ファミリーマートと民泊仲介「Airbnb(エアビーアンドビー)」は、民泊サポート事業に関する業務提携をおこないました。

ファミリーマートの店舗を利用した国内宿泊事業の普及・拡大と、観光需要のさらなる創出を目的とし、民泊サービスの情報発信の拠点化とする計画です。

今後は両社連携のもと、成長する訪日旅行需要を取り込み、地方創生や地域社会の発展に貢献するために、日常生活を支える社会インフラであるコンビニを活用した事業を展開し、様々な協業を検討していきます。

 

ファミリーマートとエアビーアンドビーのねらい

Airbnb側は単なる宿泊体験の提供ではなく、地元と触れ合い文化を体験する体験型旅行の提供を目指し、地域と組んだコミュニティ作りを重視し、各地域や自治体などとの連携をはかっているとした上で、47都道府県に店舗を展開し、地域貢献で先を行くファミリーマートから学ぶことが業務提携のねらいです。

ファミリーマート側はシェアリングエコノミーがますます拡大し、訪日外国人旅行者が急増するなかで、Airbnbと組み相互送客の普及していくことで、両社が提携することになりました。

 

コンビニ店頭で鍵を受け渡し

具体的には、ファミリーマートの店舗にAirbnb専用の「鍵ボックス」を設置し、Airbnbに部屋を提供するホストと利用するゲストの間で鍵の受け渡しができるようになります。

パスポートによるゲストの本人確認をおこなう仕組みを用意するなど、エアビーのホストおよびゲスト向け対応を実施します。

 

認知向上に向けたマーケティング・プロモーション活動を店舗や各種メディアで展開するほか、両社とパートナーシップを締結する企業とのコラボレーションを通じ、ホストやゲストのサービス向上に貢献していきます。

なお、現在のところ、ファミリーマートの国内店舗数は約1万7100店。

 

すでに東京と大阪の繁華街にある4店舗で約半年間の実証実験をおこない、店舗側に新たな業務負担がないことを確認しており、ファミリーマートは、2018年度中に東京を中心に150店舗への鍵ボックス設置をめざします。

このほか、ファミリーマートではAirbnbのゲストが鍵の受け取りと返却で最低2回は店舗に立ち寄ることから、ゲストにクーポンを提供して滞在中の食品や日用品の購入を促すほか、店頭で販売している高速バスチケットと組み合わせた新サービスも検討します。

将来的にはファミリーマートが展開するコインランドリーサービス事業に、Airbnbのユーザーの取り込むことも検討。

 

これに対しAirbnbは自社のWebメディア「Airbnb navi」や紙媒体の「Airbnb Mag」でファミリーマートのプロモ―ションを実施し、ファミリーマート店頭への送客を後押しします。

 

まとめ

先月は、JTBとセブン・イレブン・ジャパンが全国のセブン-イレブン店舗で、民泊用のチェックインサービス「フロントデスク24」の提供を開始するなど、コンビニ業界と訪日事業の提携が話題となっております。

 

▼こちらもチェック

JTBとセブンイレブンの共同開発 コンビニで民泊チェックイン機「フロントデスク24」全国展開へ

日本初の安心・安全民泊サイト 『STAY JAPAN』

『STAY JAPAN』は、日本で初めて合法での民泊サービスを開始しました。

東京や大阪のお部屋を借りる都会民泊から、田舎に行って農業・漁業体験ができる田舎体験民泊など、思い出に残る民泊ステイを提供しています。

 

日本国内での宿泊事業の普及拡大や観光需要の創出を目指し、東京オリンピック開催までは、訪日外国人の利便性向上の事業が拡大していきそうです。

 

 

▼こちらもチェック

民泊仲介サービスAirbnb(エアビーアンドビー)を利用する5つのメリット

民泊Airbnb(エアビーアンドビー)が観光健全化部門を新設

国内最大規模の民泊イベント「バケーションレンタルEXPO」

旅行好き必見!世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク