ホテルを予約をする際に、客室からの眺望に拘るケースもあるかと思います。

綺麗な海が見えるお部屋にしたい思って海近くのホテルを予約したらホテルの部屋からマンションしか見えなかった・・・。

そんな失敗をされたことはありませんか?

海側のホテルでも海が見えなかったり、海が見えるお部屋と謳っていてもほんの少ししか見えなったりと、期待通りではなく、がっかりされた方もいらっしゃるかと思います。

ホテルのロケーションにあわせて、客室にも様々な眺望がありますが、それぞれ客室の定義を理解していただければ、客室選びに失敗することもなくなるかと思います。

是非、ご参考ください。

 

オーシャンビュー(Ocean View)

ホテル客室から海が見えるという意味です。

ただし、客室のどこの場所からも海が見える、というわけではなく、客室のどこかからは海が見えるという意味になります。

つまり海に近い立地で窓の外が全て海の場合や、海から遠い立地で、ビルのすき間から海が見える場合でも、海が見える客室に分類されます。

ビーチリゾートにおいては、海がどれだけ客室から見えるかによって、料金設定が異なり、海が見える客室は人気が高いタイプとなります。

 

パーシャルオーシャンビュー(Partial Ocean View)

ホテルの客室やベランダから、海が部分的に見えることを意味します。

一般的にはオーシャンフロント、オーシャンビューの次に海に近くて、海が眺められる客室として、設定されています。

ホテルによって客室から見える度合いが、ベランダから少しだけ海が見える程度の客室でも、オーシャンビューに近い海が良く見える客室でも、この眺望タイプに設定されることがあります。

言い換えると、ほとんど見えない場合でも、全く見えない訳ではない限り、こちらのカテゴリーになります。

 

オーシャンフロント(Ocean Front)

ホテルの客室からの眺望で、海に面してる、真正面に海が見えるタイプを指します。

オーシャンビューという言葉が「客室のどこかからは海が見えること」を意味する一方、客室のどこからでも見える場合には、こちらの言葉を用います。

ビーチリゾートにあるホテルでは、客室からの海の眺め具合によって宿泊料金が変わってくることが多く、どの位置に海が見えるかわからないオーシャンビューと異なり、こちらは客室の真正面に見えるだけに人気は高く、同じ設備や調度類のある他の客室よりも宿泊料金は高めに設定されています。

通常はバルコニーもあり、水平線上に沈む夕陽や昇る朝日を満喫できるのも醍醐味です。

また、ホテルの立地条件上、海を目の前にして建っていることも指します。

 

ハーバービュー(Harbor View)

海の近くに立地するホテルの客室から、港が見えるという意味です。

ホテルで眺望のタイプ別に料金設定が異なっている場合に使われます。

マリンリゾート等にあるホテルでは、港を行きかう様々な船や、帆をたたみ美しく整列したヨットなど、港ならではの景色を味わえるため、港を臨めない客室よりも高い料金設定になっている場合があります。

 

マウンテンビュー(Mountain View)

ホテルの客室から山が見えることを意味します。

オーシャンビューやシティービュー、レイクビューなどホテル客室の眺望タイプのひとつとして使われます。

特にハワイなどの山や海に囲まれたリゾート地では、細かく客室が分けられていて、眺望タイプによって料金に違いが出てきます。

また、ホテルの立地する場所に応じた、オリジナルの眺望タイプを設定するホテルもあります。

例えば、ハワイのワイキキではダイヤモンドヘッドビュー、標高3,000m以上のスイスではマッターホルンビュー、モンテローザビューなどのタイプがあります。

 

レイクビュー(Lake view)

湖畔のホテルなどの客室から、湖が見られることを意味します。

例えば、湖畔のホテルの近くに山も湖もある場合は、山側はマウンテンビューと呼び、湖側はこの呼び方を使います。

なお、湖が客室から見えることをアピールポイントとするホテルの場合、料金が高く設定されている場合もあります。

 

シティ ビュー(City View)

ホテルの眺望タイプのひとつで、客室から街が見えることを意味します。

一般的に、夜景をアピールポイントとしている都市に立地しているホテルが設定しているもので、夜景を楽しみたい場合には、最適な眺望タイプです。

都市部にあるホテルでは、眺望が良い客室として設定し、眺望が良くない客室と区別するために使われることもあります。

また、海に面しているホテルでは、海側の客室では、オーシャンビューやパーシャルオーシャンビューとして設定し、低層の階や海が見えない側の客室を、この眺望タイプに設定することもあります。

 

 

まとめ

客室からの眺めは旅行の思い出を印象付けるポイントにもなりますので、景色の素晴らしいホテルであれば、眺望にも拘りたいところです。

ホテルによっては、その日の空室状況で、予約していたお部屋より良いお部屋へ無料でアップグレードしてくれる場合もあります。

混んでいない日であれば、チェックインの時にダメ元で聞いてみるのもといいでしょう。

私も何度か無料でアップグレードしてくれたことがあります。

ご旅行の予算や目的の優先順位を考えて、是非参考にしてみてください。

 

▼こちらもチェック

ホテルのルームタイプ(お部屋のタイプ)10タイプの特徴と違い

知っておきたいのホテル朝食タイプ

海外旅行のホテル選び・予約で失敗しない必ずおさえておきたい8つのポイント

海外旅行のホテルはどこで予約したらよいか? ホテル予約サイト各社比較

海外旅行を予約する時の3つの手配方法

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク