海外旅行では普段あまり食べない食べ物を口にすることもありますので、食物アレルギーなどアナフィラキシーショックの心配をする方もいると思います。

そこで旅行にはエピペン(アドレナリンまたはエピネフリン自己注射薬)を持ち込みたいところですが、航空会社によって対応が異なります。

 

診断書が必要な場合がある

航空会社 事前の持ち込み申請 診断書 その他の書類
日系航空会社 不要 不要 要書類(保安検査用※)
外国航空会社 必要 必要 要書類(保安検査用※)

※保安検査用の書類は、添付文書また英文診断書になります。

 

基本的に全ての航空会社で持ち込みはできますが、外国の航空会社は航空会社指定の診断書が必要になります。

診断書の記入方法は各航空会社によって異なるので、事前に利用する航空会社に確認しながら記入をしてください。

英文の診断書になるので主治医と相談の上、記入依頼をしてください。

現地分として別に英文診断書を念のため取得することをお勧めします。

主治医には、現地で使用する薬も一緒に処方してもらうとよいでしょう。

 

保安検査の申告

エピペンは液体の薬と針が一体になっている物ですので保安検査場で検査が必要になります。

持ち込む際はジップロックなどにいれてください。

エピペンの添付文書(日本語・英語)とエピペンを保安検査場で提出してください。

日本では問題なくても、帰国時の外国の保安検査場ではエピペンと理解されず危険物と見なされる場合がありますので、
英文添付文書をご用意ください。

添付文書は薬に添付されていたり、ネットからダウンロードすることも可能なので、事前に準備しておきましょう。

エピペン注射液0.3mg

エピペン注射液0.15mg

(製品情報へのリンクです。添付文書を確認できます。)

 

特別機内食(スペシャルミール)の予約も

アレルギーに対応した、アレルギー対応対応機内食や機内特別食(スペシャルミール)を各航空会社にて用意しています。

自身のアレルゲンを確認した上で、特別食を事前に予約することが出来ます。

出発当日では間に合わないので、事前に予約先に連絡して予約しておきましょう。

特別機内食の詳細は下記のページをご覧ください。

 

▼こちらもチェック

健康に考慮したスペシャルミール(機内特別食)とアレルギー対応のスペシャルミール(機内特別食)

飛行機内で食べられるスペシャルミール(機内特別食)

 

海外旅行保険のに加入も

海外旅行保険は忘れずに加入しましょう。

特にお子様の場合は、クレジットカードの付帯対象外なので加入を強くお勧めします。

オンラインで契約も可能です。

現地でショック症状やアレルギー反応が出てしまった場合、救急車にて救急病院に搬送する必要があります。

日本と違い海外の場合は救急車を呼ぶとお金がかかります。

保険に加入していれば保険金が支払われますし、保険会社の指定病院であればキャッシュレスで受診することもできます。

 

▼こちらもチェック

海外旅行保険に備える3つの理由

海外旅行保険3つの加入方法

海外旅行保険各社の特徴と比較

もし海外旅行保険に入っていなかったら・・・(トラブル事例)

 

まとめ

海外旅行が好きでも、食べ物に不安で、海外旅行へのハードルが高いと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、事前に航空会社へ相談することで海外旅行への不安もなくなることもあります。

エピペンの持ち込みについても、航空会社に事前に伝えていきましょう。

 

▼こちらもチェック

糖尿病の方必見! インスリンを飛行機の機内に持ち込みことは可能か?

予防薬や持病の薬を飛行機の機内に持ち込むときに注意すべきこと

国際線機内持ち込み手荷物の注意点(個数、サイズ、重量、液体等の制限)

液体物の機内持ち込み制限で注意すべきこと

空港の保安検査で手荷物検査に引っかからずに通過する方法

機内の過ごし方を快適にして長時間フライトを楽しむ方法

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 旅行情報局へ
旅行情報局


旅の知識・楽しみ方ランキング

スポンサードリンク