パスポートは5年と10年の2種類ありますが、満20歳以上ならどちらでも自由に選択が可能です。
満20歳以上の方はどちらで取得するか迷うところだと思います。

基本、紛失等の特別な事由を除き更新期限まで1年を切らないと、次のパスポートの申請手続きができないため、
慎重に選択したいものです。

 

5年のパスポート

有効期限が5年のパスポートの料金(値段)は、新規の申請、更新の申請に関わらず同額となっています。

12歳未満は6000円(収入印紙4000円+都道府県収入印紙2000円)

12歳以上は11000円(収入印紙9000円+都道府県収入印紙2000円)

※2018年現在の申請の料金(値段)

 

10年のパスポートは満20歳以上でないと申請できません。

よって、20歳未満の方は自動的に5年のパスポートになりますが、更新の料金(値段)が高くなるのは、12歳からとなります。

5年のパスポートの色は紺色でビザや出入国のスタンプを押すためのページが28ページあります。

また、パスポート更新の際は、6か月以内に発行の戸籍謄(抄)本やパスポート用の写真も申請手続きで必要になります。

 

注意事項

割高に感じる5年パスポートですが、実は、逆にリーズナブルになるケースもあります。
それは出入国を頻繁にする方やビザの必要な国への渡航が多い方の場合、直ぐにパスポートのページがスタンプやビザで埋まってしまいます。
パスポートの有効期限が切れる前にページがなくなった場合、1回だけ2500円の追加料金で40ページの増補が可能です。
しかし、それでも足りない方は有効期限が残っていても再申請が必要になるため最初から5年を取得しておいたほうが賢いです。

因みに、5年、10年に関わらず、有効期限が6か月以内を切るパスポートは外国の入国審査で引っかかる可能性があるため、
外国への渡航予定や頻度など考慮して選んでいきましょう。

特に、外国に長期滞在中にパスポートの有効期限が切れる場合は、遠隔地であっても新しいパスポートの受け取りのために
日本大使館か領事館まで出向く必要があるので要注意でよ。

 

10年のパスポート

有効期限が10年のパスポートの申請の料金(値段)も、新規の申請、更新の申請に関わらず同額となっています。

16000円(収入印紙14000円+都道府県の収入印紙2000円)

※2018年現在の申請の料金(値段)

 

10年のパスポートの色は、濃い赤色で、査証覧のページ数は5年よりも16ページ多い44ページになります。

5年のパスポート同様、10年のパスポートの申請にも、6か月以内の戸籍謄本もしくは戸籍抄本、そして写真が必要となります。

 

注意事項

10年のパスポートは申請の際の値段は高いものの、有効年数満了まで使えれば、5年パスポートより割安なのが最大のメリットです。
また、煩わしい更新の手続きも頻繁にしなくて済みます。

しかし、10年のパスポートにも渡航歴などの状況次第では、ページが足りなくなることもあります。
パスポート審査では、ビザや出入国スタンプから、過去の渡航歴が全て入国審査官にチェックされることになるため、
テロ支援国家等と位置付けられる紛争地域への渡航歴があったり、密輸や密航等が頻繁に行われる国等のビザが貼られていたりすると
あらぬ疑いをかけられてしまう可能性もあります。

また、外国の永住権や労働ビザ等を所有している方が、入国審査で誤ってビザなし渡航者用のスタンプを押されてしまう事もあります。
その際は審査官側のミスであっても訂正に手間がかかる事もあります。

そして私が実際体験したことですが、顔写真が昔と変わっていたせいで、入国審査で本人確認に時間がかかったことがありました。
人にもよりますが、10年も経つと見た目も変わってしまいますね。

 

 

まとめ

最後に5年パスポートと10年パスポート、どちらがおすすめなのかまとめてみました。

 

5年パスポートがおすすめな人

・海外渡航が多く、査証覧のページが増補しても足らなくなる方。

・近い将来、戸籍の姓や本籍地が変更される可能性がある方。

・紛争や密輸、密航等が頻発している地域に渡航予定があるなど、入国審査官の目に留まりそうな記載がされる可能性がある方。

 

10年パスポートがおすすめな人

・それほど頻繁に渡航予定がなく、査証ページが足らなくなる可能性の少ない方。

・戸籍の姓や本籍を変更する予定がない方。

・パスポートの申請手続きの手間が煩わしい方や外国在住で日本大使館、領事館から遠隔地にお住まいの方。

 

 

▼こちらもチェック

パスポートの取得と更新方法

ビザ(査証)が必要な国と取得・申請方法

アメリカやハワイ入国時に必要なESTAの申請(再申請)方法

海外旅行で必ず準備すること11項目

海外旅行を予約する時の3つの手配方法

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング