アメリカへの渡航において必要な「ESTA」という認証システムをご存じでしょうか。

安全強化のため、2009年からESTAの取得が義務化されました。

ハワイも含めたアメリカ合衆国においてESTA取得が必要となります。

そもそもESTAとは何なのか、どのように申請するのか、費用や有効期限など様々なことが気になります。

今回、ESTAについて初めて聞く方にも分かるようにご紹介してまいります。

アメリカ合衆国への渡航を予定されている方は参考にしてみてください。

 

ESTA(エスタ)とは

ESTAとは、アメリカへ渡航する際に必要な「電子渡航認証システム」のことをいいます。

ビザ免除プログラム(VWP)に指定されている国籍の旅行者が、空路または海路で渡米する際には、ビザに変わってESTAの申請が必要になるのです。

ビザ免除プログラム(VWP)とは

ビザ免除プログラム、VWPは「Visa Waiver Program」の頭文字を取った名称です。

日本をはじめとする、ビザ免除プログラム(VWP)参加国がアメリカに渡航する場合、その名称の通りビザを取得する必要はありません。

 

ESTA申請対象とは

渡航者がビザ免除プログラム(VWP)を用いて渡米するためには、下記条件が必要となります。

・ビザ免除プログラム(VWP)指定国の国籍を持っていること
・ビザを保有していないこと
・滞在期間が90日以下であること
・渡米目的が観光や短期の商用であること

 

申請方法について

申請は、ESTA公式申請サイトからインターネットで申請することができます。

ESTA申請公式サイト

 

申請に必要なもの

ESTA申請時には、以下を必ず準備するようにしてください。

・期限切れでない有効なパスポートを所持していること
・連絡先情報
・該当先がある場合、直近の勤務先情報
・クレジットカードまたはPayPalアカウント

 

クレジットカードを持っていない場合

クレジットカードを持っていない、又は作れない方がESTAを申請する場合は、3通りの方法があります。

①家族または友人などのクレジットカードで申請料を立て替えてもらう

ESTAの申請費用の支払にあたり、申請する本人のクレジットカードで支払う必要は全くありません。

例えば、家族でハワイ旅行に行った際は、家族の分のESTAの申請費用をすべて自分のクレジットカードで支払うことができます。

家族でなくても友人や知人の申請料であったとしても問題はありません。

しかし、米国入国時にESTAと支払ったクレジットカード名義が異なっておりますので、質問を受けることがあるかもしれません。

その際は、説明できれば問題ありませんので、英語で答えられるように準備しておきましょう。

 

②デビットカードを作る

ESTAの支払いは、クレジットカード以外にデビットカードでも支払うことができます。

デビットカードは支払い時に、自分の口座からすぐにお金が支払われます。

つまり、「口座にある現金以上にお金を使うことができない」のがデビットカードの特徴です。

「お金を使いすぎるのが怖い」などの理由や、クレジットカードを作りたくない方、クレジットカードが作れない方はクレジットカード代わりに利用することができます。

 

③旅行会社を通して代理申請してもらう

煩わしい手続きが面倒という方は、旅行会社へお願いしてしまう方法もあります。

ESTA申請の14ドルとは別途、旅行会社側にも申請手続きの手配代行料をお支払いすることになります。

手配代行料は旅行会社によって異なりますが、5000円前後かかります。

航空券やツアーを他社で申込していても、ESTA申請だけお願いすることもできます。

 

ESATA取得のステップ

ESTA取得には5つのステップが必要となります。

1. 申請書へ必要事項を入力

申請ページはすべて日本語になっていますので必要事項(パスポート情報、メールアドレス、ホテル名や住所、緊急連絡先など)準備しておけば、あとは画面の指示通りに入力するだけです。

 

2. 申請書を送信する

入力した情報が間違ってないか、よく確認してから申請書を送りましょう。

入力方法が間違っている場合は、赤字でエラーメッセージが表示されるので指示に従って訂正します。

 

3. 申請番号を控えておく

申請書送信後、申請番号が発行されます。

申請番号は、情報を更新したり、申請上のトラブルがあったりした際に必要となりますので、そのページを印刷するか番号を控えておきます。

 

4. 費用の支払い

ESTA申請時には、14USドルの料金を支払う必要があります。

支払いはクレジットカードの情報が必要となります。

※公式サイトから登録する際にはペイパル支払いも可能です。

 

5. 審査結果の表示

審査結果は、申請書送信後すぐに表示されることがほとんどです。

3日たっても回答が得られなければ、申請サイトか大使館に問い合わせをしましょう。

ESTA申請後の回答の種類は3種類あります。

「渡航認証許可」「渡航認証保留」「渡航認証拒否」です。

「渡航認証許可」が表示されれば、ESTA承認されたことになりますので渡米可能ということになります。

回答表示画面に、申請番号と有効期限が記載されていますので必ず印刷し、大切に保管してください。

「渡航認証保留」はESTA審査中という意味です。

再度、申請サイトにアクセスして申請状況を随時確認してください。

回答は申請後72時間以内に確認できますので、72時間たっても表示が変わらなければ、問い合わせをおこないましょう。

「渡航認証拒否」と表示された場合は、ESTA非承認となります。

大使館や領事館でのビザ申請が必要となります。

過去の犯罪歴や不法滞在歴があると承認されないケースがあります。

 

申請時期

ESTA申請は旅行前ならいつでも可能です。

ただし、ESTAからの回答が3日後になる可能性がありますので、最短でも飛行機搭乗より72時間前に申請することをおすすめします。

パスポートが無いと申請できませんのでご注意ください。

申請は即日で出来ますが、まれに数日かかることもあったり、ウェブサイトがメンテンナンスされて申請できない時間帯もありますので、

あまりギリギリになって申請するのはおすすめできません。

 

有効期限に注意

承認されたESTAは2年間有効で、有効期間中は何度でも渡米することができます。

ただし、パスポートの有効期限がESTAの有効期限より早く切れてしまった場合は、再度ESTA申請を行わなければなりません。

 

ESTA再取得が必要なケース

パスポートの有効期限切れに伴い、新しいパスポート発行する際には再度ESTAを取得しなければなりません。

また、次のような場合においても再取得が必要となります。

・ESTAの再取得が必要なケースパスポートを更新した場合名前を変更した場合。(結婚や戸籍情報の変更を行った場合など)

・性別を変更した場合過去のESTA申請時に解答した内容に変更が生じた場合国籍を変更した場合。(ビザ免除プログラム(VWP)に指定されていない国籍に変更した場合は除きます。)

 

まとめ

申請自体はオンライン上で指示に従って記入または選択するだけですから、それほど難しい作業ではありません。

但し、万が一登録に誤りがあると渡航者本人から確認や訂正依頼しなければならないこともございます。

また、出発までに誤登録に気付かなければ、日本からの出国や現地到着後に入国できないリスクもあります。

そうならないためにも、登録は慎重にしなければなりません。

もし、不安な方は旅行会社に登録代行をしてもうことをおすすめします。

そして、申請を忘れると入国できないのでこれだけは必ず覚えておきましょう。

また、アメリカ以外の国になりますが、アメリカ同様にビザもしくは事前申請等が必要な国が最近増えています。

オーストラリアのETAS(イータス)、カナダのeTA(2016年9月30日以後)などがあります。

外務省海外安全ホームページで査証(ビザ)の最新情報が日本語で確認できますので、不明な場合はこのページを参考にするのがおすすめです。

もちろん在日大使館のホームページでも確認できます。

 

 

▼こちらもチェック

パスポートの残存日数があっても渡航できない? 国別必要有効期限リスト

ビザ(査証)が必要な国と取得・申請方法

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング