、総合感冒薬(風邪薬)、解熱剤、かゆみ止めクリーム、緊急絆創膏は、持参した方が良いでしょう。

国によっては、持ち込みが認められていない薬もあるので、心配な場合は、訪問先の国の在日大使館や領事館に直接連絡を取り、確認することをおすすめします。

厚生労働省検疫所のホームページでは、目的地別の旅行用セットの例が紹介されているので、参考にしてください。

旅行用セット

 

薬は分散して持っておく

準備した薬セットは、おそらくスーツケースなどの預け入れ荷物に含める方も多いと思います。

しかし海外旅行では、荷物自体を紛失する可能性もあります。

適量の薬を手荷物に含め、紛失リスクを分散しましょう。

 

薬の現地調達は?

現地でももちろん医薬品は購入できますが、言語の違いや文字が理解できないと、その薬の効能や成分、副作用を把握できないこともあります。

あわない成分が入っていて症状が悪化することもあるので、やはり普段から使い慣れているものを持っていった方が安心です。

 

海外旅行先の環境に注意

日本と環境が異なる海外では、日本では見ない症状の風邪をひいたり、食べ物や水、氷などでお腹を壊したりすることがあります。

やむを得ず、旅行先で薬を入手し、服用せざるを得ないという事態になった場合は、服用の仕方や成分について医師や薬剤師の説明をしっかり受け、納得した上で、適切な使用量を服用するようにしましょう。

アレルギーにも十分に注意してください。

体調を壊しそうな食べ物や飲み物は避けて、楽しく充実した海外旅行を存分に楽しみましょう。

 

海外の医療機関

慣れない海外で体調不良になってしまい、持ち込みの薬を服用しても、症状がよくならなかったり、ひどくなる場合には、早めに渡航先の医療機関を受診するようにしましょう。

日本国内では、健康保険証を見せれば全国どこの医療機関でも医療を受けられ、かかった医療費の3割を自己負担すれば、残りの7割は加入している健康保険が支払ってくれます(負担割合は70歳未満の場合)。

しかし、海外旅行先ではそうはいきません。

一部の国を除いて、外国人旅行者の医療費はどこの国も有料で、海外旅行先では医療費の全額を自己負担することになります。

但し、日本の健康保険には「海外療養費」という制度があり、帰国後に申請すれば現地の医療機関に支払った医療費の一部を健康保険から給付してもらえますが、海外では日本のような医療制度で守られない分、ご自身で海外旅行保険に加入していくことをおすすめします。

▼こちらもチェック

海外旅行保険に備える3つの理由

もし海外旅行保険に入っていなかったら・・・(トラブル事例)

海外旅行保険3つの加入方法

海外旅行保険各社の特徴と比較

 

まとめ

海外に、ご自身の治療中のお薬を持ち込む場合には、薬剤証明書を主治医に書いてもらうことや、事前に渡航先の在日外国公館に持ち込みが確認かどうかを確認することが大切です。

また、慣れない海外で何か不調を感じた場合にどうしたら良いか不安になるかと思います。

薬の準備と共に、現地の医療機関を調べておいたり、それが煩わしければ海外旅行保険に加入することで、金銭面だけでなく、面倒な手続きをサポートしてくれます。

万全の準備をして安心してご旅行をお楽しみください。

 

▼こちらもチェック

国際線機内持ち込み手荷物の注意点(個数、サイズ、重量、液体等の制限)

エピペンを飛行機の機内に持ち込むことは可能か?

糖尿病の方必見! インスリンを飛行機の機内に持ち込みことは可能か?

健康に考慮したスペシャルミール(機内特別食)とアレルギー対応のスペシャルミール(機内特別食)

機内の過ごし方を快適にして長時間フライトを楽しむ方法

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク