世界の航空データを扱うOAG(オフィシャル・エアライン・ガイド)は、「便数の多い国際路線ランキング・トップ20」を発表しました。

データは2018年2月までの12か月間で、同路線の運航便数は3万537便が対象となります。

これによると、OAGの取りまとめるデータで最も便数の多い航空旅客便路線は、クアラルンプール/シンガポール路線となりました。

続く2位は香港/台湾路線、3位がジャカルタ/シンガポール路線、4位が香港/上海浦東路線、5位がジャカルタ/クアラルンプール路線で、上位5位はアジア路線が占めます。

アジア路線は、上位10路線のうちの8路線、上位20路線の14路線を占めます。

日本の都市を含む路線では、6位にソウル仁川/関空路線(1万7488便)、15位に関空/台北路線(1万4186便)、17位に関空/上海浦東路線(1万3576便)、18位にソウル仁川/成田路線(1万3517便)が入りました。

空港別では、香港が6路線で、アジアのハブ空港で最多の便数を誇ります。

次いで、シンガポールが4路線、関空とソウル仁川がそれぞれ3路線。

アジア以外の路線では、7位のニューヨーク・ラガーディア/トロント路線(1万7075便)が最多です。

長距離国際線では、16位のニューヨーク・JFK/ロンドン・ヒースロー路線(1万3888便)が最も多い結果となりました。

OAGが発表したランキングは以下となります。

 

便数の多い国際路線ランキング・トップ20
順位 路線 便数
1位 クアラルンプールーシンガポール 30,537
2位 香港ー台北(桃園空港) 28,887
3位 ジャカルターシンガポール 27,304
4位 香港ー上海(浦東空港) 21,888
5位 ジャカルタークアラルンプール 19,849
6位 ソウル(仁川空港)-大阪(関西国際航空) 17,488
7位 香港ーソウル(仁川空港) 17,075
8位 ニューヨーク(ラガーディア空港)-トロント 16,956
9位 ドバイークウェート 15,332
10位 香港ーシンガポール 15,029
11位 バンコクーシンガポール 14,859
12位 バンコクー香港 14,832
13位 香港ー北京 14,543
14位 ダブリンーロンドン(ヒースロー空港) 14,390
15位 大阪(関西国際航空)-台北(桃園空港) 14,186
16位 ニューヨーク(JFK国際空港)-ロンドン(ヒースロー空港) 13,888
17位 大阪(関西国際航空)-上海(浦東空港) 13,576
18位 ソウル(仁川空港)-東京(成田国際空港) 13,517
19位 アムステルダムーロンドン(ヒースロー空港) 13,170
20位 シカゴ-トロント 13,100

 

▼こちらもチェック

格付け航空会社ランキング2017

世界の空港ランキング2018

2018年注目の海外旅行先ランキング

格安航空券 おすすめの検索サイト・比較サイト ランキング

海外旅行を予約する時の3つの手配方法

 

[cc id="174" title="バナー(にほんブログ村、ブログランキング)"]
おすすめの記事